軽井沢、那須、鎌倉の汚染を知らない人はまだいるでしょうね: ずくなしの冷や水

2018年06月06日

軽井沢、那須、鎌倉の汚染を知らない人はまだいるでしょうね

※ itou kino @ItouKino氏の2018/5/22のツイート
軽井沢の住民が教えてくれた
311の時、政治家や経済人の家族達がわんさと押し寄せ、潮が引いたように去って行った
その後、たくさんの別荘が売りにだされたが、高額で買い手が付かない
困った町は戦前から続く規制を緩め、小さな区画でも売買できるようにした
で、今はバブルっぽいんだって 続

※ itou kino @ItouKino氏の2018/5/22のツイート
でもね、某総理も通う有名レストランの石焼釜のマキは、軽井沢の物じゃないんだ
わざわざ他県から取り寄せてる
シェフがイタリア人でチェルノを知ってるから

軽井沢に憧れて入って来る人は多いけど、ここも汚染されてるって事は知らないんだろうな、って

・・・引用終わり・・・

軽井沢、那須、鎌倉に別荘や住まいをお持ちの方は、別途リスク情報の供給を受けておられるでしょうから、汚染について知っています。

軽井沢に逃げた人は、現地で被爆した恐れがあります。2011/3/15に午前10時ころから東寄りの風が吹いています。強いプルームは夜になってから流れ込んだとみられますが、この時に弱い雨があり濃厚汚染が生じました。

軽井沢、那須、鎌倉ではいずれも不動産の売り物件が増えたとされています。
posted by ZUKUNASHI at 12:10| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。