横浜にてさんのこの決意のほど 分かち合いたいです: ずくなしの冷や水

2018年06月30日

横浜にてさんのこの決意のほど 分かち合いたいです

2018/6/30に横浜にてさんから寄せられた投稿を掲載する。

横浜にてさんから
オリンピックで海外のメディアが多数来日し、東京で鼻血を出す複数の人達や体調不良が多発している様子を被曝と関連付けて世界に報道してもらうのがいいでしょう。

ネットで個人個人が鼻血や失神などの経験を上げているのは見ていますが、テレビや新聞では写真入りで報道されたのを見たことがありません。

修学旅行や給食で集団体調不良が出ても、2〜3人にノロウィルスが出たら他の何十人は出ていなくても「ノロウィルスか?」という誘導報道がされています。
見出しだけで「ああ、またノロか〜」と思う人がほとんどでしょう。
そもそも、被曝の問題があるなんて思っていないのですから。

オリンピックまでには、被曝無視で今まで過ごしてきた方は社会の一線からは退いている人が多くなるでしょうから、海外メディアに報道されて目が覚める人の割合も上がるでしょう。
それまで、なんとか生きていたいものですが。

ずくなし
確かに「被曝無視で今まで過ごしてきた方は社会の一線からは退いている人が多くなる」でしょう。寿命であるいは被ばくで。
海外の日本に対する見方は、サッカーやレイプ犯もみ消し事件で急速に悪化しています。日本人の窮状をはっきりと伝えるものも多くなるでしょう。
ですが、残念なことには、それからでは遅すぎるのではないでしょうか。2020年はオリンピック競技だけでなく、日本社会の将来について勝負がつく年になるのではないでしょうか。

横浜にてさんから
手遅れでしょうが、その頃にならないと、まず「悲惨な現実を受け入れる」ことができないような気がします。
現実を認めるところに立って、初めてスタートですから。

高プロ法案について、周りの人に話してみましたが(高学歴で余裕のある方々ですが)「自分は残業のない楽な仕事だから(関係ない)」とか
「年収が1075万なんでしょ?」とか
全く他人事。サッカーのほうが気になるようでした。
「年収要件なんて、いくらでも役人が変えられるんですよ」と言ってもあまり反応なし。
あれだけ公文書が改ざんされているのに「年収要件が1075万」が国民の都合の良いように守ってもらえると思うのは、もう淘汰される以外ないのでは?

少しでも長く生き残り、日本が劇的に良い方に転換できる方法を模索しましょう。
若者は全員海外に逃げ、年配者たちは100万、200万人が国会前に集結するよう覚醒するしかありません。
こちらのほうが人数が圧倒的に多いのですから。

もしかしたら明日、奇跡が起きてみんなのスイッチが入るかもしれないし、ずっとスイッチが入らないかもしれません。
もう、崖っぷちにはかわりはないのですから失うものはありません。
posted by ZUKUNASHI at 12:41| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。