福島第一原発事故直後の高汚染食品の代表格は露地葉物野菜と牛肉です: ずくなしの冷や水

2018年05月31日

福島第一原発事故直後の高汚染食品の代表格は露地葉物野菜と牛肉です

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/5/29のツイート
この頃は http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001tlmp.html … 岩手県の牛肉でも500Bq/kg越えていたんだよね。
この頃の食品基準
放射性ヨウ素131 2000Bq/kg
セシウム基準  500Bq/kg
恐ろしい数字だ。

・・・引用終わり・・・

この頃というのは、2011/8/31に「食品中の放射性物質の検査結果について(第176報)」が出た頃のことを指します。

牛肉を食べて異変を生ずる人の例が報じられました。100g食べても50ベクレル。福島第一原発事故直後に被災地に近い産地の牛肉を食べた人は多いでしょう。

かなり高い確率で体調不良、身体症状が出たとみられます。

関西には、関東から放射性物質の付着した露地葉物野菜が送られました。安いからと言ってこれらを食べた人は身体症状が出る確率が高いのです。関西は牛肉消費も多く、人口動態が悪いのはなんら不思議ではありません。
posted by ZUKUNASHI at 13:50| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。