各地で豪雨 2018/7/2〜 : ずくなしの冷や水

2018年07月06日

各地で豪雨 2018/7/2〜 

2018/7/2、全国的に気温が上がっていますが、本州の日本海側で0.35μSv/hが出ています。

2018/7/3は、北と南で雨。



北海道は豪雨になっています。

7/4も各地で豪雨、被害が出ています。これだけ強い雨なのに空間線量率が大きく上昇しているところは少ない。下降気流、地上を横に吹く風ではない?





私設リアルタイム線量率測定システムでここ数日、全国各地競うように警報が出ています。この警報発出水準は、それぞれの管理者が普段の線量率水準を考慮して、それが大きく上がった時に鳴るように設定しています。その閾値水準は、1分間の放射線検出数であるcpmですが、秒単位でそれが変化する中である秒の値がそれを超えれば警報が出る仕組みとなっています。

それゆえ、線量率の変動が激しいときは頻繁に警報が鳴ることになります。ある運営者に言わせれば、「警報が鳴ったらピシャンと窓を閉めたり・・・」すれば良いんだろうと言っておられましたが、その通りです。まさに運営者にとっては早期警戒装置なのです。

このような天気ですと原発などから出た放射性物質があちこちで地上に降りてくるようです。雨が降っているところだけとは限りません。

体調がすっきりしない方もおられるようです。







沖縄は上がっていますが、台湾は上がっていないようです。


最新の状況はホワイトフードのサイトでどうぞ

南西諸島で線量率が上がっています。なぜ石垣で線量率が大きく上がっているのでしょう。








サイトの管理者が那覇と石垣を入れ替えてくれました。


石垣の上がり方が少し大きいでしょうか。


2018/7/6も雨が続いています。





最新の状況はホワイトフードのサイトでどうぞ



深夜になって各地でスパイクが立っています。北海道、東北、東海、九州で0.2μSv/hに達しています。

posted by ZUKUNASHI at 22:56| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
河川の氾濫、土砂崩れのあった地域の映像で黒いフレコンパックが時々映るのですが、
これって堂々と除染土をばらまく機会に使っているのではないかと思えるのですが。
しかも西や北海道という、今食べ物で頼りにしている地域ばかり。

横浜も川岸に黒いフレコンパックが並んでいる場所があると言っている人がいました。
行政に聞いても本当のことを教えてくれるかわかりませんが、
気がついたら皆が問い合わせすることでエスカレートさせないようにしないとですよね。

農地にばらまかれる前に生活の場にばらまかれているのでは?
京都の観光地ももともと線量が高いですが、護岸工事などで
フレコンパックが大量に持ち込まれる可能性があるのではないかと思っています。
もしかしたら、2013年の嵐山周辺の洪水の際にすでに持ち込まれていたのかもしれません。
旅行の際、嵐山はホテルの中でも0.3マイクロ超えでピーピー鳴っていました。
Posted by 横浜にて at 2018年07月07日 10:07
嵐山辺りは空間線量率がかなり高いという情報が多いですね。
自然放射能だけなのかは疑問ですね。
確かに最近は都市の中でも黒いフレコンパックを見かけます。
土砂搬送中に飛散しないようにするためかな、なぜかなと思っていました。
いろんな形で汚染廃棄物がばらまかれると警戒しないといけません。政権は、放射能でじわりじわりと国民を処刑したいように私には思えます。
Posted by ずくなし at 2018年07月07日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。