千葉大でCT画像診断ミス、2人死亡: ずくなしの冷や水

2018年06月08日

千葉大でCT画像診断ミス、2人死亡

※ 共同2018/6/8
千葉大でCT画像診断ミス、2人死亡
 千葉大病院でコンピューター断層撮影装置(CT)の画像に関する診断ミスが9件あり、患者2人が死亡していたことが8日、厚生労働省への取材で分かった。

※ 日経2018/6/8 13:13 (2018/6/8 13:57更新)
CT画像見落とし2人死亡 千葉大病院
9件中4件、診療に影響
 千葉大病院(千葉市)でコンピューター断層撮影装置(CT)の画像に関する見落としなどのミスが9件あり、うち4件が診療に影響を及ぼし、患者2人がその後死亡していたことが8日、千葉大や厚生労働省への取材で分かった。
 千葉大によると、診断ミスがあったのは30代から80代の男性患者5人と女性患者4人。このうち腎がんだった60代女性が昨年12月に死亡。肺がんだった70代男性が昨年6月に死亡した。がんなどの症例で画像の見落としがあった。
 複数の共通する原因があり、診療科の医師が放射線診断専門医の作成する画像診断報告書を十分に確認していなかったケースなどを明らかにした。
 記者会見した山本修一病院長は「患者や家族の皆さまに多大な負担を掛け、おわび申し上げる」と謝罪した。
 千葉大病院は、高度な医療を提供する能力があるとして、厚労相が個別に承認する特定機能病院の一つ。ホームページによると、病床数は850。勤務する医師は、歯科医を含め約780人。入院患者は約710人(1日平均)で、外来患者は約2140人(同)。〔共同〕

・・・引用終わり・・・

普通、CT画像、MRI画像による診断は、一定の経験を積んだ医師が複数で精査して判定するとされます。「診療科の医師が放射線診断専門医の作成する画像診断報告書を十分に確認していなかった」というのはおかしいです。そんな作業分担では他の診断方法によるデータも含めて総合的に判断できるはずがない。

しかも、診断ミスが9件も。千葉市内の病院ではこのところ医療ミスが続いています。

病院には行かなくて済むのが一番!

2016年01月05日
病院が怖い 千葉は医師らに脳神経障害?? とうとう来たか
posted by ZUKUNASHI at 17:48| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。