日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 2: ずくなしの冷や水

2018年05月20日

日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 2

2018/5/19、横浜にてさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

安保法や9条の街頭署名をしていると絡んでくるのが、この年齢層です。
そう言えば、わざわざ若い人が絡んでくることはなかったです。(無関心なだけ?)

私の感覚では、ネットは使えないけどもう少し高齢者(80代など)も多いのでは?
「中国が攻めてくるから9条は変えなきゃダメ」とかよく言ってきますね。
戦争の時は子どもで、たまたまさほど大変な思いもせずに通り抜けてしまった人達かも。

自分の両親からも「戦争は絶対にしてはいけない」と言われた覚えはないです。
肯定はしてないと思いますが、絶対にダメとまでは思っていない老人って結構いるように思います。もう、自分は行かないからかな?

「孫には戦争に行かせる。」と言ってたおじいさんもいました。
何かの修練みたいに思ってるのでは? 老人だから想像力があるなんてことはないです。

どれだけ、自分のこととして考えてきたかで決まるわけで、話をすると、小学生のほうがずっと理解力があったりします。

・・・引用終わり・・・

お書きになったこと私は良く分かります。

「絡んでくるのが、この年齢層です」
この年代層は、日々変わっている世界情勢などが理解できていないのではないでしょうか。特に、歴史と関連付けた現代の位置づけなど。

日本人は歴史の年表的な勉強はするでしょうが、なぜそうなったのかという歴史のダイナミズムは学校では教えません。

卒業してもそんな議論に触れずとも社会人として通用します。加えて、外国人と接することもない。

ですから「安保法や9条の街頭署名をしている」人がいると不審な行動、自分の理解を越えた活動をしている人として不安に思うのだと思います。

「中国が攻めてくるから9条は変えなきゃダメ」
という人は、自分たちが先の大戦中にやったことをある程度知っている?

経済的な相互依存関係が強まっているのにそんなことをしたら共倒れです。これも時間が止まっているのでしょうね。

「もう、自分は行かないから」というのはありますね。私の友人は、何ごとにつけても自分は逃げられるか、逃げ切れるかという観点から見ていました。付き合い辞めましたけど。

中年以上の人は、自分が戦場に送られることはないと思っているでしょう。確かに日本の中年以上の男女は戦場では使えません。体力的にも兵器等の操作技術でも。

「孫には戦争に行かせる。」と言ってたじいさんは、何かの修練みたいに思ってる面もありましょうし、いざとなれば、親をさて置いて爺さんが決めることなどできないことを見込んだ発言です。

「どれだけ、自分のこととして考えてきたかで決まる」
そこです。私が徘徊の際に出会って話す人は、自分で考えている人です。そうでない人は、一言、二言言葉を交わせば分かります。別に政治の話をするわけではありませんが、話がかみ合いません。

日本の中年以上の人たちは、テレビによる白痴化が進んでいるか、愚民政策の優等生であることを誇りにしています。

・・・・・

以下は、SYさんのコメント。皆さん、日本の老人に手厳しいですね。引用開始。

高度経済成長の恩恵を最も受けた人たちでもありますね。
それも宗主国礼賛につながっているし、自分たちの実力だったかのように錯覚している。
差別感情も半端ない、まったくもって倒錯した感覚の集団です。

生活に苦労している若者はもう目が覚めたと思います。
戦争に行かなくても、徹底的に搾取されることはわかりきっています。
死なない限り逃げることはできません。

それとも(自分たちは? 若者は? みんな?)死ねばいいとでも思っているのかな?
だとしたら、人間のクズですね。いい歳をして哀しいことですが
救い様がないので放置するしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 00:03| Comment(4) | 社会・経済
この記事へのコメント
高度経済成長の恩恵を最も受けた人たちでもありますね。
それも宗主国礼賛につながっているし、自分たちの実力だったかのように錯覚している。
差別感情も半端ない、まったくもって倒錯した感覚の集団です。

生活に苦労している若者はもう目が覚めたと思います。
戦争に行かなくても、徹底的に搾取されることはわかりきっています。
死なない限り逃げることはできません。

それとも死ねばいいとでも思っているのかな?
だとしたら、人間のクズですね。いい歳をして哀しいことですが
救い様がないので放置するしかありません。
Posted by SY at 2018年05月20日 01:30
2000年頃まで世界の最先端企業だつたNECは、いまでは売り上げが半分になり、成長部門がなく死を待つだけの企業になりました。これが日本経済の現実です。SYさんの考えのおとなし日本の若者は、死なない限り逃げることはできないと言う経済地獄は、本当です。しかし私は、命をかけて戦つてもらいたいです。人の力を信じて戦えば、道は有ります。
Posted by 西 亨 at 2018年05月20日 10:51
死ぬのは若者に限ったことではないつもりでしたが、いずれにしてもアメリカのために滅ぶか、永遠に懺悔する日本を作り出すことになるのかなと思います。
トップがあれなのですから、日本の極一部とも言えないでしょう。ファシズムの時代でもなく、終戦時に言われた日本人は子どもという方便を、またまた使えるほど世界は甘くない。暗い二級国家の未来が待っていますね。
Posted by SY at 2018年05月20日 11:27
西さん
口には出しませんが、戦っている人は皆命がけです。
特に女性や子ども、立場の弱い人はほぼ全て、それは否応無い必然です。
戦う人には人道的精神的な支援をする。それが人としての基本でしょう。
Posted by SY at 2018年05月20日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。