朝鮮半島非核化問題: ずくなしの冷や水

2018年05月09日

朝鮮半島非核化問題

RT2018/5/2
Firm position: Kim Jong-un reiterates will to denuke Korean peninsula to Chinese FM
North Korean leader Kim Jong-un said he strongly supports denuclearization during a rare meeting with Chinese Foreign Minister Wang Yi. The diplomat is visiting Pyongyang after a landmark agreement between the two Koreas.

“The denuclearization of the Korean peninsula is the firm position of the North Korean side,” Kim Jong-un told Wang Yi on Thursday.

During the talks Kim also emphasized “peaceful changes” and further promotion of peace in the region that came after he traveled to the South and met his counterpart Moon Jae-in. The declaration, signed by the duo at the historic meeting on April 27, marked the beginning of “new age of peace” and sought “complete denuclearization”.

Beijing hailed the agreement that ends “the state of war” and said it “fully supports” North Korea’s commitment, according to the foreign ministry.

On Wednesday, Wang Yi started a two-day visit to the neighboring communist state and met his North Korean counterpart Ri Yong-Ho. Wang became the highest-ranking Chinese official to travel to North Korea in 11 years.

China is considered the main economic lifeline for North Korea, despite condemnation of its nuclear and missiles tests and implementing UN punitive measures against the North. It was in Beijing, where the first indications of possible compromise between South and North Korea, and potential denuclearization, were voiced by Kim.

Before tensions in the region began to ease earlier this year, Beijing and Moscow were among those rare voices on the international arena that called for dialogue instead of threats. China and Russia pushed forward the dual-freeze initiative, calling to halt both North Korean tests and US war-games on its doorstep, that were deemed a provocation by Pyongyang.

“We are pleased to see that the situation on the Peninsula is moving forward in the right direction,” China’s Foreign Ministry spokesperson Hua Chunying told reporters on Wednesday. She added that Beijing will continue to play “a constructive role for the final settlement of the Peninsula issue.”

ロイター2018年5月8日 / 22:03
北朝鮮の金委員長が訪中、習主席と会談 「非核化実現できる」
[北京 8日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が7日から2日間の日程で中国を訪れ、習近平国家主席と大連市で会談した。中国国営の新華社などが8日伝えた。
早ければ今月にも開催される可能性がある米朝首脳会談を前に、北朝鮮の核開発を巡る朝鮮半島情勢の緊張は和らぎつつある。

報道によれば、金委員長は習主席に対し、関係国が朝鮮半島における非核化と恒久平和の実現に向け「段階的」かつ「一致した」方策を取るよう望むと述べた。

新華社によると、金氏は「関係国が敵対的政策や安全保障への脅しを停止すれば、北朝鮮は核を必要とせず、非核化は実現できる」と語った。

また、朝鮮半島の非核化は北朝鮮の「一貫した明確な見解」だとし、米国との対話で相互に信頼を築くことができるとも説明したという。

習主席は北朝鮮による「経済発展に向けた戦略的転換」を支持すると金氏に述べ、「中国は半島の非核化を掲げる北朝鮮を支持し、対話と協議を通じて半島問題の解決を目指す米朝両国を支持する」と語った。

北朝鮮の国営メディアは、金氏が対中関係が改善したことに非常に満足したと伝えたほか、朝鮮半島情勢の変化に伴い、北朝鮮がさらに積極的に中国と協力する意向だと報じた。

金委員長は3月にも北京を訪問していた。

毎日新聞2018年5月9日 10時46分(最終更新 5月9日 11時05分)
米中首脳
習氏、中朝会談を説明 制裁継続の重要性確認
 【ワシントン高本耕太、北京・浦松丈二】トランプ米大統領は8日、中国の習近平国家主席と電話で協議した。米ホワイトハウスの声明によると、トランプ氏は習氏から、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の中朝首脳会談について説明を受けた。米中首脳は北朝鮮が核・ミサイル開発を「永久的に放棄」するまで「経済制裁を継続する重要性」を確認した。
 中国中央テレビによると、習氏はトランプ氏に対し「北朝鮮側の安全への懸念」を考慮するよう求めた。トランプ氏は、北朝鮮情勢に関して中国が果たしている役割を評価したうえで、中国との意思疎通を強化し北朝鮮問題の対話解決を追求する姿勢を示した。

・・・引用終わり・・・

少し疑問があるというか正確でないところがありそうだ。
posted by ZUKUNASHI at 11:25| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。