日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 4: ずくなしの冷や水

2018年08月06日

日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 4

※ 高島章(弁護士) @BarlKarth氏の2018/8/6のツイート
詳細は後刻報告できると思いますが、余命三年日記関係でいわゆる「大量懲戒」をした人の一人が提訴されました。原告の被告に対する請求金額は300万円です。

このツイート主は、当初のツイートで請求額は3000万円だとしていた。そして次のツイート。

※ 高島章(弁護士) @BarlKarth5時間5時間前
失礼、請求う金額は300万円です。

ツイートの訂正、修正は効かないようだから、このような場合は、どなたかが指摘していたが、当初のツイートを削除して正しくツイートすべきではないか。

※ 高島章(弁護士) @BarlKarth氏の2018/8/6のツイート
同弁護士による民事提訴のほかにも、複数の弁護士が、いわゆる「大量懲戒」の申立人に対し、民事提訴・刑事告訴をする旨表明されており、同生命から相当に知事が立っていますね。これについても、お盆前後までに方針・現状を明らかにしてもらいたいものです。
・・・このツイートは意味不明。弁護士さんにしてはすこし安易にすぎないか。
読者から
「同生命から相当に知事が立っていますね。」

「同声明から相当日にちが経っていますね。」では。
なるほどそういう意味ですか。
「どうせいめいからそうとうにちじがたっていますね。」
「同生命から相当に知事が立っていますね。」
はい、長文一括返還によるミスですね。


朝日2018年6月23日09時18分
ブログ信じ大量懲戒請求「日本のためと思い込んでいた」
北沢拓也、仲村和代
首都圏に住む50代の無職女性は、懲戒請求を繰り返していた一人。元々、政治や歴史について明確な考えはなかったが、2015年ごろに「ネットサーフィンで偶然、見つけた」あるブログで、日本に住むアジア出身の外国人を非難する記述を読んで変わった。「日本人がすぐれていると強調する内容。今思えば、どう読んでも差別をあおっていたが、私は歴史について無知で、『こんな考え方もあるのか』と信じてしまった」と語る。
 このブログが取り上げるテーマの一つは、朝鮮学校への補助金支出だった。自治体が補助金を出すことの再考を促した国に対し、全国21の弁護士会が批判の声明などを出したところ、弁護士会の幹部らを外患誘致罪や内乱罪で告発するよう、呼びかけ始めた。だが受理されなかったとみられ、17年4月には「この件は懲戒請求をもって対応する」と書かれていた。
 「ブログの言うとおりに懲戒請求をすることが、日本のためになると思い込んでしまった」という女性が、コメントで参加を表明すると、告発状や懲戒請求のひな型が届いた。書類には請求対象の弁護士名が記されており、女性は名前と住所を書き込んで、約200枚を郵送した。
 だが、今年に入り、ブログ上で運営者側と読者の間でいざこざが起きたことをきっかけに、内容にも違和感を抱くようになった。
 「のせられてしまったのではないか」と感じ始めていたのと同じころ、懲戒請求を受けた弁護士のうち少なくとも7人が、訴訟を準備していると知った。弁護士側は和解も呼びかけるが、女性の場合は計40万円の和解金が必要になる。「痛い思いを繰り返さぬよう、反省したい」と話す。
 千葉県に住む公務員の30代男性もこのブログを読んだことをきっかけに、懲戒請求した。閲覧を始めたのは12年ごろ。当時の民主党政権を支持していたが、同年の衆院選で自民党が過半数を得て、政権に返り咲いた。自らの考えに自信を失いかけたところ、「日本人の優越性」を唱えるブログに賛同するようになった。

・・・引用終わり・・・

2018/6/25に寄せられた投稿を掲載する。一部記述を割愛してある。引用開始。

こんにちは、この問題は根深いですね。そしてヘイトは日本の生き死に関わる問題の1つになってきたと感じます。
どうやら余命三年時事日記のブログ主は懲戒請求をしていないようですよ。ハーメルンの笛吹き男ですね。

ネットゲリラ 2018年5月4日
 もともと馬鹿で有名だった

このサイトにも書いてありますが似たような事件に「光市母子殺害事件弁護団懲戒請求事件」があります。この件をテレビ番組で呼び掛けた橋下徹自身は懲戒請求しなかったようですね。橋下徹自身も法廷に呼ばれましたが広島地裁で800万、広島高裁で360万の賠償責任がある、と判決が出ています。しかし、最高裁で高裁の判決が破棄され賠償請求を棄却し、橋下徹の勝訴に終わっています。

案外余命三年時事日記の管理人も判例からして計算通りなのかもしれませんね。但し、懲戒請求送った人は逃げられないでしょう。
さて、どうなるでしょうか。

今回の件は単に「ネトウヨはバカだなぁ」という話では終わらないですね。日本人が如何に操られ易く、短絡的な思考をしてる人間が多いか、よくわかります。余命三年時事日記のブログを見てなかっただけでこのブログを見れば懲戒請求に加わった人間はもっと多くなっていたでしょう。ネトウヨブログは多いですから。

また、橋下徹とは違い、管理人の顔も見えない、どんな人生を生きてきたかわからない人のインターネットのヘイトブログを真に受け唆され行動してしまう愚者の群れ、こういう思慮の浅薄な人間が悲劇を引き起こしたのが先の大戦・関東大震災の時の虐殺ですね。与謝野晶子の君死にたまふことなかれように懲戒請求についても流れがおかしい、法に反すると気付き、考えてストップをかける人間はいなかったのか。集団になると同調心理で富山であった集団強姦みたいにストップをかける人間がいなかったのか。また、同じ暴走は必ず起こります。この暴走が大きくなると原発再稼働後による大事故であったり、戦争での大敗北に繋がります。

まさに、デマの語源ですが煽動政治家、デマゴゴスに操られた人間が増えて没落した古代アテネをここ、日本の様々な日常に見られます。安倍晋三を未だに支持している人間がいますから。上は工作員ですが末端はその工作員の意のままに動く走狗です。走狗も用済みになれば裏切られるのが相場なのに利用されている状態に気付けないのはなんと哀れなことか。ハーメルンの笛吹き男に操られたネトウヨは今、何を考えているのでしょうか。

私は身近にネトウヨがいましたので考えました。
ネトウヨになりやすい人間は
自信過剰で傲慢であり他人の話を聴かず俺様気質、無知でありながら知ろうとしない・調べない、自分に自信がないから声の大きな人間に付いて行く、自分に間違いがあっても素直に非を認めてごめんなさいと言えない
こんな人間のタイプが多いのではないでしょうか。本当は薄々自民党や官僚のやり方がおかしいと気付いていてもそれを認めてしまうと今まで口外したことが恥ずかしい、自分のプライドが瑕付いてしまう。だからネトウヨや自民党支持を自分の本心を偽りながら騙し騙しネトウヨであり続けるしかないのです。

君子は豹変し、小人は面を革む。とはよく言ったもので自分の過ちを潔く認められない人間は多いものです。それも中高年ならば尚更です。人間の人格形成も30歳になればもう変われないらしいですよ。こんな人たちが日本のリーダーです。君子は昔に比べれば少ないです。



・・・引用終わり・・・

6/25の投稿主さん 投稿ありがとうございました。一言異論を申し上げますが、人間はいくつになっても変われます。投稿主さんもぜひ社長をやってみたら良いです。貴殿ならやれますよ。胃がキリキリ痛んだり、首絞められたりしてもそうそう死ぬことはありません。失敗経験のある社長、事業運営責任者はモノの見方がとても深く人間的に魅力のある人が多いです。まあ、いずれ出番が来るでしょうからその時に備えて、何でも経験し、吸収し、考えを深めていったら良いです。自由に動けるのは今のうちです。

2018年06月10日
ほんとだ! ヘイトデモ参加者は中年以上が多い

2018年06月08日
日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 3

2018年05月29日
ネットウヨに変化?

2018年05月26日
ネツトウヨの皆さん 日本人が戦地に出向く機会が近づいてきたようですよ

2018年05月20日
日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 2

2018年05月19日
日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 1

2018年05月18日
ネットでの煽りに乗って弁護士の不当懲戒請求をした人達が民事訴訟で裁判所から呼ばれています
posted by ZUKUNASHI at 17:01| Comment(1) | 社会・経済
この記事へのコメント
※ 高島章(弁護士) @BarlKarth氏の2018/8/6のツイート
同弁護士による民事提訴のほかにも、複数の弁護士が、いわゆる「大量懲戒」の申立人に対し、民事提訴・刑事告訴をする旨表明されており、同生命から相当に知事が立っていますね。これについても、お盆前後までに方針・現状を明らかにしてもらいたいものです。

おそらく「同生命から相当に知事が立っていますね。」

「同声明から相当日にちが経っていますね。」では。

それにしても、間違っていることを間違っている、と
根気強く指摘し続けなかったツケはあまりに大きかった、
と反省することしきり。
書店の棚を見、本当にヘイト本・歴史修正本が面陳され
デカデカとポスターまで貼って売っている現実に辟易…
だから、こういう訴訟も大事ですね。
本当にご苦労様です。
Posted by 諦観 at 2018年08月06日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。