日曜の朝午前4時、繁華街の路上で知らない男たちから声を掛けられ20代の女性がついていくものなんですか: ずくなしの冷や水

2018年06月14日

日曜の朝午前4時、繁華街の路上で知らない男たちから声を掛けられ20代の女性がついていくものなんですか

日刊現代2018/6/12
富山20代女性を8人で陵辱 (抄)
 路上で声を掛けた女性を富山市内のアパートに連れ込み、集団で性的暴行を加えたとして、8人の男が11日、強制性交等の疑いで富山県警に逮捕された。
(略)
10日午前4時ごろ、富山市内の繁華街の路上で8人のうち数人が、酒を飲んで帰宅途中だった女性たちに「もう一軒行こう」と声を掛け、一緒に飲食店に入った。すっかり夜も明けた早朝6時前、1人の女性に「家まで送ってあげる」と言って車に乗せ、女性の自宅ではなく仲間の1人が住むアパートへ連れて行った。
(略)
女性はアパートを出た直後、携帯電話で「見知らぬ男たちにアパートで乱暴された」と110番。すぐに駆け付けた捜査員が、付近にいる数人の男を発見。職務質問したところ、一部容疑を認めたため、すでに現場を離れていた連中にも任意同行を求めたという。

・・・引用終わり・・・

「10日午前4時ごろ」ですから日曜の朝午前4時です。繁華街の路上で知らない男たちから声を掛けられ、20代の女性がホイホイと飲食店についていくものなんですかね。

富山だけではない? 今はそうなんですか?

前に若い男性が酒に酔った女性を介抱し自室に連れて帰って休ませてやったら、女性が目が覚めて、驚いて部屋を飛び出し、警察に通報したため介抱した男性が取り調べを受けた話がありました。

管理人は深夜はおろか宵のうちでも飲み屋の並ぶ繁華街には行きませんが、若い女性には近寄らないのが良いようですね。

昔通勤していた時に、目の前に妊婦が立っていればよく席を譲りましたが、無言で座る人が多かったです。通勤しなくてもよくなったころから無実の痴漢事件が増えたように感じます。

上のような夜遅くまで飲酒して深酔いし自分のやっていることが分からなくなってしまう女性が多くなっていることは、紛れもないところのようですから、そういう生活習慣を好ましいと思わない若い男性の中には結婚しない人増えるんじゃないでしょうか。

被ばく問題に関連して若い主婦の行動や発言を見ていると、面倒なことは嫌、今が楽しければそれでいいじゃないという方が圧倒的に多いと感じます。

フェミニズム論者のご所見を伺いたいところです。好ましい世の中の流れなんですかね?

・・・・・

2018/6/14、横浜にてさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

こういう記事はどちら側の気持ちで書くかで同じことでも受ける印象が全く違ってくるように思います。
女性側と男性側でもかなり言い分は異なるのではないでしょうか?

どちらにしても誰でも被爆の影響は受けていると考えなくてはいけないように思います。
朝4時まで飲むにしても、それをしようと思ってしたのか、途中睡魔に襲われて帰れなくなって4時になってしまったのか本人にしかわかりません。

そして、帰る途中数人の男性に取り囲まれたら、逃げたくても逃げられない状況だったのかもしれません。
1対1でもレイプされる場合があるわけだし、電車内で痴漢にあっても恐怖で声もでない・・ということも多々あるわけです。
「なぜ逃げずについていったのか?」というのは、強者側の考えなのかもしれません。
そして、男性側は多数いることで女性を自由にできるという動物の欲望を抑制する力が更になくなっていたのでしょう。

また、もし女性が自らついていったとしたら、それは快楽を求めているから・・という考えはなにか違うように思います。
複数の男性に囲まれて、自分がいい思いができそう・・なんて思う女性がいるでしょうか?
普通なら命の危険を感じるはずです。

「自分なんか価値がない。自分なんかどうなってもいい。少しでも必要としてくれる人がいるならそれでいい」という援助交際をする女子中高生のような気持ちがあったのではないかと思ってしまいます。
日本の若者は自己肯定感が低いといいいます。
先日の新幹線で刃物を振り回した若者は、「自分が誰からも必要とされていない」という気持ちが凶行に向かわせたのではないか?と言っていた人がいましたが、私もそんな気がしています。
(もちろん、だからといって許されることではないのですが)
自分を必要としてくれる家族、友人、会社仲間、趣味の仲間・・それが誰であってもいいのですが、
どこかにいてくれたらそれが一番の抑止力になるはずということを言っていました。
だから、どんなに持ち物検査をしても無理なのでは?という話でした。
誰も周りにいなかったら、社会が救ってくれる。それが本当の国なのではないかと思います。

もしかしたら、この女性も、新幹線で凶行に及んだ若者も、目黒区で虐待死した5歳の女の子も心が求めていたものに共通点があるのではないかと勝手に思っています。
posted by ZUKUNASHI at 13:30| Comment(2) | 社会・経済
この記事へのコメント
チェルノブイリでは被曝による中枢神経障害、人格崩壊、考えが甘くなるなど指摘されているので、明け方まで飲んでいるようなら被曝の影響もあるのでは?
Posted by JJ at 2018年06月13日 06:38
私も 横浜にてさんと、ほぼ同意見です。

Posted by サキ at 2018年06月15日 18:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。