掛け捨て生命保険の還付金が5年でゼロに: ずくなしの冷や水

2018年05月31日

掛け捨て生命保険の還付金が5年でゼロに

2018/5/30に寄せられた投稿を掲載する。掛け捨ての生命保険なら1年ごとの収支([保険料+運用益]と[保険金+事務費]の差)で還付金が決まります。運用益は短期運用しかありませんから10年以上前からほとんどゼロ。

還付金が少なくなったということは、保険金の支払いが多くなっている、保険事故率が上がっているということにほかなりません。引用開始。


私は掛け捨ての団体生命保険(死亡)に入っています。年度初めに一括で支払い、年度終了後に還付金が戻ってくるタイプです。

5年前までは、掛金約50Kで還付金が約12K戻りました。
それが、その後、戻ってくる還付金が次のように変化してきました。(掛金:一定)

 5年前 約12K
 4年前 約5K
 3年前 約2K
 2年前 約0.2K
 1年前 約0.03K
 今年   0

数字の示す現実は冷徹だと思わざるを得ません。

・・・引用終わり・・・

「今年」は2018年ですから2017年度の収支決算に基づくものです。5年前は2012年度の収支決算に基づくものです。
posted by ZUKUNASHI at 12:47| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。