ユキノシタ: ずくなしの冷や水

2018年07月04日

ユキノシタ

ユキノシタの群生です。


海外の方は、ユキノシタに似た草花をよく取り上げています。下にあるものは、ユキノシタ科ではありますがユキノシタとは別属別種のヒューケラだそうです。


日本ではこれに注目する方は、ほとんど見ません。冒頭の画像はある民家の玄関前で撮影しました。家の方がお留守で近づけませんでした。

日本人は、植物を通じて美を楽しんでいた。別に芸術に縁がなくても、カネがなくても植物には親しめたんです。
posted by ZUKUNASHI at 11:35| Comment(1) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
下の写真はヒューケラで、ユキノシタ科ではありますがユキノシタとは別属別種。彩りがきれいで割りと作りやすいので近年はホームセンターでもよく見かけますね。

ユキノシタの仲間は、派手な花に改良されたダイモンジソウなど海外でも注目されていますが、乾燥する都会地では夏の高温で弱るようです。自然の豊かな地方に行けば今でも雑草のごとく生えています。

日本人の関心が無くなったのはもとより、日本の目指した都会の環境が生存を許さなくなったのだと思います。今では放射能の影響もあり、人間も排除されつつありますが
Posted by SY at 2018年07月04日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。