こんなに遅れている日本: ずくなしの冷や水

2018年06月15日

こんなに遅れている日本

ロシアは消火用航空機、ウオーターボンバーを持っています。ウオーターボンバーが水を撒いている真下から見ています。


ちょうど車外に出て写真を撮っている警官がいました。びしょ濡れ。


慌てて車に戻ろうとしますが、もう水は降りません。雨じゃありませんから。


ここの火災で出動要請したんですね。水のない場所だった? 公的施設だったのかもしれません。


警官は、気を取り直して現場写真を撮りました。


Oops: Plane drops 40 tons of water on traffic police in Moscow suburb by mistake

以上がロシアです。片や日本! 若い方を被ばくさせてこんな人海戦術をしなくても、ウォーターボンバーで一発のはずです。海外では、他の国にウォーターボンバーの出動要請をすることが普通に行われています。


2017年05月10日
浪江町で山林火災 その5 自衛隊員の被曝回避のためロシアの放水用飛行機の救援を依頼すべき
posted by ZUKUNASHI at 00:42| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。