エバ・バートレット 1: ずくなしの冷や水

2018年06月07日

エバ・バートレット 1

エバ・バートレットのブログの英語はやさしくて読みやすいです。
中学生くらいなら読める? 高校生かな? お勧めします。

Eva Bartlett Talks ‘Douma Reality’ on The Jimmy Dore Show
June 4, 2018 By 21wire 0 Comments

What happens when the entire mainstream media are in lockstep with NATO member states on the ‘WMD’ narrative? Recent history demonstrates this is usually a prelude to war.
Informative interview by US-based TV host Jimmy Dore with independent journalist Eva Bartlett, talking about her experience on the ground in Syria and how hers and other journalists’ findings tell a completely different story than what the US, UK and France are claiming – about what really happened this past April in Douma, Syria. Watch:

2018年05月28日
Eva Bartlettが記録したシリア市民の証言

2018年05月28日
世界で女性ジャーナリスト、アナリストが活躍

2018年04月07日
シリアの真実 エバ・バートレット

2018年03月26日
エバ・バートレット グータに関する西側の戦争宣伝は強まっている

エバ・バートレットのサイトに載っている彼女の集合写真です。シリアでは彼女は一般の方にもよく知られたジャーナリストなんですね。

モナリザに似ているという人もいるほどきれいではありますが、それだけではない。テレビにも出ていますが、活動経過の報告はネットです。老人から子供までもが、彼女を歓迎しています。

IN GAZA






これが彼女の現地活動の真実性を証しています。

最後の写真はエババートレットがマダヤの市長に話を聞いたあと昼食を共にしているところです。灰皿、ワイングラスが見えますが、ワインを飲んでいることはなく、何かのジュースではないでしょうか。別の写真で見ると、この画像の左端にエバ・バートレットが、右端に市長が座っています。September 26th, 2017の記事ですから形勢が変わってきたといってもまだ緊張は解けていません。向こう側の二人の壮年男性がどんな役なのかわかりませんが、特に正面の男性の雰囲気は迫力があります。日本人にはこんな親父はとんと見かけなくなりました。



エバ・バートレットはすごいです。彼女のインタビュー記事を読むと、その場の雰囲気が私の頭に浮かびます。誇張もなく、淡々と尋ね記録している、そして事実の重みを読む人に伝える。管理人の街頭インタビューでは相手の社会経験を推測しつつその人が答えたくなるように問いを考えながら進めます。なかなか難しいものです。

シリア内戦の実情を伝える面での若い女性の活躍が目立ちます。シリアは様々な人種が共存していたと言われます。社会的に女性の活躍を受け入れる意識があったのではないでしょうか。



わずかながら寄付しようとしてPaypalを開けたら、jpからは受け付けていないと。日本人が寄付するなどとは毛頭期待されていない。そうなんでしょうね。
posted by ZUKUNASHI at 13:58| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
ずくなしさんのブログ、2011年当時から拝見しています。

時間がなくしばらく遠ざかっていましたが最近また
訪問させていただいています。
上記のバートレットさんへの寄付がPayPalで受け付けられなかった件ですが
現在日本のPayPalアカウントでは今は個人あての送金はできなくなっていますので
そのせいであるかと推測します。
個人間の送金は海外のアカウントでは普通に出来、また利用促進の目的もあって
PayPal側もそれを推進してもいるのですが。
おそらく日本ではお役所のくだらない規制があって出来ないのでしょう。

ところで、
PayPalのお話が出たのでお聞きしたいのですが、海外からではゆうちょへは
入金困難なのでカンパできません。もしPayPalアカウントをお持ちならPayPalへの
カンパは可能でしょうか?
Posted by suzuran at 2018年06月07日 05:22
こんにちは
私のPayPalアカウントは、リアルタイム測定システム用の機材を個人輸入するために作りました。中国製の中古パーツやロシア製の測定器も米国のほうがずっと安いのです。
PayPalアカウントは、単に送金するだけなら作るのは簡単ですが、受け取ることもやるには手続きが別に必要なようで、まだ手続きをしていません。リアルタイム測定システムの維持や増設のためには広く寄付を受け入れられるようにしたほうが良いですね。
折を見て手続きをします。ありがとうございます。
Posted by ずくなし at 2018年06月07日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。