本日 中国の衛星のかけらが地上に落下: ずくなしの冷や水

2018年04月02日

本日 中国の衛星のかけらが地上に落下

軌道は北海道上空を通っています。Live画像とされるものがいくつもありますが、現在時点を表しているものがどれかよく分かりません。

周回軌道は少しずつずれていき、毎回同じところは通りません。


https://www.youtube.com/watch?v=AWRNWll35vw

落下地点です。見事なほど太平洋の真ん中を選んでいます。制御された落下か、外部からの力で落下させたのか。




ロシアは、地上から打ち上げたロケットで自爆用の衛星を破壊目標となる人工衛星と同じ軌道に遷移させ、接近させて自爆し、目標を破壊する共通軌道方式(co-orbital)の兵器の技術を持っています。宇宙ステーションの本体を破壊すれば後は燃え尽きるでしょうから失敗は少ない。格好の演習の機会だったかもしれません。

朝日
欧州宇宙機関(ESA)は予測を更新し、「中国時間2日午前7時25分(日本時間同8時25分)」を中心とする時間帯に再突入するとした。

RT2018/4/2
Countdown to re-entry: Burning space station to hit Earth in ‘next 12 hours’

But an update by the agency on April 1 committed to a much wider crash zone between 43oN and 43oS. The area includes the continents of Africa and Australia, as well as most of South America and the entire Indian subcontinent.

“With the latest available orbital data and space weather forecasts, the re-entry prediction window stabilized and shrunk further to a time running from the night of April 1 to the early morning of April 2 [UTC],” an ESA statement read.
posted by ZUKUNASHI at 06:30| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
こんにちは。
だいぶ、急激に暖かくなりました。
福島、仙台でもだいぶ桜が咲きだしています。
当地はまだまだですが。

天宮1号はチリ沖の、いわゆる宇宙機の墓場から大気圏突入をしたようです。
http://www.aerospace.org/cords/reentry-predictions/tiangong-1-reentry/
これは、実は制御されていた?とも???

ところで、ホワイトフードのサイトエラーはSSL接続時に証明書が確認できない、というものです。
ローカルのWindowsに証明書の最新版が必要で、手動にてWinndows Updateを行い、再起動をすればOKです。
Posted by Saito at 2018年04月02日 10:55
こんにちは
人工衛星を撃ち落とせるミサイルがあるのですからそれを使えばいいのですね。中国が撃ったのかロシアに頼んだか分かりませんが。
自分のパソコンを確認したら、更新プログラムがありました。
Windows 10 version 1709 (KB4089848)
更新したら表示されるようになりました。他の器械は勝手に更新が終わって表示されるようになっていたものもありました。
Posted by ずくなし at 2018年04月02日 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。