子供向け古本が0.82μSv/h: ずくなしの冷や水

2018年06月14日

子供向け古本が0.82μSv/h

2018/6/14に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

こんばんは。以前にこちらでお世話になった者です。 
某フリマサイトにて、使わなくなった物をいろいろと出品しているのですが、最近売るだけでなく必要な物を購入する事も始めました。
子供が本を購入し届いたので、何気なくガイガーカウンターを向けました。
いきなり0.43μSv/hと出て、0.38、0.25、0.18とウロウロ·····
ちなみに発送元は東京都です。

紙や木は元々高いと聞いた事がありますが、この本の持ち主が移動せずに、311以降ずっと東京にあったのだとしたら、この7年間放射性物質を紙が吸い込み続けたのでしょうかね。
更に2日後、その本の第2巻が届きました。
すぐさまガイガーを向けました所、0.82μSv/hと出て、びっくらこきました。
0.54、0.38。2度3度と計測しましたが、同じような数値で、子供がどうしても読みたいと言うので一度読ませて、もう隠しました。
ちなみに第2巻も発送元は東京都です。(一巻とは別の所)
2冊ともたまたま東京でしたが、東京のどこなのか詳細は不明です。

フリマサイトでは、価格の半値以下で購入できるのでつい購入してしまいましたが、こんな落とし穴があり反省した次第です。
発送元が西日本だとしても、東から移動してきた可能性もありますし、他の素材と違って紙は、吸い込みやすく掃除したり洗えないので、気をつけないといけないです。

しかし、東日本の家庭では、このように放射化した家財道具に囲まれて暮らしているのでしょうか。
掃除をしても汚染が取り除けない場所もあるものですよね。
汚染を懸念している家庭、気にしていない家庭それぞれだとは思いますが、家庭内の線量がどれくらいなのか、他人事ですが気になる所です。

・・・引用終わり・・・

こんにちは 久しぶりですね。お元気でしたか。

その古本は、超濃厚汚染地帯から運ばれてきたものだと思います。東京では、雨の当たらないところでいくらホコリをかぶろうとも、今現在で家財が0.5μSv/h、0.8μSv/hの濃厚汚染を示すとは考えられません。

どんな測定器をお使いになったかわかりませんが、ガンマ線だけ検出するものであれば、ガンマ線が0.5μSv/hあれば、ベータ線、アルファ線も合わせてそれに近い値を示すはずです。

屋内にそのような汚染物を持ち込み、子供にも読ませたのは失敗でした。

本は袋に密閉したまま早急に処分したほうがよいでしょう。

中古品は、注意が必要です。前に私が知人からダッフルズコートをもらい、放射能を測ったところ高かったので知人に返した話を書きました。じゅうたんなども中古品が安いからと言って購入する際には十分注意と警告しました。

消耗品でない日用品は汚染のあるものがまだまだ出回るでしょう。車も濃厚汚染地帯を走っていたものは高い値を示すものがあります。

管理人は、この春、福島県下の中古品販売業者から放射能測定器を買いました。破格の安さでしたのでまず1台購入。新品同様にフィルムでシールがされていることを確認して放射能も測定。

問題なかったため追加購入という手順を踏んでいます。梱包材は玄関先や玄関で開封し、すぐごみで出しました。

オークションも使ってみましたが、これは流通性のないものを西日本から。一度で止めました。

「2冊ともたまたま東京でしたが、東京のどこなのか詳細は不明です。」
そういう発送元が明らかでないものは、開封してはいけません。

セキュリティの面からの常識です。爆弾だったらどうします。今回は爆弾のようなものでしたが。

そのような濃厚汚染の商品を扱っている業者はいずれ自分が発症するでしょう。その人に関しては自業自得ですが、巻き込まれてはなりません。
posted by ZUKUNASHI at 22:30| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ご返信、誠にありがとうございます。
職場や普段会話をする人達には理解してもらえない話題ですので、ご返信に感謝いたします。

古本2冊は、今日がゴミの日なので捨てました。
捨てたとしても、焼却場で燃やされ、燃え殻や煙となって大気中に散っていくのですが、致し方ないですね。
子供には、この本には放射能がたくさんついてるから、この本を近くに置くと体に悪いと言い聞かせて納得してくれましたが、近々同じ本を買う約束をしました。
他の本は読んで大丈夫?と聞いてくるので、少なからず私の影響は受けていると思います。

消耗品ではない日用品。そうですよね。
長期間家の中で被曝し続ければ、いずれは体のどこかの何かに影響が出るでしょうね。
無知というのは、罪です。
たかが本、されど本。汚染の本が届いた時、私は不在で、子供は本だと気づき、ビリビリと破いて開封したようですし、
汚染本をテーブルの上に置いて宿題をしていました。
本当に目に見えない爆弾です。

いつも様々な情報を、どうもありがとうございます。
今後も勉強させて頂きます。
Posted by カサブランカ at 2018年06月15日 18:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。