名古屋刑務所で男性受刑者が“熱射病”で死亡: ずくなしの冷や水

2018年07月25日

名古屋刑務所で男性受刑者が“熱射病”で死亡

※ 小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント @konishihiroyuki氏の2018/7/25のツイート
名古屋刑務所で男性受刑者が“熱射病”で死亡 単独室の中で嘔吐した状態で横たわる

※ 東海テレビ2018/7/25(水) 16:37配信
名古屋刑務所で男性受刑者が“熱射病”で死亡 単独室の中で嘔吐した状態で横たわる
 愛知県みよし市の名古屋刑務所に服役中の40代の男性受刑者が24日、熱射病で死亡していたことが分かりました。
 愛知県みよし市の名古屋刑務所で、24日午前5時半ごろ、巡回していた刑務官が4階の単独室の中で嘔吐した状態で横たわっている40代の男性受刑者を見つけました。
 男性受刑者はおよそ1時間後に病院で死亡が確認されましたが、医師から熱中症の重い症状である熱射病と診断されました。
 男性受刑者がいた4階は、24日は午前6時半すぎには気温が34度あったということです。
 受刑者の部屋に冷房はなく、名古屋刑務所では廊下から扇風機で風を送ったり、受刑者全員に1日に1回スポーツドリンクを与えたりするなどしていましたが、今後は対策を強化したいとしています。

posted by ZUKUNASHI at 20:41| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。