2018/5/2 強い南風で千葉県北西部の空間線量率は堅調推移: ずくなしの冷や水

2018年05月03日

2018/5/2 強い南風で千葉県北西部の空間線量率は堅調推移



管理人が江戸川区に現地調査に出た5/1は、風がなく線量率は低め推移になっていました。

西から雨です。

しばらく晴天が続きましたから、この間に放出された放射性物質が上空に滞留していたのではないでしょうか。

ここまでの上昇程度は、降雨の際に生じる例があります。これからさらに上がれば、警戒です。椰子の樹さんありがとうございます。

伊方町のMPの上げ方が大きくなっています。大分県佐伯市に影響が出ています。

瀬戸内海は風がなく全般に上がっています。

福島第一原発はまだ灯りが付きません。霧か靄で見えないだけでしょうか。


東京の調布と八王子で上がっています。起源はどこでしょう。

鹿児島で過去1か月の最高水準をとらえてきました。



2018/5/3 線量率上昇個所の分布が珍しいパターンになっています。



最新の状況はホワイトフードのサイトでご覧になれます。

関東、中四国、九州はピーク値がこの1か月間の最高を更新です。
posted by ZUKUNASHI at 09:14| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。