2018/5/28夕、日本海側でスパイク 5/30大垣市スパイク: ずくなしの冷や水

2018年05月31日

2018/5/28夕、日本海側でスパイク 5/30大垣市スパイク

2018/5/28夕、各地でわずかですが降雨が見られます。九州は少し降雨がありました。

日本海側でスパイクの立っているところがあります。



福島県下でだいぶ飛んでいるようです。


2018/5/30は中部地域で降雨 上昇幅は小さいです。やはり、放射性物質を含んだ気流が流れてきているかどうかで上昇幅が左右されます。




なんで大垣市で鋭いスパイク?




千葉県北西部でもスパイクが出ています。降雨が始まりました。

このグラフ画像は、読者から寄付を募りボランティアにより運営されている私設モニタリングポストのものです。


最新の画像はこちらでご覧になれます。





福島県南部では何かの焼却が行われているようです。


注目の岐阜県、恵那市でまた大きく上がっています。東だけでなく西にも流れているようです。
posted by ZUKUNASHI at 15:47| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。