先の土日に千葉県の一部で濃度の高い放射性物質の降下があったと見られます: ずくなしの冷や水

2018年04月26日

先の土日に千葉県の一部で濃度の高い放射性物質の降下があったと見られます

2018年04月25日
信じがたい すさまじい汚染に掲載した事例は、ツイート主が事実そのままを書いておられると解しています。

ロナルドレーガン乗組員の被曝を想起せざるを得ないような帽子から靴下、靴底に至る全身の濃厚汚染です。

上の例は、時期場所ともに分からないことがありますが、このような汚染は、局所的に放射性物質が大量に降下し、その降下した放射性物質を全身に浴びた場合に生じます。

福島第一原発事故直後は、広範な範囲に放射性物質が大量に降下しましたが、全身の着衣がこれほどまでに汚染された例があったとは管理人はまだ聞いていません。

ロナルドレーガン乗組員の場合は、掲揚されていた国旗を収納し脇に抱えていた人が国旗から放射性物質が体側に移行し、高い放射能汚染を示した例がありました。

管理人が情報を集めたところによると、先の土日に急性喉頭炎を発症した患者が複数いたことが分かりました。発熱、喉の痛みを訴えています。点滴のために入院した者もおられます。

リンク先の記事のツイート主のご家族には、幸い体調不良が生じていないようですが、おそらく東京、千葉の観光地におられた方の中には急性喉頭炎のような体調不良を起こした方がおられると見られます。

個人用放射能測定器をお持ちの方は、先の土日に着用していた衣類の放射能を測定してみることをお勧めします。管理人は、土曜日はシャツ姿で歩いていました。日曜は外出しませんでした。シャツ、リュックサックともに特に高い値は出ていません。

測定体制を強化しようと考えていますが、局地的な放射性物質の降下ですと、それを把握するのは大変難しいです。





管理人は2018/4/24午後から家の南側(海側)に測定器を配置しました。この器械はそれまで屋内に置き、外出の際に携帯していたものです。2018/4/26 午前11時までの測定記録。北側(内陸側)に置いたものはあまり上がっていません。


千葉県の主要な観光地の近くにお住いの方は、南側から飛んでくると見られる放射性物質に警戒が必要です。一度あることは二度あるですし、いったん降下したものが再浮遊して飛来することもあり得ます。

最近南東北でもしばしばスパイクが立つと聞いています。千葉県での衣類の汚染が生じた事象が南東北まで影響しているのかどうかは分かりませんが、スパイクの原因となる放射性物質の放出源は増えています。

急性喉頭炎を発症した方は成人男性ですが、喉が痛くて物が食べられなかったそうです。相当量の放射性物質を吸入したとみられます。発熱も伴っています。放射性物質の吸入で発熱、これは柏市の小学校で発生した下痢、腹痛、発熱事件とも共通しています。

・・・・・

posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様
いつも情報を下さりありがとうございます。
私自身子育てしている中でGWや春休み等子供の長期休暇には遊びに行けるところはどこか?を
考えます。
今日、久々にずくなし様の記事を閲覧しまして千葉県・東京都の観光地での話で考えさせられる
ことが多いのですが、
東京都の木場から葛西臨界公園付近のごみ置き場、通称『夢の島』で汚染ゴミを積極的に受け入れ
処理している某会社があったと記憶しています。汚染ゴミの焼却か、あるいは汚染ゴミの劣化した
粉のような物が風に舞っていたことも十分考えられるのではないでしょうか?
Posted by ぴょん at 2018年04月27日 10:31
東京湾の埋め立て地には、いろいろな廃棄物処理の企業が立地していることはありますが、それらの企業とこの着衣の汚染事象との関係があるのかどうかは分かりません。
Posted by ずくなし at 2018年04月27日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。