はい お待たせしました 始まりますよ!: ずくなしの冷や水

2018年06月27日

はい お待たせしました 始まりますよ!

※ 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011氏の2018/6/24のツイート
驚愕の事実!2018年夏より開始予定か。日本中が危険地帯になる恐れ。福島原発周辺の除染した汚染土を農地にまき野菜の栽培試験を開始!

IN YOU 2018/6/6
驚愕の事実!2018/6/6開始予定か。日本中が危険地帯になる恐れ。福島原発周辺の除染した汚染土を農地にまき野菜の栽培試験を開始!放射性物質による汚染土をコンクリートなどの土木資材に再利用して全国にばら撒く計画が進められる?ビル、家、公園、道路、ベンチが危ない!

※ NHK2018年06月26日 18時35分
除染土再利用の実証事業再検討へ
除染で出た土を二本松市の道路の土木資材として使う環境省の実証事業について、環境省が市に対し、風評被害などを懸念する市民の意見が多く、計画通りに事業が進められないとして、事業計画そのものを再検討する考えを伝えたことがわかりました。
環境省は、県内の除染で出た土を公共事業で再生利用することで、将来的に最終処分する廃棄物の量を減らす計画で、先月から二本松市の道路の土木資材として使う実証事業を始める予定でしたが、地元の市民グループなどからの反対で、先送りされています。
こうした中、26日開かれた、二本松市の議員協議会で三保恵一市長が、環境省から25日、風評被害などを懸念する市民の意見が多く計画通りに事業が進められないとして、事業計画そのものを再検討する考えを伝えてきたと報告しました。
環境省は、二本松市での計画を原発事故の避難区域に指定されていない自治体での初めての実証事業と位置づけてきましたが、これで、事実上、計画が延期されたことになります。
これについて、三保恵一市長は記者団に対し、「延期だと受け止めている。市長として環境省に対し、市民の皆さんの多様な声を踏まえた慎重な対応を求めた」と述べました。
一方、環境省の担当者はNHKの取材に対し、「市民の皆さんの理解を得られるようにして事業を進めていきたい」と話しています。


・・・引用終わり・・・

クリアランスの水準、汚染物の再利用の方針など基本的なことがわかりませんが、なし崩し的にがれきを焼却したり、拡散するのが当局の戦術です。

知らない街にはますます行きにくくなります。行くなら放射能測定器を携帯して、高線量率の場所からは速やかに離れるという行動原理を確立しましょう。

対策を検討しなければなりません。

posted by ZUKUNASHI at 23:48| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
あ、「また」終わりましたね…。日本政府は徹底的に国民から富を吸い上げ外国に献上し、私腹を肥やし、オリンピック後に日本を潰すのでしょうね。どうやら人が日本で生きていたらいけないようです。国も生存を許してくれないですね。
今、更なる日本沈没を目の前にしているのですね…。輸入野菜にまだ頼れますが主要農作物種子法やTPPでそれもどうなるか、海外が売ってくれなくなればどうしようもありませんし、放射能汚染の少なかった土地でも出歩けませんね。
しかしながら絶望せずに死中に活を求めるしかありませんね!
Posted by 愚民礼讚 at 2018年06月24日 18:56
民主主義の前提が破壊される不正を目にしても、その危険性を理解できない。
むしろ野党が邪魔しているから政治が進まない、くらいにしか思わない。
判断材料の情報は入らない、規制されているし、入っても反応しない。
もう日本人は民主主義を維持する能力もないし、日々の生活に疲弊し、余力もない。
ゆっくり殺されているのにどこか気づいているかもしれないが、
抗う気力もないのが現状なのでしょう。
これを是としないのならば、静かに自己防衛のため行動するのみ。
私はもう日本国にも日本人にも希望を持つことをやめ、
自分に出来ることに注力することにしました。

日本人は目の前に刃物を突き付けられ、「殺すぞ」と言われなければ
身に危険は迫っていないと思うのでしょう。
それはもうほとんど白痴同然だと思うのですが…
Posted by 諦観 at 2018年06月25日 10:26
メディアが政権や政策の批判をしなくなり、野党も大事な政策に関してメディアを使って発信することをしない。
昔の野党は万年反対党或いはなんでも反対党だったが、その一部が政権与党に入ったら何も批判しなくなった。

日本は目の前の海の魚を食べることができなくなるでしょう、隠された放射線の影響と別の被害で。
https://indeep.jp/worst-oil-spill-will-hit-japan-soon/
Posted by きんこんかんこん at 2018年06月25日 10:46
この事故で流出した原油は、コンデンセート、超軽質原油です。揮発性が高く、中国は事故現場で燃やせるだけ燃やす方針だったのではないでしょうか。一部のサイトが言うように甚大な影響が目に見えるようであれば、世界のMSMを挙げてのイラン叩きが始まっているでしょう。コンデンセートは有害物質を多く含むとされていますが、その影響の度合いを測るのは難しいでしょう。
ロイターの記事は吟味が必要です。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年06月25日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。