この大バカ者めが: ずくなしの冷や水

2018年09月12日

この大バカ者めが













posted by ZUKUNASHI at 18:28| Comment(5) | 社会・経済
この記事へのコメント
ライオン狩りを楽しむために、ライオンを繁殖させていると言う話を聞いて、ゾッとしたものです。
そしたら、旧ユーゴスラビアが内戦の時に、人間狙撃のツアーが西ヨーロッパで組まれた話が出てきて、さらに固まってしまいました。
「どうせ、当たりっこない。」と、主催者側。
罪の意識の耐えかねた人の告発で、国連でも問題になったそうです。
全然知らなかった。
人間ほど素晴らしい生き物はいないが、人間ほど恐ろしい生き物もいない。
Posted by い at 2018年07月07日 14:17
人間狙撃ツアーとは・・(溜息)
今更、罪の意識と言われても、都合のいい逃げにしか聞こえません。
死ぬまで自分ひとりで抱えて生きろよと言いたい。
Posted by SY at 2018年07月07日 21:21
シリア北部のクルドを支援するという名目で単独シリアにわたった英国人もいました。米国主導軍がイラク、シリアでやっていることは、狙撃、爆撃トレーニングなんですよね。ロシアもシリアを兵士に実戦経験を積ませる場として使っています。
Posted by ずくなし at 2018年07月07日 22:33
もう、最低。人間は地球の余計ものだ。いなければ良かった位のものだ。
Posted by なず at 2018年08月21日 20:50
動物園というのは19世紀ならともかく、
今では完全な犯罪だと思っています。

23万頭いたライオンは100年で10分の1に。
ホワイトライオンは世界に3000頭しか残ってないというけど、
日本にいっぱいいるじゃないの。
なんでや。

なぜ、日本でイルカ園やゾウガメのペット飼育が必要なの?
日本にもおかしなこといっぱい流行っている。

白人が銃を持って猛獣ツアーするのと
日本員が狭いウサギ小屋でソウガメ飼うのと、一体どう違うか?
日本人のほうが陰湿だと思う。

なずさん、そうやって人間は成長するんですよ、きっと。
そうでも思わなければ卒倒するわ。
Posted by hiyaase at 2018年09月13日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。