安倍昭恵は国会に出て語れ: ずくなしの冷や水

2018年04月03日

安倍昭恵は国会に出て語れ

次の三つで森友学園問題はよく理解できる

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/3/27のツイート
「安倍総理と昭恵夫人の影響はなかった」と言い切ったのが、もし嘘ではない可能性があるとすると、一つの可能性として、安倍をも操る人からの指令という事はないだろうか。

※ 市民メディア放送局 @info_9氏の2018/3/19のツイート
前川喜平・前文科事務次官『忖度ではなく、官邸にいる誰かから「やれ」と言われたのだろう。私は、その“誰か”が総理秘書官の今井尚哉氏ではないかとにらんでいる』
https://dot.asahi.com/wa/2018031800021.html?page=1

※ 昭恵夫人への忖度は消費税のため? 財務省は政権の“自然死”待ち…
森友学園問題の一連の流れ(週刊朝日 2018年3月23日号より)
 “最強の官庁”が瀕死の状態だ。森友学園の決裁文書を改ざんした問題で、霞が関の官庁街でも超エリート集団である財務省の信頼は地に落ちた。

・・・引用終わり・・・

以下管理人の見方

安倍晋三は、単なるアクターです。うまく演技すれば何期でも総理をやらせてやると言われているでしょう。

財務省は、消費税引き上げをやらせるために現総理に入れ込みましたが、消費税引き上げは半ばでとん挫。海外援助大判振る舞いの見込み違いもありますが、官邸の人事権の前に身動きがとれません。

一方、海外援助大判振る舞いは、大手企業の歓迎するところ。

官邸周辺のデモに対する過剰な規制、警備は、公務員の発想です。

警察・検察官僚も人事権で抑え込みました。安倍とその取り巻きに怖いものはありません。

冠小学校の設立は、アクターへのご褒美です。カケイのように補助金を出せなかったのか、国有財産の大幅値引きという無理筋をごり押し。財務省は経産省にしてやられました。

政権が次々に打ち出す政策がことごとく産業界寄りであるのは、スポンサーを考えれば、当然のことです。

アクターに教養は不要、どこまでも恥知らずに演じられるほど価値があります。

※ 宋 文洲認証済みアカウント @sohbunshu氏の2018/3/30のツイート
中国、アベの恥知らずが話題に
「中朝首脳会談は俺の圧力のおかげ、中国からしっかりと説明を受けたい」

上の発言を周りから振り付けられずに自分で思いついたならほとんどビョーキです。誰かが、このように言えと知恵をつけ、励ましています。

次のツイートを見ると安倍昭恵を切ることでこのグループの方針は固まっている?? 



モリカケ以外の利権の結節点としてのアクター安倍晋三の意味が格段に大きいということです。モリカケでコケるなら昭恵を切れという動きが舞台裏で強まっていることが窺えます。

次はファーストレディの失〇事件?

・・・・・

2018/4/2のYさんの投稿を掲載する。引用開始。

本来なら、100万、200万の人が国会前に押し寄せるべき事態であるということは間違いないのですが、それでも官邸前に何回か通った感触と知人の話を合わせて考えると、以前のデモに比べ若い人が増えてきたな〜と感じます。
(よくわからず騙されていた)若者の安倍政権離れの傾向を肌で感じます。
それも、デモに初めてきたような人たちが増えているのが質的な変化でしょうか。

昼頃、人の少ないときでもスーツ姿の20代くらいの若者が「仕事の合間ですが、昼休みなので来ました」
「あなたの手書きのプラカードをツイッターで拡散していいですか?」と話しかけてきたりして、
確かに数が圧倒的に足りないのでなんとかしないといけないところですが。
年金世代に頼っていた少し前のデモに世代の幅が出てきました。

世界の中では、まだまだ未熟な民主主義ですが原発、秘密保護法、安保法、共謀罪、モリカケ等々やはり人数が少ない時期でも声をあげ続けて来てくれた方々がいた事で、ある時突然にスイッチが入る人が出て来るのだと思います。
実際、先日隣同士になった30才くらいの会社員の女性は、立憲民主党が出てきたときからスイッチが入ったと言っていました。
どの人のスイッチが入るのかは全くわからないし、この人のスイッチを入れたいと思ったところで思い通りにはならないのですが、自分の出来ることをし続けることがだれかのスイッチを入れる可能性があることにかけてみたいです。
いえ、それしかやりようがないので。
posted by ZUKUNASHI at 11:50| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなしさんの解説整理はとても分かりやすいですね。前川氏がおっしゃる通り、アレの黒子が今井尚哉だと思います。随分以前からアレと今井の密着ぶりは知られてました。そして今井の黒子は経団連グループ? CIA? あるいはまたその大元? その辺の所は定かではありません。ただ、警察、検察、官僚の人事権を握るというような愚かなスジもどこかからの指令でしょう。方法論の一つとしての選択かも。

ただ、今の日本政府の施策では、国力が次第に摩耗していくことは確実です。経団連や与党がそこに気づかないということは既に脳みそが劣化しているのではないか、と感じています。もしくはアクターはアレだけではなく、アクター志向が伝播していったのでしょうか。モノを考えないという流れは経団連、与党にも伝染しているようです。

日本に住む市民が生活を再生し、人権を取り戻し、少しでも人間らしい生を全うできるようになるためには市民の多くが現政権を拒絶するための気づきと行動が必要です。ただ、この部分が非常に弱い。とてつもない自助努力が必要なのですが、ここを起爆させる方策が見当たりません。

日本を核のゴミ捨て場にするために、とりあえず日本は滅ぼしておこうか、と思っている者たちの策謀がうまくいきつつある、という流れの中で、我々市民はどう対応するのか、ということですが、やっぱりもう手遅れかなぁ、という気もします。日本滅亡は第二次大戦後、セッティングが完了してた? それでもあきらめませんが。
Posted by よんた at 2018年03月29日 06:55
昭恵は国会に出て語れ! 

その通りです。既に1万人以上の人が官邸前、国会前でデモをかけ、要求しています。

そして、公文書偽造とは、国家が国家としての体を為していない証左となるとんでもない犯罪。それが目の前で行われているのに、1万人以上の人がデモをしているとは言え、まだまだ少なすぎる。二桁足りない。本当言えば、三桁増しの1000万人デモがあってもおかしくない。

なので、アレ達はまだまだ余裕で上から目線でいられます。そして、このままだと逃げ切りを果たしてしまうでしょう。既に都条例の改悪で7月1日からは「アベ辞めろ」を言うだけで逮捕、という設定が為されてます。卑怯この上ありませんが、アレとコイケ狸共謀で成立。共謀罪で逮捕せんとアカンのに当然身内はスルー。

在日外国人の私ですら、デモ、集会に何度参加したことか。在日日本人の皆さん、もっと危機感を持ってください。関東圏なら100万人集まるのは簡単なはず。沖縄でも、10万人デモを再々行っています。沖縄本島の人口は140万人ほどに過ぎません。

せめて毎週金曜日か土曜日を決めて、集まればいい。別に官邸前や国会前でなくてもかまわない。自然発生的に集まるのはデモでもない。100万人集まれば規制もできない。新宿でも代々木公園でも明治神宮でも皇居でもどこでもかまわないわけで。

アレ達をこのままのさばらせてやりたい放題させるなんて、もう本当にマゾとしか思えない。

と、ここまで書いて、殆ど諦めている自分に気がつく。第一、こんな侮辱に満ちた文をものして人が動く訳もない。もう破れかぶれですね。

って、それでも私は諦めませんが。
Posted by よんた at 2018年03月31日 18:54
国会での証人喚問について

決裁文書の中身を改ざんしたとか騒いでますが、そもそも最初の決裁の権限が誰だったのか?
最終決裁権者がどのポスト(課長? 部長? 局長? もっと上?)なのかがわかれば、中身の書き直しを命じた人間のことも国会で絞れるのでは?
野党が質問してないようなので、ここで質問として出しておきます。

北と中国が会談してるのに、日本では決裁文書のことばかり国会で扱う。米・中・韓・北の連中から完全に取り残される。米は関税のことも政策として
出してきてるのに・・・。

電撃会談を聞いて日本も会談をという人がいるらしいですが、米国の了承なしにやると日中国交を実現した田中元首相のようにスキャンダルにされる
のではないでしょうか。そしてまた、マスコミはあの時と同じように騒ぐだけ。

将来、自衛隊は米軍の歩兵部隊として戦場に戦場送られるのではないかという気がします。
戦う相手がロボット兵士だったりして・・・。

ずくなし様はどう思われますか?
Posted by きんこんかんこん at 2018年03月31日 22:27
 市民メディア放送局 @info_9氏の2018/3/19のツイート
前川喜平・前文科事務次官『忖度ではなく、官邸にいる誰かから「やれ」と言われたのだろう。私は、その“誰か”が総理秘書官の今井尚哉氏ではないかとにらんでいる』この件でコメントします3月31日豊中市立文化芸術ホールでの前川喜平さんの講演会がありまして司会者新聞うずみ火の矢野さんが同じく誰かと質問があり前川さんが今井さんの名前を出しました間違いないです
Posted by 西 三恵子 at 2018年04月03日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。