ソールズベリー 2 被害者の親子の側から見るととんでもなく怖い事件: ずくなしの冷や水

2018年03月12日

ソールズベリー 2 被害者の親子の側から見るととんでもなく怖い事件

この事件は、大変怖いです。21人が傷害を受け、3人が入院中です。ということは、強い症状の出た親子のほかに事件の知らせで駆け付けた警察官も強い害を受けていることになります。

ガスではなくて、何か残留性のある神経剤でしょうか。

RT2018/3/8の記事から
A total of 21 people were injured and three remain in hospital after the “incident involving attempted murder” which left the former Russian double agent, Sergei Skripal, in critical condition, British police have said.

“Multiple people have been treated, around 21 people, including the man and the woman found on the bench,” the acting chief constable of Wiltshire Police, Kier Pritchard, told Sky News, referring to Skripal and his daughter. He also said that all those affected went through “the hospital treatment process” and, in particular, had blood tests.

The acting Wiltshire Police head also said an unspecified “smaller” number of the injured were police officers. He then added that only three people, including the former agent and his daughter, remain in hospital. The third person is a local police sergeant, identified as Nick Bailey.

現場は、白と黄色のテントがある場所のようです。警官の後ろに見えるベンチと同じようなものがテントのところにあったのでしょう。


RT2018/3/6 Moscow is open to working with UK over incident with Russian ex-double agent – Kremlin から

上の画像と同じ方向から見ています。上の画像は望遠レンズを使用しているため遠近感が出ていません。
以下の3枚はGoogle mapから


空から見たところ。駐車場のある公園の片隅ですが、上の画像では人もそれなりに出ています。


現場だと思われます。


反対側から見ています。


人通りもあり、人目に付くところで犯行が行われています。
すぐ近くには店などもあります。

なぜこの場所を選んだのか。事件のあったことを広く知らせたかった?

親子を殺害する意図があったとして、飲み物に入れたりしなかったのはなぜ? 本人らと面識のない人たちの犯行です。第三者の関与を避けた。

ガスまたはそれに近い神経剤が使われています。警官が入院するほどですからかなりの量が使われています。至近距離から噴霧した可能性?

ロシアが疑われていますが、こんな風に目立つ形で暗殺を図ることは考えにくいです。関与していようといまいと、二重スパイだったというだけで、疑われることは避けられないのですから。

この方法を選んだということは、犯行を犯した者がロシアが疑われるようにしたかったということです。

そして、早々と外務大臣がそれをにおわせるような発言をしています。防衛大臣も続きました。二人ともに日ごろから激しい発言が多いのですが、今回も先入感を植え付けようとしています。

被害者の親子は、日ごろの生活に特に変わったことはなかったのではないでしょうか。そのようなことは伝えられていません。平穏に暮らしていても、昔のロシアとのかかわりに付け込まれて、娘ともども被害者にされてしまったということであれば、こんなに怖いことはありません。

英国にも情報機関があります。リトビネンコの事件もロシアが関与した、プーチンの承認があってやったと英国政府は結論しましたが、これも確たる証拠はありません。

今回の事件も犯人は捕まらない? 仮にそうであれば、この親子はスケープゴートに仕立てられたということになります。

RT2018/3/9
Moscow is prepared to cooperate with a British investigation into the death of ex-spy Sergey Skripal, the Russian foreign minister said. He dismissed rumors of the country’s involvement as “hysteria” and “propaganda.”
Sergey Lavrov said that Russia is blamed for everything that goes wrong on the planet, and noted that no facts had been presented to suggest any Russian involvement in the poisoning of Sergey Skripal and his daughter.

“We haven’t heard a single fact, we only watch TV coverage, where your colleagues speak fervently with serious faces that if it is Russia. The response will be that Russia will remember forever. It’s not serious, it’s propaganda at its finest and pressing hysteria,” said the foreign minister, who was speaking at a press conference alongside his Ethiopian counterpart, Workneh Gebeyehu.

However, Lavrov stated that if British authorities were interested in cooperating with Russia in relation to any case, “be it poisoning of British subjects, be it rumors of interfering in US campaign, if help is really needed, we are ready to look at such possibility.

“However, to conduct such matters, one shouldn’t run to TV screens with baseless accusations, but turn professionally to existing channels, including law enforcement,” he added.

Lavrov added that the frenzy of finger-pointing at Russia sought “parallels” with the case of Alexander Litvinenko. However, the Russian FM pointed out that Litvinenko’s death, also blamed on Russia, hasn’t been fully investigated.

RT2018/3/11
250 officers from 8 units: UK diverts ‘enormous resources’ to probe Russian ex-spy’s poisoning
Amid hysteria surrounding the mysterious poisoning of Sergei Skripal, Britain is dedicating a significant part of the country’s anti-terrorism capacity to look for Moscow’s hand in the former Russian double agent’s misfortune.

The UK government has diverted significant resources, with eight out of Britain’s 11 anti-terrorism units currently helping to investigate the poisoning of former GRU agent Sergei Skripal, Home Secretary Amber Rudd revealed, at a time when a “severe” international terrorism threat hangs over Britain.

“I want to stress that they are proceeding with speed and professionalism. We are putting in enormous resources to ensure that they have all the support that they need to do that,” said Rudd, after chairing a meeting of Cobra, the UK’s emergencies committee.

The UK believes that Skripal, 66, and his daughter Yulia, 33, were exposed to a nerve agent. The two were found slumped on a bench outside a shopping center in Wiltshire on March 4. British police say that more than 20 people in total were injured in the alleged attack, which has been described by authorities as “attempted murder.” Both victims remain unconscious and in a life-threatening condition.

Following the incident, authorities managed to collect 240 pieces of evidence and have identified some 200 witnesses to the crime, Rudd said, noting that 250 officers are taking part in the investigation. The incident is getting so much attention that the government will be sending the Armed Forces to Salisbury in order to handle potentially dangerous evidence in the area of the initial poisoning.

The BBC reported on Saturday night that traces of a rare nerve agent, thought to be used in the poisoning, were found in a local branch of Zizzi, a chain restaurant, and one of the five locations at the center of the police investigation.

While Rudd insisted that the investigators “need to be given the space and time” so that they can be “absolutely clear” when assigning blame for the attack, British officials continue to insinuate that a foreign power – presumably Russia – was involved. Earlier, Foreign Affairs Minister, Boris Johnson vowed to respond “robustly” if evidence emerges of Russian involvement in the incident, seemingly disregarding that the former spy with a tainted reputation could have made enemies since settling in Britain in 2010.

“The key thing they need to be doing and they will be doing is to look at what Skripal has been doing in his life since he has moved to the UK. And I think this is where the motive for this attack is going to come from,” former MI5 agent Annie Machon told RT. “Let's face it, in intelligence terms, he was a 'busted flush'” with no apparent interest to the Russians.

“It is usually the state level actors that have the capability of producing this sort of agent. However, in terms of who might have used it – that is a different question,” Machon said. “To say that if it’s a state made agent, it must be a state attack is, I think, disingenuous, at best. People can get their hands on this sort of thing. Gangsters and criminals can get their hands on this sort of thing if they’ve got the right money to pay for it.”

While it remains unclear what exactly happened to Skripal, the British media continue to compare the incident with the infamous case of the former Russian security officer Alexander Litvinenko, who died from radioactive poisoning in 2006. Litvinenko’s death sparked a major crisis in British-Russian relations, as many public figures in the West accused the Russian government of alleged involvement. Moscow denied responsibility.

According to the Times, Prime Minister Theresa May is a step away from naming Russia as the chief suspect in the alleged attempted assassination.

Now, the paranoia in the UK in the Skripal case is reaching massive proportions, with a junior minister calling on London to contact its NATO allies over the incident. “Some big questions arise, as to how do you stand up to a clandestine and sinister attack deliberately done to play havoc in our society?” said UK Government Minister at the Ministry of Defence Tobias Ellwood, vouching a “robust response.”

Meanwhile, security minister Ben Wallace said that the culprit would feel the “full force” of Britain’s might. “We will respond with the full force of the United Kingdom’s resources if that is the appropriate and proportionate thing to do.” Wallace told Radio 4.

“There are lots of things that the United Kingdom can do. It is a powerful country with a powerful economy, powerful allies, powerful military and powerful other capabilities – and we shall look at all those.”

Moscow, meanwhile, has labeled the coverage of Skripal’s poisoning as hysterical propaganda. Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said Russia is blamed for everything that goes wrong on the planet, and noted that no facts had been presented to suggest any Russian involvement in this latest case. Moscow also reiterated that it is prepared to cooperate with a British investigation.

Skripal worked as a double agent for the UK intelligence agency MI6 and was jailed in Russia in 2006 for spying for Britain, having passed on the names of undercover Russian intelligence agents. He was pardoned and released four years later as part of a “spy swap” between the US and Russia.

BBC2018/3/12
【元ロシア・スパイ】 パブやレストランの客500人に所持品洗うよう英政府指示
英南西部ソールズベリーで4日にロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)に神経剤が使われたとされる殺人未遂事件に関して、英政府は11日、2人が倒れる前にいたパブやレストランを当日や翌日に利用した人約500人に、所持品を洗うよう呼びかけた。
スクリパリ氏とユリアさんが食事をしていたイタリア・レストラン「ジッジ」のチェーン店で、2人がいたテーブルの上や周囲から、微量の神経剤が発見されたことが、BBCの取材で分かった。テーブルをはじめ、店内で汚染された物はすべて撤去・破棄されたという。
微量の神経剤は、ソールズベリーのパブ「ザ・ミル」のテーブルからも検出された。2人は店内でほかの客から離れたテーブルで食事をしていたという。
化学兵器の専門家たちは警察に、2カ所の店舗が営業を再開できるようになるまで何週間もかかると話している。
スクリパリ氏とユリアさんは重体が続いているが、容体は安定しているという。
英政府主席医務官のデイム・サリー・デイビス教授は、2人と同時に店内で食事をしていた客が健康被害に遭うリスクは「低い」と話している。
英政府は、2店舗に現地時間4日午後1時半から5日の閉店時間までの間にいた人全員に、衣服や所持品を洗うよう勧告した。主な勧告内容は次の通り――。
衣類はできれば洗濯機で洗う
ドライクリーニング限定などで水洗いできない衣類は、当面は二重のプラスチック袋で密封し、当局の情報提供を待つ
携帯電話、ハンドバッグ、その他の電子端末はウェットティッシュで表面を拭く。使用したウェットティッシュはプラスチックの袋に密閉し、ごみ箱に入れる
アクセサリーや眼鏡などは温水と洗剤で洗う
汚染された可能性のある物品を扱った場合、両手を石鹸でよく洗う
デイビス教授は、「厳密な科学分析」の結果、2店舗で付着した神経剤を数週間や数カ月にわたり浴び続けた場合、健康上の問題が起きるかもしれないと懸念されているが、「パニックの必要はない」と述べた。勧告はあくまでも「念のため」の措置で、両店舗の「利用客やスタッフが被害を受けた事実はないと確信している」という。
しかし、ソールズベリーの住民たちは、なぜもっと早くに勧告が出さなかったのかと懸念している。
4日午後に妻や犬と「ザ・ミル」に数時間いたスティーブ・クーパー氏は、BBCに対して、激怒していると話した。
靴や時計や電話を拭くつもりだが、ウェットティッシュで神経剤が落とせるのか心配だという。
同じころに一緒にパブにいて、スクリパル氏がトイレに向かうのを目にした自分の友人には、当日何を着ていたかもはや覚えていない人もいるという。
クーパー氏はさらに、「自分と妻への長期的な影響がどうなっているのか知りたい」と話した。
デイム・サリーは、使用された神経剤の特定は「非常に緻密な作業」で、「科学的な検査には時間がかかるもの」だが、勧告まで時間がかかったことによる悪影響はないと話している。
英リーズ大学のアラスター・ヘイ名誉教授(環境毒物学)は、神経剤は自然界で劣化するものだと説明する。
「水分に触れれば、神経剤は分解する。先週の日曜や月曜に問題のレストランやパブを訪れた人は、所持品を洗うよう言われているのはそのためだ」
スクリパリ氏とユリアさんは、ソールズベリーにあるショッピングセンターの外のベンチで倒れているところを発見された。2人を真っ先に助けようとしたニック・ベイリー刑事巡査部長は重体で入院したままだが、家族と会話しているという。
捜査当局は、2人が事件前に訪れていたパブとレストランのほか、スクリパリ氏の自宅と、同氏の妻と息子が埋葬されている墓地も調べている。
地元ウィルトシャー警察のキーア・プリチャード本部長は11日の記者会見で、捜査対象となっている複数の現場の立ち入り禁止がいつまで続くか「はっきりしたことは言えない」と述べた。
救急車をはじめ捜査対象車両を撤去するなど、英陸軍も警察の捜査を支援している。
対テロ専門の警察官250人以上が捜査に参加しており、これまでに目撃者240人以上を特定し、証拠品200点以上を発見した。
ソールズベリー大聖堂の礼拝で11日、ニコラス・ホルタム主教は、「2人の個人に対するショッキングな攻撃」であると同時に、「私たちのコミュニティーへの侵害」だったと述べた。
posted by ZUKUNASHI at 13:57| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
ロシア人が、作る組織は冷酷で組織を裏切つた奴は消えてもらうと言うことですよ。日本人みたいに、口封じに自分から自殺する人は、いません。日本人は本当にすばらしい民族です。
Posted by 西 亨 at 2018年03月12日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。