クレーム集中日とその翌日、翌々日: ずくなしの冷や水

2018年06月01日

クレーム集中日とその翌日、翌々日

2018/5/29はニュースが多く、あっちを見たりこっちを見たり忙しくしていました。

システム発送直後ですからいろいろな照会が入ります。昨日から前兆はありました。
「マカフィーウィルススキャンの更新指示が表示されたのですが、指示に従って更新作業進めてよいですか?」
管理人がマカフィーのアンインストールを忘れていたことが発覚。そんなことはおくびにも出さず「何か月かすると有料になりますから今のうちに外しましょう」と言ってアンインストールしてもらいました。

ちょっと難度が高かったのは、キーボードなしでスティックパソコンの無線LAN暗号キーを入力する方法です。
「一番右にmicroSDの差込口があります。ここの凹みを強く押してください。そうするとmicroSDが入っていれば飛び出てきます。ばねが強いので紛失したり目に当たらないように注意。ここにmicroSDを抜き差しすると書類挟みのアイコンから表示される左側の項目が変わります。」

@ 既存パソコンでメモ帳を開きます。
既存パソコンのメモ帳はWINDOWSマークを左クリックすると表示されるプログラムの中からWindoews アクセサリー を開くとその中にありますからそれをクリックします。

A メモ帳に無線LANの暗証番号を打ち込みます。
45689277 とかの暗証だけで良いです。

B メモ帳の左上「ファイル」を開けて名前を付けて保存します。
名前はpasswordとでもしましょう。なんでもよいですが、保存する場所は左側に表示されるものからSDカードを選んでください。

C 保存が終わったら、SDカードを抜いてスティックパソコンに挿します。

D スティックパソコンで書類鋏みのアイコンをクリックしてフォールダーを開きます。この中にSDカードが表示されますからそれをクリックし、その中にあるpasswordという名前のファイルをクリックします。開くソフトは何でも構いません。

E 右下のテレビのアイコンをクリックして、無線LANの設定をします。暗証番号を入力するときは、passwordという名前のファイルに書かれた番号をコピーしてに入力欄に貼り付けます。
それで完了です。(うまくいったようでした)

この器械の管理者は若い方です。急速にパソコンに親しみ、要領をつかんでいきます。次は表計算やワードの扱い方に慣れてもらうことですが、(確か)Livreのオフィススイートをインストールしたはず。してなくても簡単にやってもらえるでしょう。

そして翌29日。この日は、夕刻になってクレームメール集中。リアルタイム測定装置関係で約20本のメールが届きました。

中には、私、昔これに似た仕事していたよ! という人も。

それなら早く言ってくださいよ! ソフト何を入れるかお伝えして器械だけ送ったのに! 昔を懐かしみながら楽しめたのに。

綿密な方は、私がデフォルトを自分好みに直したところにすぐ気づき、おかしい、他と違う。リセットしても直らないよ!

すみません。テストのときに自分好みにアレンジしていました。リセットのボタンからお好きなように変えてください。

器械に通じた方は、ちょっと「ここから入って・・・」というとすぐご自分で調整します。

器械を引き受けると面倒なセットアップがつきもののはずと渋っておられた方は、さっさと設置して、あそこのガラクタの放射能が高いようだから、今度片付けなければ、と。

ガラクタとそのホコリを片付けるのが嫌で渋っていたの? 私の古いパソコン廃棄処分と同じですね。まだお若いのに! という例もありました。

部品調達で私の示したものがパソコンの端子とサイズが合わないとクレーム。すみませんね、2mmか3mmかメジャーの細かい目盛りがもう読めないんですよ。

そして極め付きは、ソフトが止まって原因不明。稼働停止。リセットしてもダメ。メールサーバーが拒否するほどの長大なログファイルが送られてきました。

見てみたけどわかりません。それならもうソフトをいったん外して再インストールしかありませんね。手順をお知らせして、再インストールまではすんなりこなしていただきました。

ですが、その先の設定が難しいのです。手元に1セットはないとこういう照会に答えられないと、この前1台セットアップしたのですが、この時は泣かされました。ソフトのバージョンアップがあって、デフォルトが変わっていたようなのです。

何十とある設定項目をいろいろいじってようやく動くようになったものの、これを文章で書くのは大変難儀です。

画面キャプチャーソフトを動かして必要な設定項目のページのチェックの入れ方、指定の仕方を11枚の画像にとってマニュアルを書きました。

あーあ、大変だった。このマニュアルで解決できなければ器械を交換します。これが奥の手。

・・・・・

2018/5/30夜、修復作業再開。マニュアルを見ながら進めてもらいます。いくつか質問がありましたが、パソコンの名前に関するものなど。

運営者にとっては細かい神経を使う作業です。途中休憩をはさんで大体設定が終わったようですが、エラーが出ていると。作業を終えて起動されていました。このエラーは、ネットを経由してアプロードできないことによるものです。ブラウザーは動く。設定に戻ってtestボタンを押してもらいます。つながらなかったようで、設定を見直してくれました。

ほどなくして、グラフがアプロードされるサイトを見ると稼働しています。ほぼ同時に修復成功との連絡が入りました。

運営者はとても勉強になったと言ってくれました。私も自分のマニュアルに自信を持ちました。

運営者の皆さん! これからソフトが不調になった時は自力回復をお願いします!(希望の表明です)

おそらく管理人が作ったマニュアルが現時点ではSHAREXの最新版の設定に関しては最も詳しいものの一つでしょう。詳しい説明のあるサイトを探しましたが、見つからなかったのです。

遠隔助言でここまでやれたこと、やってもらえたことに自分でも少し驚いています。

2018/5/31、今度はGC10本体かソフトが異常を起こしました。


季節的にスティックパソコンが過熱して暴走している可能性ありです。中国製のアルミヒートシンクを手配してありましたので、急いで配布します。

私設空間線量率モニタリングポストを見るとわかりますが、24時間連続稼働を何か月も続けるというのはやはり負荷が大きいのでしょうか。停止中の測定ポイントが増えるのも無理ないのかもしれません。

GC10モニターの不具合は、再起動で解消しました。

5/31の不具合も収まり、落ち着いたところでクレームメールの来なかった別の運営者と連絡をとったら、「クレーム集中日」の記事を読んで自分もクレームありと思っておられたのこと。知っています。グラフが止まっていましたね。

電池なくなっていないでしょうか? そしてコードをつなぎなおしてみてください。

1時間ほどしてグラフが動き出しました。運営者は実直、誠実で研究熱心な方です。管理人は、自分の管理するRDS20Aの電池が切れて過去のデータを失ってしまったところだったのです。運営者は以前から電池が切れたのは知っていたと、それで電池を前に入れ替えた? なら、なぜ今動いたの??

管理人は、まだ宿題を抱えています。ホットスポットファインダーのデータの処理・分析を言いつかっているのです。これも細かい仕事でkmlファイルの作り方をすぐ忘れます。思い出すのが面倒でついつい後回しに・・・。老化というのはそういうことです。

2018年05月19日
パソコン教室・機材譲渡始めました
posted by ZUKUNASHI at 16:03| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。