知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 3: ずくなしの冷や水

2018年06月03日

知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 3

知りたくなければ知らなくても良いんですが お子さんに対する義務は果たせません 2 の続き
図1 右側が管理人が収集した野生きのこの放射性物質濃度の分布、左側がTeppei Yasunari氏によるシミュレーション結果

図2 左側が規制委員会公表の空中測定マップ


8 長野県では、焚火、落ち葉焚きの自粛を指導しました。これは大変優れた判断です。地方では、庭木の剪定屑などを露天で焼却する例があり、針葉樹の葉には放射性物質が多量にとらえられていることがありましたので、これを燃やした焼却灰の放射性物質濃度は大変高くなっています。これを開放状態で放置した場合風と共に舞い上がり周辺に飛散してその地域の線量率を上げる例が見られます。この焼却灰が開放状態にあったり、畑の土にすき込まれていた場合は長期間にわたって飛散し、周辺の線量率を引き上げることがあります。渡良瀬川調整池のヨシ焼きは天下の愚行です。

9 千葉県については、管理人は各地に立ち入って調査しました。敵の本丸我孫子にも入りました。松戸、市川、浦安、船橋、鎌ケ谷、千葉、市原、佐倉、八街、山武、成田など。その結果、線量率の絶対水準は別として、各地の相対的な線量率水準はおおむね規制庁の空中測定マップの階層区分ごとの水準に沿ったものとなっていると考えています。

管理人は、市原市の現地調査でポンコツのGMサーベイメーターを使用して1万cpmを検出したことがあります。管理人がMAZUR PRM9000を購入してから各地でこれを使って測りましたが、最高は250cpm程度にとどまっています。

1万cpmはこの40倍に当たりますが、その後の調査で超ホットスポットは消えたものの周辺の歩道の広い範囲で100cpm超を記録したりしましたので、それが100か所分集約すれば1万cpmです。今ではあの1万cpmは間違いではないと考えていますが、原因物質はなんだったのか、今なお謎です。とにかくそのような物質が100mくらいの長さに渡って降下していた、SOEKSで地上1mの高さで測ってもそこでは空間線量率が高かったという事実は残ります。

つまり、そのような高線量率の場所が東京からの通勤範囲にありうるということです。管理人が遭遇したのは1か所だけですが、他にもあるのかもしれません。ベータ線が主体ですからあなたの庭の隅にこのような場所があっても気づかないで何年も経過するということはあります。あるいは屋根の上に落ちていて少しずつ流れ出ているかもしれません。雨どいから流れて庭に広がることもあります。

10 長野県は、規制庁マップで北部と東部に濃厚汚染があります。北部は群馬県経由で流入したものとみられます。軽井沢の汚染は知られています。軽井沢から南へ小海線沿線も強い汚染があり山梨県北西部につながっています。これらの地域には高原野菜の産地もあります。

Teppei Yasunari氏によるシミュレーション結果は、長野県と新潟県の南東部に関して過少評価になっているようです。長野県の野生きのこは少なくとも北半分については汚染が見られます。大町市のあたりは花崗岩地質で自然放射能との説もありますが、北アルプスの頂上近辺には強い汚染があるとされており、その山麓に影響が及んでいる可能性はあります。

長野県の規制庁マップで汚染ありとされた地域、その地域に隣接した地域は注意が必要です。意外に高いところもあるでしょう。

11 富山県
規制庁マップで確認できますが、富山平野の真ん中に汚染地帯があります。一時帰国中の読者が2011/3半ばにいったん富山県に避難して出国、帰国後に体調不良を生じた例があり、プルームの襲来が確認できました。襲来時期は2011/3/15です。

魚津や入善のある突き出た部分はプルームの通過地域です。意外に高いところもあり得ます。福島第一原発事故後それほど年月が経過しない時期にこの地域で空間線量率を測定した旅行者が相対的に高い空間線量率を記録しています。

またこの地域は、志賀原発から放出された放射性物質が北に流れる際の通過地域にもなります。最近の旅行者が高い空間線量率を経験して驚いていました。志賀原発は蓋を開けたまま臨界させるというトンデモ事故を起こしており、常時放出量の多い劣悪原発です。管理人は能登半島への旅行はお勧めしません。

富山県はきのこの汚染調査結果を出しませんでした。新潟県の糸魚川で栽培きのこから高い汚染が検出されています。



12 新潟県
群馬県と接する魚沼地域には汚染地帯があります。Teppei Yasunari氏によるシミュレーション結果は、新潟県の南東部に関して過少評価になっています。
新潟県の北部、下越地域では会津に接する国境付近から新津辺りまで高汚染が続いています。それよりも北の地域は山形県境に至るまで濃淡の差はあれ高汚染地帯があります。

この県北部の高汚染について、当時の泉田知事は自然放射能だと当時の担当部局に申し入れた経緯がありますが、空中測定で上空まで届くようなガンマ線は何なのか、という疑問があります。仮にウラン系列の子孫核種、例えばラジウムなどが福島第一原発事故により拡散降下沈着したセシウムなどと比肩するほどのガンマ線を出しているとしたら、これは大変なことです。何年経過しても減らないことになります。

この新潟県北部のガンマ線の多さは、福島第一原発事故により降下した放射性物質によるものと考えるのが妥当です。新潟駅前の広場の路面でインスペクター直置き0.27μSv/hという測定例があります。西船橋の住宅地の水準と同じです。新潟駅前でこの水準だということは驚きです。

最近の読者の情報では、五泉市と加茂市の境界線にある標高1,000m余の白山に上った人が山頂で0.2μSv/h程度の線量率を計測しています。まだ残雪があるとのことですから、雪がなくなれば計測値はさらに上昇しているでしよう。 2013/4/10、新潟市役所前で地上高1m程度で0.21μSv/hを検出した方もおられます。


新潟県は、多くの地域で福島第一原発事故由来の放射性物質の降下があり、線量率が高くなっているとみられます。人口動態の指数では、新潟市西部から柏崎市に至る新潟2区の悪化が目立ちます。南西の季節風の際に柏崎刈羽から放出された放射性物質が通る地域です。
小挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
福島2 郡山市 0.94 1.06 -0.12 -0.22 -0.34
神奈川8 青葉区 0.95 1.08 -0.13 -0.20 -0.33
神奈川5 戸塚区 0.98 1.06 -0.08 -0.24 -0.32
東京24 八王子市 0.94 1.06 -0.12 -0.20 -0.32
埼玉9 狭山市 0.98 1.05 -0.07 -0.24 -0.31
神奈川17 小田原市 0.92 1.02 -0.10 -0.21 -0.31
東京23 町田市 1.00 1.03 -0.04 -0.27 -0.31
新潟2 柏崎市 0.94 1.06 -0.12 -0.19 -0.31
東京25 青梅市 0.94 1.04 -0.10 -0.20 -0.30
福島1 福島市 0.97 1.05 -0.07 -0.22 -0.29

posted by ZUKUNASHI at 20:23| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。