横須賀市はどうなっているのか: ずくなしの冷や水

2018年04月06日

横須賀市はどうなっているのか

医療ガバナンス学会 (2016年11月24日 06:00)
Vol.260 ベテランママの会代表番場さち子と第一秘書
ベテランママの会 第一秘書 加藤裕介
2016年11月24日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp から一部引用

現在の横須賀市は、2013年に人口減少全国ワースト1を記録しました。特に、20代〜40代の子育て世帯の転入が少ないことに危機感を覚えています。私がたくさんの友達と少年時代を過ごした横須賀市浦上台の団地からは、子どもの声が聞こえなくなりました。人がいなくなった街を復興させる大変さは南相馬で骨身にしみています。人口減少を食い止めるには、子育てしやすい環境づくり、魅力ある教育、安心できる高齢者福祉など、複合的な施策を今すぐ打つ必要があります。市債(市の借金)は約2,900億円、市民一人当たり69万円に上り、使えるお金も時間も限られています。今を生きる一部の人の利益に与するのではなく、40万人の市民の意見にじっくり耳を傾け、将来を見据えた決断をせねばなりません。

・・・引用終わり・・・

横須賀市の人口が減少を続けていることは知っていました。ですが、減り方が急でその原因を探りあぐねていたのです。

現地調査にも行き、久里浜駅近辺も探訪しましたが、結局特に役に立つ情報もこれと言って得られませんでした。

横須賀市のサイトから
人口移動
近年、本市の人口は社会増減(転入と転出の差)、自然増減(出生と死亡の差)がともにマイナスとなり、人口が減少する傾向にあります。
社会増減を年代別に見た場合には、20〜30歳代の市民の流出傾向が強いことが特徴になっています。
これまで市内では宅地開発やマンションの建設が進んできましたが、その割に人口が増加しないのは、入居者の約半数が市民の市内転居であることと、20〜30歳代の若い年齢層を中心とした転出超過(社会減)が大きく影響しているものと推測されます。

同市のサイトに掲載された年次別人口推移




横須賀市など神奈川第11区人口動態総合指数はよくありません。三浦半島の先端部は、2011/3/15にヨウ素を主体としたプルームが神奈川県中央部から南東方向に流れ、3/21には東京湾を越えて来たプルームが西に流れました。

2018/2小選挙区別人口動態
小選挙区  主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数  総合指数
神奈川5 戸塚区 0.98 1.09 -0.11 -0.24 -0.35
神奈川14 相模原市 0.99 1.07 -0.08 -0.23 -0.31
神奈川8 青葉区 0.97 1.08 -0.11 -0.19 -0.30
神奈川16 厚木市 0.99 1.04 -0.05 -0.23 -0.28
神奈川11 横須賀市 1.00 1.07 -0.08 -0.20 -0.28
神奈川13 大和市 1.01 1.07 -0.06 -0.22 -0.28
神奈川9 多摩区 0.95 1.06 -0.11 -0.16 -0.27
神奈川4 鎌倉市 0.93 1.02 -0.10 -0.17 -0.26
posted by ZUKUNASHI at 13:03| Comment(17) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
奈良からの移転先が、横須賀市です。私の生まれ育った地元です。
三浦半島の人は、みんな魚介類が大好きですよ。
外食ではなく、日々、家でせっせと食べている感じです。
Posted by 島猫 at 2018年04月06日 14:54
そうでした。そうでした。私も三浦三崎へ釣りに行ったことがあります。サバなどが結構釣れました。漁港があり、相模湾の魚が上がりますね。
この海域の魚がどれほど汚染されているか、海が深くて浮魚主体ですのでそんなに汚染は強くないはずですが、他の海域産の魚も食べますね。
今でも魚食が盛んならば、人口動態の悪化は継続しますね。
Posted by ずくなし at 2018年04月06日 15:26
そうだ、それと、地元野菜勢が強力です。
どこのスーパーに行っても、地元野菜ばかり。
三浦半島は農業が盛んなので野菜の名産地でもあります。三浦大根とか、三浦キャベツとか。
みんな気にせず食べています。家庭菜園をやっている友達もいますねえ。
Posted by 島猫 at 2018年04月06日 15:51
先日、久里浜まで現地調査に行きました。他の地域との比較に意味がありそうな場所を選んでの測定では、特別に汚染が強いということはなかったのですが、関東の平均的なところでしょうか。
ただ、畑の土壌の汚染については測定が難しいので何とも言えません。三浦は久里浜よりさらに突き出ていますから、気流の乱れもあって沈着状況にはムラが多いでしょう。
私は三浦のダイコンやキャベツ食べていないのですが、関東の他の野菜産地の汚染と比較して特に低いとの確信は持てませんでした。
Posted by ずくなし at 2018年04月06日 16:09
初歩的質問で失礼。

三崎あたりは、今でも住むと内部被曝中心でしょうか?

熱海や伊東あたりは
どういう汚染状況と推察できますか?

藤沢でもサーフィンやって元気な人がいるんですが・・ふしぎ。
どうなっているんでしょうねえ。
Posted by hiyaase at 2018年04月06日 17:20
三崎は調べていませんが、久里浜には核燃料工場があります。
伊豆半島の東側は全般に汚染が強めです。
藤沢の海も海水の汚染はあるでしょうが、銚子以北に比べれば濃度は低いでしょう。そろそろ北米沖に達して帰ってくる高汚染海流の影響が出るかもしれません。西日本全般の話になりますが。
Posted by ずくなし at 2018年04月06日 18:13
ずくなし様
すみません。
どうしても、私の頭では、汚染地帯と住人の関係が理解できないのです。
申し訳なく思います。(一種のぽっかり抜け頭脳かもしれません)

1mの高さの空中の汚染状況は昨日地図を拝見しました。

そういう爆発の年にプルームが通過した場所は、
高濃度で知られる松戸とかはともかく、
比較的中濃度の所沢や茨城南部なども、いくら食物の内部被曝に気を付けても
危ないですか?
外出や、窓開けや、地面に触れるスポーツとか控えても。

まして、伊豆東斜面となると、那須や所沢や町田あたりよりは良い気がしますが、
そうでもないのでしょうか?
Posted by hiyaase at 2018年04月06日 18:30
この問題は書くと長くなりますが、吸気被曝の原因は多様化、多元化しています。
@ 核関連施設の操業による放出(原発、核燃料工場、研究施設)
A 過去に降下した放射性物質の自然現象による再浮遊(乾燥、風)
B 過去に降下した放射性物質の人為的な再浮遊・放出
(ごみ・放射性廃棄物の焼却、放射性廃棄物のリサイクルなどのための加熱・粉砕)

濃厚汚染が生じた地域では、Aの影響が大きくなります。自分の住む半径500m、1kmの範囲だけからの影響にとどまらないと考えますが、おおむね福島第一原発事故後の放射性物質の降下沈着度合いに比例すると見てよいでしょう。

Bの影響は、焼却施設、リサイクル施設からの距離によります。廃棄物は遠隔地からトラックなどで持ち込まれますからその立地地点の汚染度合いには関係ありません。管理人の観察では10km、15kmは容易に飛びます。

次に防御。
A ガスマスクを24時間着用
B 完全空調管理のシェルターで生活、外出は最小限。
C ある程度気密性のある家で外出や、窓開けや、地面に触れるスポーツとか控えて生活する。

A、B、Cの順で防御の度合いは高いと言えるでしょう。これらはその場所の汚染度合いに関係なく防御機能を発揮しますから、シェルター生活をするなら松戸でも伊豆でも同じです。
この防御機能が弱くなるに従いその環境の大気中の放射性物質濃度が同じなら吸気被曝が多くなりますが、例えば松戸でCの生活をするのと、伊豆で次のDの生活をするのとどっちが吸気被曝が多くなるかは、分かりません。
D あまり気密性の高くない家で外出や、窓開けを控えて生活する。

伊豆東斜面が那須や所沢や町田辺りよりは吸気被曝が少なく抑えられるかは、大変難しい問題設定です。
例えば、浜岡の再稼働をどう見込むかで大きく変わります。さらに、町田と伊豆東斜面と比較してどちらの汚染が大きいかも管理人は答えを持ちません。規制庁のマップによれば町田のセシウム汚染はそれほど強くないことになっています。

AからDの設定はテクニカルなものですから分類評価が容易ですが、@からBについては具体的な地点名を出したとたんに不確実、未解明な要因が多すぎて評価が不能になるのです。

ただそうも言っていられない場合もあり見当をつけなければならないこともあります。

高汚染地帯であることがどう影響するかについて、青梅と茨城南部の水田地帯を例にとれば、青梅の方が山が近い分その山林からの影響が長続きしそうですが、もし茨城南部で秋に稲わらを燃やすようなことがあれば、湛水時の吸気被曝の低減は帳消しになるでしょう。

汚染度は異なるが人口動態の悪い町田と千葉市の中心部を例にとれば、千葉市は茨城の太平洋岸からの風の通り道で今でも他よりも多めの降下物が続いています。一方町田は北からの風で運ばれる放射性物質は千葉市よりは少ないとみられますが、浜岡が再稼働すれば大気中の放射性物質濃度はぴーんと跳ね上がるでしょうから、どっちがどうとはとても言えないというが管理人の認識です。
Posted by ずくなし at 2018年04月06日 19:00
伊豆半島東部に震災前からお住まいの方で、東京、横浜、北関東に滞在すると、疲れやすい、皮膚のトラブル、結膜炎などの症状を再現性を持ってをおこす方々が一定数いらっしゃいます。ほとんど女性です。伊豆半島の中での汚染の濃淡はありますが、関東とは違う印象です。地形が複雑、個体差などありますから、自分の観察か導き出した一般論は無意味かもしれませんが。
Posted by S at 2018年04月07日 16:13
伊豆半島の飲用水はどうなんでしょう。小田原市は西のほうで湧水を水源にしているようなのですが。
もし、伊豆半島で震災後から湧水を飲用にしておられた場合、飲用水経由の内部被曝が大きくなった恐れがあります。これは降下物が多かったと見られる東側で影響が大きかったとも考えられるのですが。
神奈川県下は相模川などの比較的降雨量が河川流量に影響を与えやすい河川から取水しており、これが何らかの健康影響を与えているのではないかとの懸念を有していますが、資料がなく検討はとん挫しています。
Posted by ずくなし at 2018年04月07日 16:26
ずくなし様
S様
(一緒resで失礼)


詳細な御回答感謝です。
事故後年数経過後の影響度比較は、
いろいろなファクターが絡み合って難しいですね。

焼却施設から15km以内がいちばん危なそうに読ませていただきました。
松戸などは、そうですか、今でも風による浮遊や焼却が危なそうですね。

伊豆東北部は、湧き水と井戸が水源のようです。

浜岡は、首都圏に人口多く、基地もあるので、再開しないと見ています。


S様
私はおかしいなという地帯に行くと、帰宅後夜中に、
こむら返りを起こします。
以前も、ずくなし様に3年か4年前に質問しましたが、
千葉市の佐倉街道沿いに行くと、
いちばん辛い夜になります。佐倉街道以西が汚染地帯だったそうです。

伊豆北東部は山の桜見て、大いに吸気しましたが、何もなく平気でした。
千葉や東京よりも私のふくらはぎセンサーは良好でした。

勘ですが、神奈川よりはベターかと・・。
Posted by hiyaase at 2018年04月07日 17:39
伊豆の水の話が出てきたので、具体的にわかることをコメントします。
沼津と清水町の境目に柿田川があり、沼津、清水町、三島市は100%柿田川の水です。
柿田川は東洋一(ホント?)の湧水と言われており、
富士山に落ちた雨水が25〜30年後に柿田川の始点から湧いているそうです。
沼津などの水はこの湧いた始点からくみ上げた水です。
30年以上前はホントに綺麗だったようですが、
ここ20年ほど前から、化学物質が微量に混じり始めていると聞いています。
その伝でいくと、放射能物質が混じるのが20年あとくらい?

函南町は近隣の山の水+足りない分を柿田川の湧水で補っています。
一部東海道線の丹那トンネルから出る水を利用していると聞き、
電車が大変汚染されていると言われているけど大丈夫なのかなと気になっています。
熱海市も同様に、近隣の山の水に柿田川の水を足しています。
熱海同様、放射能汚染が厳しいと言われている伊東市は山の水です。

Posted by モトコ at 2018年04月09日 09:02
こんにちは
柿田川の水は、今のところはあまりリスクはないと思いますが、問題は「山の水」だと思っています。伊豆の東海岸に海水浴に行ったとき、浅瀬の砂から冷たい水が湧いていました。富士山と違いますから雨が降れば湧く、晴天が続けば止まるということなのだと思います。そういう水を水源にしていた場合、フォールアウトの直後の山の水は相当汚染されていたでしょう。そもそも、湧水を使う場合は、浄水措置も簡易なものになっているのが普通でしょう。
日立市十王町にお住いの方が持ち込んだペットボトル入りの水道水の放射能を測ったら高い値が出たことがあります。(猫飯プロの動画)十王町には簡易水道的なものがあったのです。神奈川県下の水道事業者の水道水の検査結果も抜けが多くてよく分からないのです。今なお所によっては水道水の汚染が強いところがあると見ています。
Posted by ずくなし at 2018年04月09日 10:12
>熱海同様、放射能汚染が厳しいと言われている伊東市は山の水です。

厳しいので有名なんですか?
知りませんでした。

伊東は湧水+井戸と市のページに出ていました。

海水浴場の砂浜で湧水があるとは凄いですね。
どこもかしこも似たりよったりかな。

部屋を閉め切ると有益なのは、
この6年で室内測定が、0.11→0.07 になってきましたから言えると思います。
東京のゴミ焼却場のまあまあ近くです。
Posted by hiyaase at 2018年04月09日 12:17
hiyaaseさん、はじめまして(かな?)

伊東の汚染状況は「静岡県の地上放射線マップ 静岡大学」で検索すると
分かりやすいかと思います。
事故後、半年ほどたってから地元ではちょっとニュースになりました
(一碧湖付近の汚染と流れたように記憶しています)が、
すぐに収束してあっという間にないことになっており、
例年の大室山の山焼きも行われており、毎年ビビッています。
御殿場市の東富士演習場内の山焼きも毎年しています。

ずくなしさん、そうそう、山の水。
湧水もどこから湧いたのかにより、ずいぶん違うだろうと思う。
県東部は自宅内の庭から水が湧き利用しているお宅も多そうです。
私は今の住まいでは100%柿田川ではないと調べて知り、
山の水のあれこれが数か所混じっていること、
雨が多く降ると明らかに水道水の質が違うこともあり、
蛇口には簡易浄水器をつけていますが、飲料は検査済みの水を買って飲んでいます。
料理も米を炊くのも高い水。
猫には浄水器からの水道水飲ませています
(ミネラル豊富とのことなので泌尿器疾患を気にして)が、とりあえず元気にしています。
Posted by モトコ at 2018年04月10日 06:11
やはりそうですか。西方から飛んでくる量が増えたらあの半島の場所によっては全滅に近い被害が出るかもしれませんね。静岡県は、人口動態統計で「伊豆半島計」という集計区分を作っています。2018/2月分
伊豆半島計人口244,230、出生数87、死亡数405、自然増減-318、転入670、転出663、社会増減7 などとなっていて、毎月これを見るたびに震え上がっています。
Posted by ずくなし at 2018年04月10日 09:29

モトコ様

はじめまして。だと思います。
静岡大学のマップ見ましたが
空間線量0.1くらいでたいへんなんですね。
(すみません。私は気にしない数値です)

松戸(昔住んでいた)なんか
市が番地毎に計測して配りましたが、
今のところ知り合いは誰も死なないけど、どうなってるんだろ?
(まあ、私は電車で急病人とか一度も出会ってない変人ですけど)

柿田川は20年くらい前に、TVでめちゃきれいな川が
少し汚染されてきたとかで有名でしたね。


ずくなし様
伊豆の人口分布を見ると
今は60代と70代が多いです。
40年や50年前に伊豆に住むのが流行りましたからね。

死亡数はそれもあって、増え続けると思います。
土地が異常に安いので転入者との入れ替わりはありそうです。

先日行ったら、町に人影が、郵便集配と、駅の工事人だけ
スーパーガラガラ、子供見たのはゼロでした。
Posted by hiyaase at 2018年04月10日 13:59