67歳? 7年生き延びて後はオマケと思うなら好きに暮せ: ずくなしの冷や水

2018年03月08日

67歳? 7年生き延びて後はオマケと思うなら好きに暮せ

今年になって2か月余が経過、福島第一原発事故からまもなく満7年。自分の心境に変化が生まれている。

一つは、ずっと被曝問題について警告を続けてきたが耳を貸さなかった親しい友の飲み友達が昨年がんで亡くなったこと。そして、同じく被曝問題を鼻で笑っていた長い付き合いの友人も介護施設に入ってそれなりに落ち着いて、おとなしくなっているらしいこと。

個人的にも変化があった。めっきり加齢による体力の衰えを感じるようになったこと、できなければできなくてもよいと思っていた孫ができたこと、しっかりした勤め先もなくうろうろしていた子供もようやく自活に向けて動き始めたこと。

私は、この7年放射能問題を追って毎日があっという間に過ぎていた。ブログに書いている内容が友人、知人に通じないことは早々に悟った。警告しても鼻であしらわれるのであれば会わないほうが良い。後で訃報を受け取るのは辛い。そうはならなくとも、私との接触が相手に迷惑をかけるかもしれない。

そんな思いから友人、知人との接触を避けていたのだが、最近昔からの友人、知人に会う機会が少し増えて、この7年という月日はやはり大きいと痛感するようになっている。友人、知り合いもどこか昔に知っていた人ではなくなっているような感じを受けることが多い。

私の身にも、友人、知人の身にも、7年間の歳月は押しとどめようがない変化をもたらしている。

今会える人たちは、曲がりなりにもこの7年を生き抜いてきた人たちだ。幸い、友人、知人からは、子供や妻が急死したなどという話は聞いていない。原発事故に備えて家族で対応を話し合っていたなどということはあるはずがないので、運が良かったというしかない。

福島第一原発事故当時60歳の定年を迎えた人であれば、今67歳。7年生き延びられたと思えば、喜ぶべきことなのだと思う。家族に対しても社会に対しても、務めは果たしたと自認している人も多いだろう。

もう、新しい情報の吸収力も遅くなっているわけだから、被曝に警戒したり、今の政治に怒ったりすることもなく、自分の楽しみを追い求めのは、ごく自然な姿なのだと思う。そんな姿に不満を言っても始まらないのだ。

よんたさんのような正義感の衰えや諦めを知らない年配者は、例外中の例外なのだと思う。 (削除)よんたさんからコメントが寄せられていますので取り消し線を付して残します。

さあて、自分はどっちにするか? 私に与えられたオマケは、やはり社会の肥やしに還元するのが一番価値があるような気がする。ほかにやることもない。

もう新聞や雑誌、放送で生き方の羅針盤を得ることはできない時代になった。私の子、孫に大人の知恵を授けてくれるのは、ぷうさん?、SYさん?、デスラーさん? N K Mさん?

皆さん、出番は順番ですよね。

・・・・・

SYさんから
ひとつ言えることは、生きてさえいれば何かしらのものに遭遇して、自分の生きる世界を見つけられるし、生きていること自体が結果的にそういうことなのだろうということです。
とにかく死んだら終わりです。生きることの贅沢さ、生きていることの奇跡をもっともっと自覚すべき時代なのかと思います。
・・・確かに。

N K Mさんから
今の中高生はチェルノブイリについてほとんど知りません。昔そんなことがあったらしいという程度です。生まれるよりもずっと前の出来事なので、知らないのも無理はないです。
さらにフクシマについてもほとんど知りません。彼らは当時小学生でした。テレビで散々見た記憶はあるようですが、昔そんなことがあったという程度の認識です。時制でいうと過去完了です。とっくに終わった話しだと思っているようです。
しかし、チェルノブイリでは住民は強制避難で今も帰れないこと、一応石棺でカバーしていること、それに対しフクシマでは、住民は帰還させられていること、原発はほぼ露天であること、7年間ずっと現在完了進行形であると知ると、みんなビックリします。
親が無頓着であれば子どももそうなるのは当然ですが、本来なら子どもの方が残りの人生が長いはずなので、7年経っても知ることは大切だと思います。
しかし、「真理省」によって公文書の書き換えが通用する国の言語でニュースを読んでも信用できないので、外国語は読めるくらいの能力が必要です。
・・・多数の海外メディアは読んでいませんが、英語で読むニュースは世界の動きをビビッドに伝えていてとても面白いです。それに何が真相かをきちんと指摘する専門家がいるのも日本と全く違います。精神安定剤になります。

よんたさんから
他の人より正義感が強いとか諦めが悪いとかいうことではないと思ってます。人種差別とヘイトに対抗し、ある意味、自分の尊厳を守るための抵抗を続けてきました。その結果、正義感が強いように人には映ったりするようですが、自分の成り立ちを維持するがための生活マインドであると自覚しています。

逆に言うと、そうしなければ自分を認め受け入れ、人間として前向きに生きるということが難しかった、ということになります。殆どの方がご存じありませんが、日本では人種差別が歴然と存在し、外国人への、特にアジア人へのかなり強いヘイトが存在します。少なくとも私が生まれ育った今生の中でも存在し続けました。

今では自分の中では解決していますから別段とりわけこれを問題にするつもりはありません。でも、ずくなしさんのブログの中のコメントなどでも時折みられるヘイト感情や人種差別感覚に対して、まだまだだなぁ、とこっそりため息をついている自分がいます。私個人も数え切れないほどの大小のヘイト事件を体験しています。今でも充分、朝鮮人大虐殺が起きる素地が存在しています。是認しない人も多いかもしれませんが、これは私の皮膚感覚です。否定されても意味ありません。

沖縄は人種差別とヘイトがありません。これは私にとっても驚くべきことでした。その状況がこれほどに心地よいものなのか、と改めて感じ入った次第です。そして、勝つまで諦めないという心性も支持できます。

何度でも言いますが、私を在日韓国人というくくりで捉えたり、民族主義だの愛国主義だのという感覚で観たりするのは的が外れています。国? 民族? 愛国心? そんながらくたはどぶに捨ててしまえ、が私の信条なのですから。

沖縄以外の日本を沖縄ではヤマトと呼びます。ヤマトは私には全く楽しい場所ではありませんでした。なので沖縄にいます。

ぷうさんから
我が身を振り返ると、結局、311の前と言っていることもやっていることも、変わらないんですよね。311以前の様々な知見、科学的・医学的な研究の成果に照らして、311の被害状況はどうなのか? これからどうなるのか? それを言い続けているだけなのに、なぜか311以前は正しいとされていたことが、無視されたり歪められたりしている。

まあ、科学や医学を信奉しているわけではありませんが、客観性や合理性においては、経済的な都合や政治的な都合によって、その内容が歪められることはあるまい?! と思っていたのが、この日本では見事に裏切られました。医学者や科学者が、率先して嘘を言ったり、数値をごまかしたり、歪曲したりする。いや、それ以前に、被曝被害の調査に回されるべき研究予算が、被曝隠蔽のための洗脳研究に回されるという事態。さすがに、私の予想を超えました。

というわけで、7年を経て、いまだに汚染状況や被曝被害の隠蔽が続き、メルトダウンの直接的な責任者が総理の座に居座り続け、「直ちに影響はない」と言って、現在に至るまでの被曝隠蔽・放射性廃棄物拡散政策のレールを敷いた人物が、野党第一党の党首?! という、まさかの原子力非常事態が継続している。

「日本、凄い!」としか言いようがありませんが、そういう状況のなかで言うべきことも言い尽くした感があって、個人的には、自分の使命に集中すべき段階かな? という感じです。

最後に「羅針盤?」ですが、最終的には知識と経験、合理的思考を踏まえた上での直感が大事になるでしょうね。自分のなかに生じる違和感を無視しないで拾い出して、切迫した状況では迅速に動き、そうではない状況では気長に曖昧なものが明晰なものになるのを待つ。

いずれにしても、未来の情報は一種の予感のような形で、心に浮かんできます。その曖昧で得体の知れないものに、形を与え、仮説検証してその正誤を確かめるために、知識や経験、合理的・科学的思考を用いるべき?! と言いましょうか?

私たちは、現在を生きながら、潜在意識的なところでは、過去も未来も知っている。しかし、現代社会というのは、私たちの潜在意識にも働きかけて、教育やメディアによる洗脳や歪曲を通じて、私たちの中にある過去や未来の情報へのアクセスを遮断してきたと言えるでしょう。

311後の日本では、さらに科学的な思考や合理的な思考さえも妨害されて、まともに考えることのできる人たちを、逆に煙たがるようにさえなっている。

放射能による精神汚染は、凄まじいものがあります。と言っていた端から、「心の除染」ですからね?! このまま、思想警察の世界に突入するのか、それとも正気の世界に踏み止まることができるのか? もう、内からの変化は無理で、気候変動か外圧による外からの変化しか、状況を動かせないだろう?! というのが、私の現時点での直感であり、見立てであります。

SYさんから
3.11の前後で何が変わったかと言えば、今まで隠していたことが、隠しようがなくなった(隠す必要がなくなった?)、状況の可視化が進んできたことだと思います。

それはネットの利用が板に付いてきたせいでもありますが、隠すのが難しい放射能汚染の存在が大きいです。隠しにくいものを必至で隠したり、隠してほしいと願って自分から騙されたり、逆にそれを批判的に見ていたり、今まで曖昧だったものがはっきりと色分けされた気がします。

私は、学校神話を守るために不登校の子どもたちが殺されたり、精神疾患にされたり、国をあげての学会や医療や普通の大人たちの狂気を見てきたので、放射能に関する今の状況を特別なものとは見ていません。原発の問題にしても3.11以前からずっと反対運動があったわけですが、巧妙に隠されていた問題が隠しようのない形で明らかになってきただけです。

流れとしては、起承転結の転を今は通過中なのだと認識しています。(つまり、ただ今変化中!)どういう結末がやって来るのかは正直分かりません。きっと、後から振り返ればそうだよねと思えるような、意外な結末になると思います。

なので、状況を動かせないどころか、もう止められないだろうね、というのが個人的な認識です。言い方は違うかもしれませんが、ぷうさんの見立てとそれほどの違いはないと思っています。ただ丸ごと変化する?だけのことです。

ヘビー級りとますさんから
震災後、被曝症状癌と甲状腺や家族親族バラバラ、主義の別れた友人に去られと、今やありきたりのこてんぱんの道を通っているのですが、まださほど問題なく(自暴自棄でもなく)私の中のパーソナリティーそのものは変わったという部分はあんまりなく…。
それでも強いて言えば、正体が剥き出しになった現実世界に、揉まれこそげ落とされた核である己の部分を(善悪全て!)全面に出して全力で闘わねばならなくなったこと、でしょうか。
罪もない幼い方、お若い方々、年齢と膨大な人生経験を積まれ世の中に貢献された方々までも、自分の大事な何かを護らねばと本気で必死にならねばならない、皆、今現在同じくそういう日常の中にあるのではと思います。
でもこれが現実世界であると、歪みきった正体を晒しきったこの国、この世界の有り様をはっきり見て認識してしまっては…、
恐れいります…私流で失礼を。
「ほう!こいつは上等じゃねえか。よぉーし!敵サンの正体がめちゃめちゃ超はっきりしたぜぇー!!人生最後まで闘う価値のある目標が出来たってもんだぜ!!」
…と、はっきりすっきりいたしました。
人類が絶対避けて通れない、ある性質は集団の形の中で残酷なほどはっきりと現れる、良かれと思って陥るエゴイズム。その結果の悪行。その最悪の形が今ここに至ったと。
これから何百年、いやそれ以上かかる、もしかしたら負けて滅ぶかもな大きな難問と真っ正面から腹をくくって付き合っていかねばならないって事は嫌でもわかりました。
もう間違えてはいけないのだと。
posted by ZUKUNASHI at 09:55| Comment(15) | 福島原発事故
この記事へのコメント
書店には年寄りの生き方、逝き方、行き方をめぐる本が山積みです。終活という言葉もすっかり定着してしまった感があります。

一方、子どもや若者向けはゲームの影響があるのでしょうか、ファンタジー一色です。現実から逃避して、いきなり真理に到達するのか、それが真理と分からないまま日常との二重生活をやっているのか、奇妙な風景がひろがっています。

ひとつ言えることは、生きてさえいれば何かしらのものに遭遇して、自分の生きる世界を見つけられるし、生きていること自体が結果的にそういうことなのだろうということです。

とにかく死んだら終わりです。生きることの贅沢さ、生きていることの奇跡をもっともっと自覚すべき時代なのかと思います。
Posted by SY at 2018年03月07日 00:21
今の中高生はチェルノブイリについてほとんど知りません。昔そんなことがあったらしいという程度です。生まれるよりもずっと前の出来事なので、知らないのも無理はないです。
さらにフクシマについてもほとんど知りません。彼らは当時小学生でした。テレビで散々見た記憶はあるようですが、昔そんなことがあったという程度の認識です。時制でいうと過去完了です。とっくに終わった話しだと思っているようです。
しかし、チェルノブイリでは住民は強制避難で今も帰れないこと、一応石棺でカバーしていること、それに対しフクシマでは、住民は帰還させられていること、原発はほぼ露天であること、7年間ずっと現在完了進行形であると知ると、みんなビックリします。
親が無頓着であれば子どももそうなるのは当然ですが、本来なら子どもの方が残りの人生が長いはずなので、7年経っても知ることは大切だと思います。
しかし、「真理省」によって公文書の書き換えが通用する国の言語でニュースを読んでも信用できないので、外国語は読めるくらいの能力が必要です。
Posted by N K M at 2018年03月07日 11:25
他の人より正義感が強いとか諦めが悪いとかいうことではないと思ってます。人種差別とヘイトに対抗し、ある意味、自分の尊厳を守るための抵抗を続けてきました。その結果、正義感が強いように人には映ったりするようですが、自分の成り立ちを維持するがための生活マインドであると自覚しています。

逆に言うと、そうしなければ自分を認め受け入れ、人間として前向きに生きるということが難しかった、ということになります。殆どの方がご存じありませんが、日本では人種差別が歴然と存在し、外国人への、特にアジア人へのかなり強いヘイトが存在します。少なくとも私が生まれ育った今生の中でも存在し続けました。

今では自分の中では解決していますから別段とりわけこれを問題にするつもりはありません。でも、ずくなしさんのブログの中のコメントなどでも時折みられるヘイト感情や人種差別感覚に対して、まだまだだなぁ、とこっそりため息をついている自分がいます。私個人も数え切れないほどの大小のヘイト事件を体験しています。今でも充分、朝鮮人大虐殺が起きる素地が存在しています。是認しない人も多いかもしれませんが、これは私の皮膚感覚です。否定されても意味ありません。

沖縄は人種差別とヘイトがありません。これは私にとっても驚くべきことでした。その状況がこれほどに心地よいものなのか、と改めて感じ入った次第です。そして、勝つまで諦めないという心性も支持できます。

何度でも言いますが、私を在日韓国人というくくりで捉えたり、民族主義だの愛国主義だのという感覚で観たりするのは的が外れています。国? 民族? 愛国心? そんながらくたはどぶに捨ててしまえ、が私の信条なのですから。

沖縄以外の日本を沖縄ではヤマトと呼びます。ヤマトは私には全く楽しい場所ではありませんでした。なので沖縄にいます。
Posted by よんた at 2018年03月07日 20:33
ずくなしさんも、7年間、ご苦労様でした。私も3、4年くらいかな? ずくなしさんの手の平の上というか、褌の下というか、なんとも言えませんが、好きに踊らせていただきました。

感服するのは、私を筆頭にややこしい人たち?を抱えながら、排除するでなく、肩入れするでもなく、場を保っていく度量の深さですね。そして、世間の洗脳にあらがって、淡々と更新し続けていく根気強さ? 私はすぐにぷっちんするし、すぐに飽きてしまうので、少しは見習わないと! と思っています。

我が身を振り返ると、結局、311の前と言っていることもやっていることも、変わらないんですよね。311以前の様々な知見、科学的・医学的な研究の成果に照らして、311の被害状況はどうなのか? これからどうなるのか? それを言い続けているだけなのに、なぜか311以前は正しいとされていたことが、無視されたり歪められたりしている。

まあ、科学や医学を信奉しているわけではありませんが、客観性や合理性においては、経済的な都合や政治的な都合によって、その内容が歪められることはあるまい?! と思っていたのが、この日本では見事に裏切られました。医学者や科学者が、率先して嘘を言ったり、数値をごまかしたり、歪曲したりする。いや、それ以前に、被曝被害の調査に回されるべき研究予算が、被曝隠蔽のための洗脳研究に回されるという事態。さすがに、私の予想を超えました。

というわけで、7年を経て、いまだに汚染状況や被曝被害の隠蔽が続き、メルトダウンの直接的な責任者が総理の座に居座り続け、「直ちに影響はない」と言って、現在に至るまでの被曝隠蔽・放射性廃棄物拡散政策のレールを敷いた人物が、野党第一党の党首?! という、まさかの原子力非常事態が継続している。

「日本、凄い!」としか言いようがありませんが、そういう状況のなかで言うべきことも言い尽くした感があって、個人的には、自分の使命に集中すべき段階かな? という感じです。

最後に「羅針盤?」ですが、最終的には知識と経験、合理的思考を踏まえた上での直感が大事になるでしょうね。自分のなかに生じる違和感を無視しないで拾い出して、切迫した状況では迅速に動き、そうではない状況では気長に曖昧なものが明晰なものになるのを待つ。

いずれにしても、未来の情報は一種の予感のような形で、心に浮かんできます。その曖昧で得体の知れないものに、形を与え、仮説検証してその正誤を確かめるために、知識や経験、合理的・科学的思考を用いるべき?! と言いましょうか?

私たちは、現在を生きながら、潜在意識的なところでは、過去も未来も知っている。しかし、現代社会というのは、私たちの潜在意識にも働きかけて、教育やメディアによる洗脳や歪曲を通じて、私たちの中にある過去や未来の情報へのアクセスを遮断してきたと言えるでしょう。

311後の日本では、さらに科学的な思考や合理的な思考さえも妨害されて、まともに考えることのできる人たちを、逆に煙たがるようにさえなっている。

放射能による精神汚染は、凄まじいものがあります。と言っていた端から、「心の除染」ですからね?! このまま、思想警察の世界に突入するのか、それとも正気の世界に踏み止まることができるのか? もう、内からの変化は無理で、気候変動か外圧による外からの変化しか、状況を動かせないだろう?! というのが、私の現時点での直感であり、見立てであります。




Posted by ぷう at 2018年03月08日 00:07
3.11の前後で何が変わったかと言えば、今まで隠していたことが、隠しようがなくなった(隠す必要がなくなった?)、状況の可視化が進んできたことだと思います。

それはネットの利用が板に付いてきたせいでもありますが、隠すのが難しい放射能汚染の存在が大きいです。隠しにくいものを必至で隠したり、隠してほしいと願って自分から騙されたり、逆にそれを批判的に見ていたり、今まで曖昧だったものがはっきりと色分けされた気がします。

私は、学校神話を守るために不登校の子どもたちが殺されたり、精神疾患にされたり、国をあげての学会や医療や普通の大人たちの狂気を見てきたので、放射能に関する今の状況を特別なものとは見ていません。原発の問題にしても3.11以前からずっと反対運動があったわけですが、巧妙に隠されていた問題が隠しようのない形で明らかになってきただけです。

流れとしては、起承転結の転を今は通過中なのだと認識しています。(つまり、ただ今変化中!)どういう結末がやって来るのかは正直分かりません。きっと、後から振り返ればそうだよねと思えるような、意外な結末になると思います。

なので、状況を動かせないどころか、もう止められないだろうね、というのが個人的な認識です。言い方は違うかもしれませんが、ぷうさんの見立てとそれほどの違いはないと思っています。ただ丸ごと変化する?だけのことです。
Posted by SY at 2018年03月08日 04:33
…図々しくもお邪魔させていただいてもいいでしょうか…百戦錬磨の皆様のコメントに、こそっとお目汚しすみません。
震災後、被曝症状癌と甲状腺や家族親族バラバラ、主義の別れた友人に去られと、今やありきたりのこてんぱんの道を通っているのですが、まださほど問題なく(自暴自棄でもなく)私の中のパーソナリティーそのものは変わったという部分はあんまりなく…。
それでも強いて言えば、正体が剥き出しになった現実世界に、揉まれこそげ落とされた核である己の部分を(善悪全て!)全面に出して全力で闘わねばならなくなったこと、でしょうか。
罪もない幼い方、お若い方々、年齢と膨大な人生経験を積まれ世の中に貢献された方々までも、自分の大事な何かを護らねばと本気で必死にならねばならない、皆、今現在同じくそういう日常の中にあるのではと思います。
でもこれが現実世界であると、歪みきった正体を晒しきったこの国、この世界の有り様をはっきり見て認識してしまっては…、
恐れいります…私流で失礼を。
「ほう!こいつは上等じゃねえか。よぉーし!敵サンの正体がめちゃめちゃ超はっきりしたぜぇー!!人生最後まで闘う価値のある目標が出来たってもんだぜ!!」
…と、はっきりすっきりいたしました。
人類が絶対避けて通れない、ある性質は集団の形の中で残酷なほどはっきりと現れる、良かれと思って陥るエゴイズム。その結果の悪行。その最悪の形が今ここに至ったと。
これから何百年、いやそれ以上かかる、もしかしたら負けて滅ぶかもな大きな難問と真っ正面から腹をくくって付き合っていかねばならないって事は嫌でもわかりました。
もう間違えてはいけないのだと。

(…すみません。おかしなスイッチONです。有名な山口県秋川全植卵ついにベクレです。ウラン系の意識不明睡眠でかような時刻。お目汚し何か失礼をしてしまいましたら無視してくださいm(_ _)m。)
Posted by ヘビー級りとます at 2018年03月08日 04:39
おはようございます。
ヘビー級りとますさんのコメントにびっくりして、コメントさせていただいてます。

>有名な山口県秋川全植卵ついにベクレです

これ、情報元はどこでしょうか?
我が家が唯一OKにしている卵なので、本当ならショックです。
3月5日の秋川牧園の放射能検査を見ると、不検出になっていますが・・・
https://www.akikawabokuen.com/radioactivity_2018-03-05/

情報のでどころを教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。
Posted by ひまわり at 2018年03月08日 10:14
りとますさんが回答してくれると思いますが、りとますさん自身の体調の反応だと思いますよ。
「ウラン系の意識不明睡眠でかような時刻。」
食べ物の反応で睡眠に陥り、夜中に目が覚めたということでしょう。
Posted by ずくなし at 2018年03月08日 12:15
すみません、ひまわりさん。
私もずっと(半年ほど)注文してました。私と母はかなり体質に難があり、被曝症状の症状が出やすく、他の方々より非常に敏感過ぎて参考になるかわからないです。その点について症状が出る人が限定的である説明が足りなかった事お詫びします。
うち限定症状で説明しますと、一ヶ月近く前から食べる度、爆睡昏睡睡眠で生活に支障が出るようになった、体全体の血流が悪くなり手足が痺れ、髪も多く抜ける等症状が出た、同じ飼料を食べている鶏肉ではもっとはっきり出る為うちではもう摂取不可能です。某九州大分卵のマヨネーズでは症状は出ませんでした。
うちでは経済的に苦しくストロンチウム他詳しく検査に出す事が出来ません。
ひまわりさん、お役にたてませんですみません。
Posted by ヘビー級りとます at 2018年03月08日 12:41
ずくなしさん、ヘビー級りとますさん
お返事ありがとうございます。

ヘビー級りとますさんがおっしゃる体の反応、私もカナリア体質なので、わかります。
検査ではNDのものでも、下痢したり発疹がでたりします。
なかなか人には理解してもらえないので、大変ですよね。

秋川卵は
・配合飼料のすべてにおいて、非遺伝子組み換えのものを特定しています。
・さらにトウモロコシは、ポストハーベスト無農薬です。
・国内自給率向上を目指して、飼料用のお米を10〜20%、エサに配合しています。
・植物性主体の飼料を与えます。肉骨粉や油脂は、風味を損なう要因となり、残留農薬も心配されるので使用しません。
・自然の日光や風がよく入る、開放型鶏舎で育てています。
・ケージで飼育される鶏は、ケージの段数を1〜3段とし、1枠にも2〜3羽の鶏のみを入れています。
・農場と、割卵した卵を定期的に検査し、サルモネラ菌に対して安心な卵を育てています。
・定期的に、卵と鶏に与えるエサの放射能検査を実施しています。

これだけではなく餌として与える飼料米も自家製というこだわりようです。
ここまでやっているところはほかに知りません。
それでも「何か」が原因となっているのですね。
とうとう、秋川卵もか・・・という心境です。
お答えくださってありがとうございました。



Posted by ひまわり at 2018年03月08日 16:45
秋川牧園の放射能検査結果ですが、
Cs134とCs137の検出限界値が概ね3〜4Bq/kgくらいでの不検出となっているので、
体質によっては影響が出る方もいらっしゃるかと・・・

ドイツ放射線防護協会(1990年設立)
2011年3月「日本における放射線リスク最小化のための提言」
 子供 食品1s当り 4Bq
 大人 食品1s当り 8Bq
(世界で最も厳しい基準といわれているようです。)
Posted by YK at 2018年03月08日 17:24
YKさん ありがとうございます。
りとますさんは、「ウラン系の放射性物質による意識不明睡眠」症状が出ているようです。
となると、セシウムの濃度とともにウランなどの濃度が問題となってきます。残念ながらどこもウランなどは測定していませんが、ゲルマニウム半導体を使った測定では日本産の食品のほとんどからラジウムが検出されているとの情報があります。
ということは、その親核種のウランも含まれているということですね。
Posted by ずくなし at 2018年03月08日 17:53
ホームページの採卵用飼料の説明に、カルシウム源についての記載がありませんね。
それに、某白食品に比べて検出限界値が高い!(十分健康を損ねるレベル?)

私が住んでいる地域は養鶏が盛んで、いろいろな種類の卵が売られているのですが、その中に貝化石(要は石灰石?)を使ったものがあり、今はそれを買っています。特に説明とかありませんが、さり気無く波風立てずに分かる人には分かる表示で、値段も普通の卵に比べて少し高いだけです。(値段を高くするほどのコストは掛かっていないはずですが、まあ)

件の卵もそこまで考えていれば、セールスポイントとして宣伝するでしょう。しかしそれがない、表示さえないということは、推して知るべしということでしょうね。
Posted by SY at 2018年03月09日 01:21
すいません。私も深夜脳で怪しくなってしまいました。

ウラン系列の汚染だとすると、国産飼料経由の可能性が高いですね。循環農法の自家栽培飼料を使っているのなら、汚染が定着してしまうでしょう。畜産品は飼料経由の生物濃縮が起こりますから、環境や飼料の汚染の目安にはなっても、食べられないのなら意味がありません。非汚染地からの輸入や、汚染度の低い植物性を利用していくしかありません。
Posted by SY at 2018年03月09日 14:13
ずくなしさん、SYさん、ひまわりさん、ありがとうございました。
大変参考になりました(。-人-。)。
ちょっと時間かかりましたが、やっと復活しました…只今、民間毒消しの硫黄化合物、葱、玉ねぎ、にんにくなどで継続回復中です(効くかな?)。
しばらく、日本の動物たんぱく質、さらばなのです。
皆さま感謝です
(何ページ前だろ…)
Posted by ヘビー級りとます at 2018年03月11日 01:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。