年齢性別問わずやればできます パソコンは易しくなっています: ずくなしの冷や水

2018年05月09日

年齢性別問わずやればできます パソコンは易しくなっています

LINUXの記事が読者の助言で充実しました。ここで思い出したことを書いておきます。

先日、線量率のリアルタイム測定表示システムを設置していただくべく女性読者Aさんと調整していた時のこと、モニター(ディスプレイ)に何を使うかで、HDMI端子が云々とお伝えしました。

そうしたら、Aさんから「VGAとのコネクタがあればいいのでしょうか?」とすんなり返答。VGAが即出てくるようならもうお任せです。

やはり、ソフトの調整設定などは全部さっさとやられたようです。その後ハードの不具合があり、面倒をおかけしましたが、今は安定稼働です。

もうお一方の女性Bさんは、キーボードパソコンとのセットを導入していただきました。ネットの能力を増強したり条件整備も図ってもらいました。当初モニターとしてDVDプレイヤーを使うことで調整していましたが、ある時私の頭にひらめいたのは、DVDプレイヤーにHDMI端子があっても、出力用では??

テレビなどの大画面に映すためのものですよね。中古のモニターを購入してもらうかどうするかという話になりましたが、仕舞われていたテレビがあることが判明。テレビの大画面を使っておられます。

もう一方Cさんは、私とあまり年齢の違わない男性。この方には、ホットスポットファインダーを使ってもらっています。私自身、ホットスポットファインダーのソフト面の設定で確認不備のところが少なくなかったりしたもので、照会を受けながら調べて試しながらお答えしていました。

リアルタイム測定表示は安定稼働。私は、ホットスポットファインダーの実地試験を繰り返しました。データの取得までは難しくないのですが、そのデータを処理し、分析し、見やすく表示するうえで難関が少なくありませんでした。

難関の一つ、測定器のcpmデータとGPSデータログの時刻を基準としたマッチング、データベースソフトを使うことでクリア。その後のGoogle Mapへの表示がとても難しく、ネット上の解説を見ましたが私がやりたいような初歩的なことは解説が見当たりません。

Google Mapログインから始めて一つ一つ手順を追い、ようやくデータの表示に到達しました。
2018年05月07日 放射能を可視化するホットスポットファインダー

この記事に「以下は、自分のための備忘録です。読者に『はい、これがマニュアルね!』と投げるつもりはありません」と書きましたが、データベースソフトの利用について問われた場合にどう答えるか実は戦々恐々としているのです。

通常のOffice Suiteにはデータベースソフトは入っていません。買ってもらうわけにはいきませんからフリーソフトを使うことになります。

私自身まだLibreのデータベースソフトを使ったことがないので、それを使って助言するとなると、これは大変な仕事なのです。

線量率のリアルタイム測定表示システムについては、設置してくれる読者のネット環境、ハードの条件がまちまちでしたので1件ごとにマニュアルを書きました。

これまで、マニュアルを読んでも分からないぞ! という苦情は寄せられていません。

パソコン初心者とおっしゃる方も意欲のある方は、さっさとマスターされます。30歳代、40歳代で日常的にパソコンに触っておられる方は、まったく質問もありません。

線量率のリアルタイム測定表示システムの設置は、ITに慣れるための近道です。あなたも一つ置いてみます?
posted by ZUKUNASHI at 12:29| Comment(0) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。