湿疹をやっと治した私: ずくなしの冷や水

2018年07月02日

湿疹をやっと治した私

管理人は、1年以上、臀部の湿疹に悩まされました。

最初は皮が引きつってちょうどガムテープを貼った場所でガムテープどうしがくっついた状態でした。指の先から爪のようなものが生えてくるという事例を聞いていましたので、さてはあれかと警戒はしていました。

この皮の引きつった場所は、電車のシートなどで尻を動かすと痛いときがあり、困ったなと思っていました。

昨年の夏、塩、重曹入りの風呂に入ったとき、この箇所が傷になっていたのでしょう、大きく悪化、その後少しずつ場所を移動しつつ長引きました。

体液が染み出てきますので絆創膏を貼っていましたが、臀部に適切に貼るのは一人では至難の技です。薬はほとんど使いませんでした。切り傷用とみられる有り合わせの薬を塗ったりしていましたが効果なし。

ステロイド剤を塗らなければと思いつつも、医者の処方がいるので面倒だと思っていました。

「指の先から爪のようなものが生えてくるという事例」は、被ばくによるものでしょう。その部分を切り取るしかないはずです。私は切除手術を受ける代わりに滲出液や皮膚表面の脱落で自然に放射性物質が抜けることを期待していました。

湿疹が治らなかったのは、肥満が進み臀部にかかる体重が増えたことも影響しているはずです。

肥満の弊害が強まってきたことに耐えかね、減量に本腰を入れることにしました。ツーシーターのポルシェの乗り降りが苦痛です。併せて湿疹も治そうと決めました。

ネットで評判の良い湿疹の薬を購入。これはよく効きます。

背中に湿疹ができたとおっしゃっていた方が、その後がんが見つかったと伺っています。何かの体調不良があれば、気を付けなければなりません。
posted by ZUKUNASHI at 14:09| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
気になる記事でしたので、おじゃまいたします。湿疹治って良かったですね!
私はアトピー持ちで、今は、脱ステロイドに取り組んでいます。食事療法とデトックス、そして何も塗らない、化学物質(ホルモン剤)は辞めることで、2か月が過ぎ、だいぶ良くなりました。砂糖の害は顕著ですが、外食もどうやら悪化の要因になります。このアトピー、または金属アレルギーの結節痒疹が噴出したのは、2016年6月なのですが、なにせ、2011年の3月以降、不調のオンパレードで、「被爆のせいかな?」とは思っていたのですが、数年経ってからが症状が酷くなる、ということの一例なのかもしれません。とにかく、昔のアトピー症状となんか違うんですよね、異常に治りにくいですし。日光湿疹も出るようになってしまったし、PM2.5値が高い時は(これって放射能でしょうが…と思うのですが)、喉も痛い。こんなブログ記事を読みました。https://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/326ef98d60073c86c9aa91327a46fd1b
この記事の中にある、皮膚炎の症状にそっくりなんです。
皮膚以外でも、強烈なお腹の壊し方とか、耐え難い倦怠感とかあったしなぁ。
都内は影響うけていること実感します。
そうそう、上記の助けに、と思い、初めてホメオパシーを利用し始めたのですが、(まだ一か月なので、感想はもう少し使ってみてからに。)治癒例を写真付で検証というか、発表している、DVDを2本見たのですが、皮膚から、不思議な物質がにょきにょき噴出しながら炎症を起こしている症例がありました。その例はワクチンの重金属被害ということで説明していましたが、今記事を読んで、ああ、毒性物質の排出現象なんだなぁ、と思いました。ちなみに、その例も、切除しないで、解毒排出を促すような処方をして、びっくりするような噴出し方の後、ぽろり、と取れたところまでを写真で拝見しました。身体の自己治癒力を稼働させることが大切なんですね。
そういった人間の持つ大切な力を壊そうとしているのが、世界の寡頭権力層であり、その配下にある今の日本の政治家や、財界なのだと思いますから、世界中で起こっている時事問題が自分には関係ない、今普通に暮らせているから考えたくない、なんて大間違いで、すべては繋がっている問題だから、情報にアクセスできる日本の多くの人に、考えてもらいたい、せめて知るだけでも、といつも思います。
Posted by ayako at 2018年07月03日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。