日本政府は失踪ジャーナリストに我関せず 安田氏が韓国人と名乗る?: ずくなしの冷や水

2018年08月12日

日本政府は失踪ジャーナリストに我関せず 安田氏が韓国人と名乗る?

※ Newsweek 2015年12月24日(木)17時33分
安田純平さん「シリアの武装勢力が身代金要求」、ジャーナリスト団体が声明―情報の信ぴょう性には疑問も
志葉玲(フリージャーナリスト)
国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」は、フリージャーナリストの安田純平さん(41)がシリアの武装勢力に拘束されており、「身代金を要求されている」「期限内に対応しなければ殺される」として、早急な対応を日本政府を求める声明を、22日、団体のウェブサイトに掲載した。だが、国境なき記者団の情報については信ぴょう性に疑問も残る。
 安田さんは、シリアで取材中の今年7月、その消息を絶った。海外メディアなどで、現地武装勢力に拘束されたと報道されるなど、海外の報道関係者及びジャーナリスト団体も、その安否を心配していた。今回、「国境なき記者団」は、同団体が得た情報として、「安田さんはシリアで武装勢力に拘束されており、武装勢力らは身代金を要求している。期限内に要求が満たされなければ殺される恐れがある」としている。その上で、日本政府にありとあらゆる手段をとるよう、求めている(関連情報)。
 だが、筆者が信頼する情報筋からは、身代金や殺害予告についての情報はなく、国境なき記者団の情報の信ぴょう性は低いように思われる。2004年4月のイラクでの日本人人質事件でも、誘拐犯とは関係ない人物が自分が「交渉役」だと名乗り出て、混乱を招くということがあった。国境なき記者団もそうした攪乱情報に惑わされている可能性もある。
 国境なき記者団の情報が間違っているとしても、安田さんがシリアで拘束されている可能性は高く、日本政府には慎重な言動が求められる。後藤健二さんと湯川遥菜さんが人質とされた際も、安倍首相は中東の嫌われ者イスラエルで同国の国旗の前で演説する、交渉を一切しない、ISに人脈をもつ学者やジャーナリストの協力の申し出を無視するなど、まるで人質を殺せというような振る舞いをした。くれぐれも、現地の武装勢力を刺激するような言動は控えてもらいたい。

※ 毎日新聞2016年3月20日 東京朝刊
安田純平さん
「拘束」集団、日本政府と接触図る 関係者証言「半年前から」
【カイロ秋山信一】内戦下のシリアで昨年6月、ジャーナリストの安田純平さん(42)が行方不明になった事件で、安田さんを拘束していると主張する犯行グループ側が約半年前から、日本政府と接触を試みていた可能性が、複数の関係者の証言から浮かび上がった。16日に安田さんを名乗る男性の映像が公開されたのは、犯行グループ側が日本政府に交渉に応じるよう促すためだったとみられる。
 証言によると、犯行グループは昨年秋ごろから複数の関係者や安田さんの知人を通じ、トルコの日本政府公館に電話やメールで接触を試みた。しかし、政府側から応答はなく、交渉には至らなかった。
 犯行グループの正体や交渉の目的は不明。複数の関係者が、国際テロ組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」の関与を示唆し、犯行は身代金目的だと主張しているが、直接的な証拠はない。
 安田さんの映像公開後、菅義偉官房長官は記者会見で「本人と思われる。身代金要求は承知していない」と述べた。

※ 時事 2018/07/18-00:06
 【カイロ時事】シリア入国後に行方不明になっているジャーナリストの安田純平さん(44)とみられる男性の新たな映像の存在が17日、明らかになった。関係者によると、映像は今年6月撮影とされ、15秒程度という。撮影場所や詳しい内容は不明。
 今月初めにシリア人男性のフェイスブックで公開され、昨年10月に撮影されたとされる安田さんとみられる男性の画像と比べると、やや頭髪やあごひげに白髪が増し、やつれた様子にも見える。シリア人男性は当時、「最近の安田さんの健康状態は良くない」と話しており、安否が懸念されている。
 安田さんは2015年6月、取材目的でトルコ南部からシリアに渡った後、消息が途絶えた。アサド政権の攻勢激化で今ではほぼ唯一の反体制派拠点となったシリア北西部イドリブ県でイスラム過激派組織に拘束されたとみられる。 【時事通信社】

2016年5月30日ごろに公開された画像


2018/6頃に撮影されたとされる画像


※ konekroyd @konekroyd氏の2018/8/1のツイート
Junpei Yasuda, a journalist captured by an armed group in Syria, said in a newly released video, "My name is Umar, I am South Korean." Umar is probably an Arabic name. I'm confused.



※ 弁護士 中村憲昭 @nakanori930氏の2018/8/1のツイート
本当に胸が苦しくなる。この映像をみても「自己責任」と見捨てられる日本人ばかりだとしたら、滅びても仕方ないと思う。そもそも国としての体をなしていない。>>安田純平さん新たに動画 「今すぐ助けてください」(フジテレビ系(FNN)) - https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180731-00397661-fnn-soci … @YahooNewsTopics

※ 澤田愛子 @aiko33151709氏の2018/8/2のツイート
安部官邸は安田順平氏救出に全力傾注というが、これがウソであることは明白。この政権は何度ウソをついてきたことか。官邸の「全力傾注」は翻訳すれば「何もしない、放っておく」という意味。もし必死になる総理なら後藤さんは殺されなくて済んだし、既に拉致被害者は救出されている。口先だけの安倍。

・・・・・

ご家族は大変ご心配だと思います。各国はテロリストに捕らえられ人質になった者を取り戻すために、テロリストに通じるパイプを持つ周辺国に仲介を依頼したりしています。残忍なテロリストでも彼らはカネをもらって働いています。スポンサーの意向は通るのです。

「ISに人脈をもつ学者やジャーナリスト」が人質解放に協力しても先方の要求はいずれにしてもカネが絡んでいますからそれなしでは効果を上げがたいでしょう。

そして中東で日本の外交面の力がどれほどあるのか、とても危うい状況ではないでしょうか。

イドリブは、この秋からシリア軍が大規模なテロリスト掃討作戦をかけると見られます。今、この地域のテロリストの間では住民からの略奪品の配分をめぐり緊張が高まっています。

私見を述べるのはここまでにしておきます。安田純平氏の一日も早い救出を願うのみです。

・・・・・

私見を述べることはできるだけ控えたいのですが、次の情報には一言いたい。

志葉玲氏の執筆になる 安田さん解放のカギは?なぜ何度も拘束されてもシリアに行ったのか?知人のジャーナリストが語る(8/7(火) 9:00)によると、
「2012年春、シリア北部ホムスで取材を行っていた安田さんは、アサド政権の圧政に蜂起した自由シリア軍に密着。」
「安田さんは2015年6月下旬頃、トルコ南部からシリアのイドリブ県に入ったとされ、その直後、地元の武装組織に拘束された。さらに、安田さんの身柄は、この一帯に影響力を持つ反アサド政権の武装勢力「ヌスラ戦線」(現「シリア解放機構」)に引き渡された。ヌスラ戦線は、IS(いわゆる「イスラム国」)と異なり、外国人を残虐に殺してそれをネット動画で見せしめにするとということはしない
とあるが、「ヌスラ戦線」がアルヌスラのことであれば、これはシリア、ロシアがテロリストと認定して停戦などからも除外している組織ではないか。であれば、外国人を残虐な方法で殺したりしないという見方は違うと思う。
2016年07月22日 少年を斬首したテロリストグループは 個人的な間違いだというが全員が歓声をあげていた
FARSNEWS
-Washington and its coalition of regime changers are all in the know that proxy forces such as al-Nusra Front, Ahrar al-Sham, Nour al-Din al-Zenki Movement, the Levant Front, Division 30 and Division 16 are committing summary executions, beheadings, torture, war crimes and other violations of International Humanitarian Law with impunity. In light of the recent revelations, they are happy to criticise Nour al-Din al-Zenki Movement, but they do so for the wrong reasons.
2016年07月21日 ケリー、12歳少年を惨殺したグループに今後かかわらないことも

また、「安田さんを拘束している犯行グループも身代金が欲しい一方で、そうした要求に後ろめたさを感じているのではないか」とされているが、犯行グループが後ろめたさを感じている? 
現地は殺すか殺されるかの世界だ。テロリストはカネのために命を賭けて戦っている。すぐに処刑に至らないのは幸いだと思うが、そんな「後ろめたさ」に期待をかけるとしたら大きな間違いだ。

一番知りたいのは、安田さんを拘束しているグループがいかなるものかだ。画像を公開したシリア人男性が鍵になる。私が懸念するのは、安田さんがFSAと行動を共にしていたという点。氏の報道では反政府的な色合いが濃いようにも感じる。万一、そういう風に現地で受け止められているとすれば、協力してくれるところは少ないかもしれない。日本の外務省がどこまでできるか。私は心もとないと思う。

安田氏の配偶者が外人記者クラブで会見したようだ。良い動きが出てくればよいが。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/8/12のツイート
エリック ・Cさんが遠藤 英司をリツイートしました
なぜ「テロリストとは取引するな」と政府が言うのかといえば、それはそれを言った方が自国民をコントロールしやすいからでしょう。そう言いながらも普通、多くの政府は「テロリストと取引」するかしないかを考えるものです。

エリック氏の見識はやはり特筆に値する。改めてフォローを推奨。日本の中東問題の専門家と称する方々、どこか違うと思いますよ。わざと現実離れした話を書いているんですか?
posted by ZUKUNASHI at 11:03| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。