中京から西にはセシウムとは異なるガンマ線源が多い?: ずくなしの冷や水

2018年07月29日

中京から西にはセシウムとは異なるガンマ線源が多い?

関東のセシウム濃厚汚染地帯も7年の時間の経過で空間線量率は低下しています。公設モニタリングポストの値は、多くのところでは2012/4/1以降の値しか得られませんからこの期間を対象にして見てみます。

市川市大柏小学校のMP、この6年間で大きく下がっています。舗装のない校庭の片隅にあります。雨水の浸透は、良好でしょう。

2012/4/1を起点としてその後の減衰を理論値で表せば次の通りです。2018/6/30現在では当初の55%程度に減っています。


上の市川市大柏小学校の例では、55%よりももっと減っていますが、これは開かれた環境空間に置かれた試料を測定しているようなものですから、環境条件の影響があります。

一方、次の愛知県一宮市の例では、低下が見られません。それどころか当初の3年は水準が上がっています。

一宮市ではなぜこうなっているのでしょう。

もう1か所愛知県内を見るとこちらは少しですが下がっています。一宮市より東に位置する設楽町です。


気象研究所のシミュレーションでは本州中部しか対象になっていないのでシミュレーション結果は示されていませんが、他の機関の作成した結果では、愛知にもさらに西の地域にも福島第一原発事故による放射性物質、特にガンマ線源の降下があったことが推定されています。

米大学宇宙研究協会(USRA)や名古屋大、東京大などの国際チームが2011/11/14までに行ったCs137の2011/3/20から1カ月間の沈着シミュレーション結果。米科学アカデミー紀要電子版に掲載。

これはセシウム137のみを対象とし、また2011/3/19までの降下分は含まれていません。それでもそれなりの降下はあると推定されています。

原子力規制庁の空中測定マップでも、中国山地には福島第一原発起源のガンマ線源が降下したとしか考えられない線量率の高いところが斑状にあります。


ところが例えば一宮市のガンマ線源はこの6年の間にほとんど減っていません。むしろ増えたとも言えます。

では、これらの減衰しないガンマ線源は何でしょう。福島第一原発事故によって放出された放射性物質の見積はいくつかの機関が出していますが、いずれもウランとその子孫核種については見積もりが示されていません。

しかし、米国が福島第一原発事故後早い時期に行った日本国内の土壌調査結果ではウランの一部が測定され、通常より高い値が示されています。

セシウム137の半減期は30.1年です。線量が落ちないということは、これよりもはるかに半減期の長いものか、あるいは崩壊後にもガンマ線を発する核種に変わりガンマ線を出し続けるものだということになります。

福島第一原発事故では、核反応の産物である人工放射性物質と合わせて原料であるウラン235、238などが大量に飛散しました。

例えばウラン238は次のような崩壊過程を経ます。
いつも「き坊の棲みか」から引用させてもらっているウラン238の崩壊過程を示す図。



これらの子孫各種は主としてアルファ線、ベータ線を出しますが、中にはガンマ線を出すものもあります。

次の資料は、鳥取県が道路脇に放置されたウラン鉱脈から掘り出されたとみられる土壌をゲルマニウム半導体検出器で精密に測定したものです。少なくともこれらの核種はガンマ線を出します。


トリウム234とプロトアクチニウム234mの半減期は短いです。しかし、ラジウム226の半減期は1600年です。ですからウラン238から崩壊が始まり次々に娘核種に変わっていってもここで堰き止められることになります。その下に行くのに時間がかかるのです。

ですが、ラジウム226からガンマ線を出してラドン222に変わった後は時日を経ずに鉛214、ビスマス214となりそれらが崩壊する際にガンマ線を出します。

ですからこの系列に限ってみれば、トリウム234とプロトアクチニウム234m、ラジウム226、鉛214、ビスマス214の出すガンマ線が公設MPの線量率を左右することになります。

ビスマス214と言えば、CTBT高崎観測所の観測結果があります。4年間のグラフの中で3年間は数値が上がり続けています。追加的な降下でしょうか。そのように考えるよりは崩壊系列のより上位にある核種から時間の経過とともに娘核種が生み出され、それがビスマスまで到達したと考えるほうが妥当でしょう。


このグラフは、その後低下し始めました。そしてCTBTOは高崎で検出されるビスマス214について検出数上昇後の水準をバックグラウンドと捉えることにしています。数か月ごとのデータ公表も止めてしまいました。

CTBTOは、ビスマス214の水準が短期間で低下するとは判断していないのです。それはなぜか? ウランから次々と崩壊系列を経てビスマスが生み出されるからです。

ウラン238は、原子炉の中にあると通常の崩壊過程とは異なる崩壊が進み、ラジウムがより多く生み出されるとの説もあります。この説に従えば、通常の崩壊系列の中でのラジウムの割合よりも福島第一原発から放出されたウランとその子孫核種の中でラジウムは相対的に高い割合を占めていたとも考えられます。それが福島第一原発事故直後からそれの降下した地域のガンマ線線量を引き上げたということもありうるだろうと考えられます。

ここで、福島第一原発から関東よりもより遠い地域にウランやラジウムの飛散、降下が多かったのかと疑問が生ずることでしょう。もちろん、関東と中京以西についてウランやその子孫核種の降下量について比較できるデータを筆者は有していません。

ただ次のデータはあります。次のグラフで3/14のSPM濃度は東と西でそれほど格差がないが、3/15に関しては西高東低の傾向が強く出ています。


言うまでもなく、SPMは放射性物質そのものではありません。しかし、原発事故があった際にはSPM濃度が大きく上昇することは関係者には周知の事実らしく、茨城県は東海第二原発のベント時のSPM濃度のデータを、福島県は2011/3の浜通りのSPM濃度のデータを隠してしまいました。

3/15に関東に流入したプルームが群馬県、埼玉県西部にとどまり3/16未明から南東海上に抜ける通路となった神奈川県では3/16も高い線量率が続き、SPMも濃くなっています。

原発事故後のSPMが少なからず放射性物質を含んでいることは疑いようがありません。

愛知のSPMは常に相対的に高くなっています。粉塵王国ですからその点は考慮しなればなりません。

2011/3/15は早朝から強力なプルームが関東を襲いました。しかし、プルームの通り道となった茨城や埼玉よりも岐阜、愛知、三重、滋賀で高くなっています。これらの県は静岡よりも格段に高く、神奈川、静岡経由ではなく別のルートで放射性物質を含むSPMが飛んだものと見られます。

もともとシミュレーションは、原発の一定の地点高度から一定量の微粒子が放出されたとの前提で作成されています。このため、放射性物質の放出が原子炉の蓋を押し上げて環境に出てきたのか、換気塔から放出されたのか、あるいは爆発で高度600mまで吹き上げられたのか、さらにはその微粒子の濃度はどうかなどは考慮されていません。これは気象研究所のシミュレーションに限らず、SPEEDIでも同じのはずです。

管理人は、岐阜、愛知、三重、滋賀での3/15のSPM濃度の上昇は、3/14の爆発に伴うSPMが上空を経由して降下したと見なければならないのではないかと考えています。それゆえ、北アルプスの山頂部に濃厚汚染が生じたのです。
※ 「電波状況 報告掲示板」へのk氏の投稿 2015/03/19
その先輩という人は岐阜県に住んでいるみたいですが、ある大学の先生と調査をしており、上高地や穂高岳 槍ヶ岳 大天井岳などは、人間が行くとこじゃないくらい汚染されているみたい。(略)
あと、部分的にもの凄く汚染がある場所もあるみたい。何十万ベクレルとか言ってました。放射線管理地域よりも数十倍の汚染と言ってました。(略)
やはり、その先輩も北アルプスに行ったあとは、下痢に悩まされていたみたいです。(略)
そしてビックリしたのが、その先輩も岐阜を離れるとのこと。
その先輩も、私たちと同じくらいの1歳前後の子供さんがいて放射能の汚染を気にしてるみたいです。
その先輩は、「もう北アルプスには行けないな」とのこと。
それを聞いて、うちの旦那も北アルプスには行かないとのこと。





以上は筆者が収集した資料に基づいて行った机上の推論です。これを確認するためには中京以西に出向いて実地調査を行う必要があります。そして関東での調査結果と比較しなければなりませんが、マンパワーと費用の制約があり当面実現の見込みはありません。

しかし、とりあえずの推論の結果を今回示すことにしました。それは、上のような推論が県別の人口動態の動向と整合する面があるからです。

厚生労働省全国人口動態統計速報による出生死亡比率の変化度合いの測定
2009/1から2009/12の平均を基準として2017/6から2018/5の平均を指数化
出生死亡比率=出生数÷死亡数だから、この比率の低下が大きいほど新生児が減り死亡者が増えている度合いが強いことになる。


岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、そして近畿のいくつかの県はさらに人口動態が悪化していく恐れがあります。そしてそれが長く続きそうな恐れがあることは頭に置いておいたほうが良いかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(3) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様 こんにちは!
わたしはかなり以前から「makotokasai」氏のtweetをチェックしているのですがご覧になっていますか? 詳しい画像入りで震災以降の樹木の変化を取り上げては警告を発し続けておられます。
あの日の福一からの風向に沿って日本各地で膨大な数の樹木が枯れてきているのです。画像を見ていると心底怖くなります。今回の台風でそのような弱った木々が大量に倒れたのではないでしょうか? 植物に起こったことは当然動物にも起こるはず。氏の取り上げている「樹木の枯死ライン」がこの記事の「プルーム飛散ライン」と重なっているように見えていっそう怖いです。
Posted by 海猫 at 2018年07月30日 11:11
どんな地図でしょう。この方のツイートのタイムラインには見当たりませんでした。
以前この方のツイートを引用して記事を書いたことがあります。
2015年09月27日
つくばの木々の異常 makotokasai氏のツイートから
http://inventsolitude.sblo.jp/article/164472440.html

私は徘徊時に立ち枯れの木を見るとその原因を管理者に尋ねています。大きな立ち枯れは2件とも人為的な行為が原因でした。立ち枯れと放射性物質との関係は私にはよくわかりません。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年07月31日 13:11
「樹木枯死ライン」はわたしが勝手に命名しました。
kasai氏のtweetに地図が載っていたわけではないのですが、お住いの場所や旅行先で撮られた画像、グーグルマップでの画像、テレビでの偶然の画像、etc...に地名が添付してあるわけで、それらを連続して見ているとやはり樹木が枯れてきているのは福一プルームの影響があるのではないかと思ってしまうのです。あのプルームに襲われて無傷でいられるわけが無いと・・・・。立派な樹木まで枯れて伐採されている画像を見るのはとても辛いです。
Posted by 海猫 at 2018年07月31日 14:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。