2018/6/9〜 各地でスパイク: ずくなしの冷や水

2018年06月16日

2018/6/9〜 各地でスパイク



前橋市、みどり市





関東で局地的に雨が降っています。それが原因の可能性。






やはり福島第一原発から放射性物質が飛んでいます。雨は上空の放射性物質をサンプリングして地上に運んでくれます。


福島第一原発に近いところほど降雨に伴う空間線量率の上昇が急で大きいです。午後11時現在、埼玉と東京でも降雨がありますが、わずかな上昇にとどまっています。


6/10に日付が変わるころ、海老名市でスパイクがありました。今日はいわき市でスパイクが見られます。

今日は各地で降雨が見込まれています。上空の放射性物質の滞留具合に応じ線量率の上昇があるでしょう。


最新の画像はこちらでご覧になれます。















秋田県の由利本荘で線量率が上がっています。大仙市は上がっていません。降雨によるものだとしても距離的にはF1からは茨城南部と同じくらい離れています。


2018/6/12 12:18現在飯山市でランプ点灯。降雨のある地域は程度の差はあれ放射性物質が降下しています。





管理人自宅、昨晩からスパイクが立っています。


各地でスパイクが立っています。10分値で示される規制庁のグラフでは分かりませんが、私設MPの値では頻繁に出ています。
posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。