甲状腺がんが増えているはずです 福島だけではありませんよ: ずくなしの冷や水

2018年11月22日

甲状腺がんが増えているはずです 福島だけではありませんよ

※ sivad@sivad氏の2018/11/22のツイート
小児甲状腺がんで症状が出るまで待てばいいという無責任な人がいるようですが、ベラルーシでの研究によると症状が出ると肺転移などのリスクが増し、子どもの生命と人生に大きな不利益が生じます。非常に有害なデマなので注意しましょう。
(link: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16552205) ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16552205

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/6/16のツイート
「高野徹氏は子どもの甲状腺がんがリンパ節転移しても問題ないかのように語っていますが・・」←ガイドラインや世界の水準より著しい最近の科学論文、特に原子力関係や医療、日大アメフト問題で発覚した学校組織、日本の大学の低下原因良く理解できました「金で論理変る日本の学業とブラック企業科学」

※ sivad @sivad氏の2018/6/15のツイート
高野徹氏は子どもの甲状腺がんがリンパ節転移しても問題ないかのように語っていますが、リンパ節転移は再発のリスクや死亡率を高めることが報告されています。転移までに対処したほうがよいのは明らかです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12209714

海外がん医療情報リファレンス 2015年7月15日
若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

NHK福島 NEWS WEB 06月21日 10時36分
甲状腺がん治療費補助200件余
原発事故に伴って子どもが甲状腺検査を受けたあと治療などの費用の負担が発生した場合に福島県が行う補助制度を利用した人は、昨年度末までに200人あまりにのぼることがわかりました。
原発事故当時、18歳以下だった子どもを対象にした甲状腺検査は、先月から4巡目の検査が行われていて、これまで199人にがんやがんの疑いが見つかっています。
検査で異常が見つかり、手術や経過観察などの診療に進んだ場合に発生する医療費は、18歳以下は、現在の県の制度で無料となり、19歳以上の場合や、県外に避難した人は、手続きを行えば県の補助を受けることができます。
県によりますと、補助の対象となる具体的な人数は把握していないとしていますが、昨年度末までに、18歳から25歳までの233人が補助を利用したということです。
このうち手術を受けた人は82人で、がんを取り除く手術は77人、がん以外の病気での手術は5人となっています。
甲状腺検査をめぐっては、追加の検査や治療のため、定期的な通院の必要があり、患者や家族からは、治療費以外の交通費や家族の宿泊費用などの経済的負担の重さを訴える声が上がっています。
県・県民健康調査課は「県外の医療機関を利用した場合でも、指定された医療機関からの紹介や保険診療の範囲内であれば補助が利用できるのでぜひ相談して欲しい」と話しています。

2018年10月30日 福島県下の甲状腺被ばく量 最新推定結果



米軍が甲状腺被ばく量を推定した結果から1歳児 Child: >1 year to 2 years の甲状腺被ばく量推定値をゼロ歳児とともに抜き出した。

2014年06月20日 米国防総省による被ばく線量推定値


個人ごとに被爆量は大きく異なりますが、茨城県の百里基地周辺とか東京都では、10ミリシーベルト超の被ばく推定量となっており、福島県のF1に近い避難指示区域の外での被爆推定量の少ないほうの見積もりと同等な水準となっています。

※ sivad@sivad
高野徹さん、あたかも子どもの甲状腺がんが治療しなくても予後がよいかのように書いてますが、高野さんが出してる図は『治療後』の予後ですからね。そのことを一言も書かないのはひどいミスリードですよね。
(link: https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00268-012-1558-4)
link.springer.com/article/10.100…
(link: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/CRT/Fuku7.html)
med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/C…

※ sivad @sivad氏の2018/10/30のツイート
ついでにいうと、高野徹氏はマジで論文が読めず、治療後の予後を治療なしの予後と勘違いしている可能性すらあります。

※ sivad@sivad氏の午後7:22 ・ 2018年10月30日のツイート
ですからね、子どもの甲状腺がんが生涯無症状とか進行しないという根拠がゼロで、医学的には進行は早いのです。そして実際にすでに進行しているのですよ。そこがわからないとトンデモのままです。

※ 林 衛@SciCom_hayashi氏の2018/10/23のツイート
なとろむさん・高野徹見解:臨床的に症状がみつかってからでも生命予後がいい((検診による)早期発見・早期治療は無駄または有害)
甲状腺がん専門医:早期発見・早期治療によって,生命予後だけでなくQOLも向上すると期待できる(被曝小児検診推奨)
どちらが正しい?

※ 名取宏(なとろむ)@NATROM氏の2018/10/23のツイート
sivadさんは、「臨床的に症状を呈して発見される甲状腺がん」と「検診で発見される無症状の甲状腺がん」の区別がついていません。治療しなくても予後が良いと主張されているのは後者。症状が出たら治療する。

2017年05月23日
名古屋大学病院 甲状腺がん手術で男性死亡 

2017年04月06日
甲状腺異常の経過観察受診に怠りがないように 信頼できる医療機関を選んで

2017年01月20日
関東一円 甲状腺異常に注意しましょう

2016年12月14日
千葉県内でも甲状腺異常が多発の恐れ 関東はやはり全域で警戒を

2017年01月26日
甲状腺異常を発症する人はまだまだ増える

2018年10月08日
放射性ヨウ素は甲状腺がんの治療によるものです それだけ増えています

2018年10月13日
神奈川県下にお住まいの方に改めて甲状腺疾患の警告をします

この記事の初出 2018-06-16 10:02:09 追記6/21 10/31 11/22
posted by ZUKUNASHI at 14:13| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。