危機深い地方新聞: ずくなしの冷や水

2018年06月10日

危機深い地方新聞

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/6/10のツイート
広告出してくれる会社、原発関係大手ばかりですからね。背に腹は変えられないのでしょう。東京新聞のように「購読料」で新聞やっているわけでないですからね。県民の記事にならずブラック企業優先ご都合記事なるのは当たり前。

※ マッツ @VirginBlade_aki氏の10:06 - 2018年6月10日のツイート
新潟選挙を取り上げてる新潟日報が20分前に、候補者の最後の訴えをツイートしていたが、池田ちかこさんの事だけ、ツイートしなかった。
自民党に買収されてる新聞社が、取り上げない候補が、真の原発再稼働を阻止してくれる候補なのだ。
今まで、脱原発の新潟知事に、酷い扱いをしたのは、新潟日報

・・・引用終わり・・・

ブログを運営していて、地方でのネット利用水準はまだまだ低位だと感じます。

インターネットの普及率、利用率については、都道府県別にそんなに大きな差があるわけではありません。

成29年版 情報通信白書 第2部 基本データと政策動向
第2節 ICTサービスの利用動向、(2)インターネットの普及状況、イ インターネットの利用状況 から



利用目的では、電子メールの送受信がトップに来ていますが、年配層では親族と連絡を取り合うような場合でもなければそんなに頻繁にメールのやりとりはないはずです。

特に用もないのにメールを頻繁にやりとりするのは、若い人ですし、惚れた腫れたと熱烈メールをやりとりするのは不倫も含め出会いの前後の一時だけです。そうでない年配層はメールが来ても週1回程度の頻度が多いはずです。(年配者は自分が発信するときだけメールソフトを立ち上げ、送信が終わったらメールソフトを閉じてしまう自分勝手な人もいます)

図表6-2-1-7 年齢階層別インターネット利用の目的・用途(複数回答)


上のグラフでは、ホームページの閲覧の割合が低いです。しかも、これらのホームページの多くの部分はアダルト、レイシストサイトです。ソーシャルネットワーキングの利用は、中年以上ではネットウヨ活動をやる人が多いはずです。

ニュースサイトの利用が相対的に高くなっていますが、これは紙媒体に比べて速報性に優れているからでしょう。地方ではいまだにぜいたく品の紙媒体の新聞を購読し続けている人が多いのです。地元の訃報などは紙媒体の地方紙でないと情報が得られないとの理由で。

今のネットメディアの利用に慣れた世代が次第に社会の中核層を占めるようになったらどう変わるでしょう。彼らは、リアルの社会事象の裏をネットで得るようになるでしょうか。

そうなると、遅くて高い、嘘情報の多い紙媒体の新聞などの情報メディアの相対的な地位はさらに低下していくでしょう。すでに夕刊は、地方紙、全国紙でも情報媒体としての価値が消えつつあります。

新潟日報は地方紙としては大手です。ですが、ここ数年の県知事との確執を見ていると、どこかから強い支援が入っているのではないかと疑われます。そこまで追い込まれているということではないでしょうか。

このブログでは、身近な問題、特に卑近な問題を取り上げた記事への読者の反応は、はっきりと分かれます。女性へのセクハラ問題には原因者糾弾の声が多く寄せられますが、不倫問題については全く反応なし。

地域の汚染問題を取り上げた記事は、関東に関してはそれなりのアクセスがありますが、地方の汚染問題を取り上げた記事は、ほとんどアクセスがありません。関心がない? 読んでも理解できない? 嫌な情報は読みたくない?

では、不倫と汚染を絡めるとどうなる??

2018年06月08日
援助交際女子大生が新潟の人々を殺すことになるか 罪深い援交当事者は、そこそこアクセスがありましたが、これは見出しにつられたアクセスです。

手持ちの深刻な汚染データを公開しましたが、コメントは一件もありません。自分にかかわる深刻な話には、コメントがないのです。

福島県で梅毒患者が急増中」の記事の反応は1件だけでした。世の中の動きに関する情報収集のため出会い系サイトを巡回しているという読者のコメントです。うーん、ほんとか?と思われたでしょうが、この方の置かれた状況からすると、日本での出会い系を漁ってもそもそも来日する機会も乏しいらしいので実践はほとんどないと思われます。

他の読者はどっきりしてこの記事を閉じて、口をつむんでいる人が多いと見ています。どうです? 図星でしょう!!
posted by ZUKUNASHI at 12:53| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。