日本でもシリアでも親が幼い子供の前に二度と現れないことがまれなことではなくなっている: ずくなしの冷や水

2018年05月07日

日本でもシリアでも親が幼い子供の前に二度と現れないことがまれなことではなくなっている


私はあなたに泣いてほしいわけではない。 私たちがシリアで感じていることを感じてほしいだけだ。 これが殉教者ナウラス・レイヒヤが子供たちを見た最後の時になった。

martyr は殉教者の意味ですが、戦闘で亡くなった兵士を指します。

2018年03月09日
幼い子どもの親達がこんなに死んでいるのに 日本のおやじ達はまだ分からないのか

ツイッターから拾ったものですが、日本ではすでに日常的になりすぎたためでしょう、このような事例に関するツイートは少なくなっているように感じます。
posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。