トランペットの木: ずくなしの冷や水

2018年06月27日

トランペットの木

Catalpa Tree
トランペットの木


きれいな花です。日本にありますか?
Arboretum Kalmthout @arboretumkalmt 6月25日
Altijd boeiende verhalen over bloeiende bomen te sprokkelen @arboretumkalmt - vandaag de Amerikaanse trompetboom Catalpa - duizenden bloemen waar bijen en hommels graag op bezoek komen. Opnames met #gilclaes voor @EclipsTV

SYさんからアメリカキササゲだと教えてもらいました。もう一枚の写真も掲げます。こんなに大きな木です。左側は栗ですね。



ピンク色のノウゼンカズラ


キササゲ


花を見ていませんが、ネットで調べたらまさにキササゲですね。こんなにきれいなんですか。開花時期は6〜7月とあります。今週行かなくては。そろそろギンバイカも咲くころ。

ところで、私の上のキササゲの写真はどこで撮ったのかな? ボケて思い出せない!

これはマキですね。アフリカにもある?
posted by ZUKUNASHI at 15:59| Comment(4) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
花の付き方なんかが、
百日紅に似てる感じがします。
Posted by モトコ at 2018年06月27日 12:10
ええ、私もそう思って花の拡大図を見ましたが、百日紅はおしべやめしべの周りに根元の長い花弁が突き出ているんですね。どちらかというとカルミヤやつつじに近いです。
木は大きくなりますね。日本に入っていないのは気象条件が合わないからかもしれません。キングサリも北米大陸では大きくなるようですが日本では植物園でもほとんど見ません。
植物も生育地は自分で選ぶ権利があるということでしょうか。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年06月27日 12:59
>今日はアメリカのトランペットの木であるカタロパ - 何千本もの花、ミツバチとバンブルビーが訪れるのが好きです。 @EclipsTVの#gilclaesによる録音

ベルギーのオランダ語圏のツイート

アメリカキササゲ Catalpa bignonioides (ノウゼンカズラ科)ですね。
日本でも時々見かけます。
Posted by SY at 2018年06月27日 14:41
おお、キササゲと言うんですね。
豆が垂れ下がった感じのものは、どこかで見たことがあるような気がします。
気を付けて上を向いて歩いて見ようかな?
案外身近にあったりしそうです。
また一つ、新しく木の名前を覚えることができました。

Posted by モトコ at 2018年06月28日 05:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。