運悪く不幸で可哀想な私になった: ずくなしの冷や水

2018年02月13日

運悪く不幸で可哀想な私になった

2018年02月09日 2018/1人口動態速報 横浜が大変なことになっているに寄せられたぷうさんとSYさんのコメント。週末の夜、見識ある大人はグラスを片手にこんな風に語り合うのです。私も一杯飲もう! 女性もどうぞ参加してください。

ぷうさん:
問題は、内部被曝が存在しないγ世界線において、どう見ても初期被曝か内部被曝の影響によると思われる疾病の増加、人口動態の悪化が見られはじめた時に、これをどう処理するのか? ということです。

不安なもの、不快なものを、無意識下に抑圧することによって精神の平衡を保とうとすると、神経症になりますよ! ということは、100年前にフロイトというエロい人が指摘しています。さらに、そうした個人的な無意識の問題が、社会全体の集合的意識に拡大して、国家レベルでの問題になる、ということは、弟子のエロい人、ユングさんが指摘しています。

不安や不快に対しては、それを明らかにして、理解し、直面して、合理的な対処を行うべし! というのが、フロイトさんやユングさんの処方箋になるわけです。

というわけで、結局、どこかでγ世界線からα+β世界線へリープするしかないんですよね。連続的に、徐々に理解して、世界線を移動することは不可能で、どこかで内部被曝の存在を作業仮説として受け入れるか? あるいは、死ぬまでγ世界線のなかで、「なんでだろう?」と思いながら、内部被曝以外の病因を探し続けて、対処療法に終始しながら、最後は火葬場の煙突から離脱するか?

いや、「内部被曝という言葉を使用しないで無視すれば、内部被曝は存在しなくなる」というのであれば、どんなに楽か? でも、自分の視界から消えると、認知的にもそれが存在しなくなる、というのは、「いないいないばあ」遊びが成立する乳児の発達レベルなんですよね。

日本の科学者、医者、教師って、認知的には乳児レベルの発達段階なのか? というのが、最近になって思い知った驚きの事実です。

SYさん:
気にしない人の認識は、基本的に他人事です。ガンが増えても、突然死があっても、葬式が増えても、せいぜい気をつけなくっちゃ(何を?どう?)ぐらいのことです。全ては運、確率の問題で、自分は確率の大きい方の一人であって、小さい方の事象が自分に確定的に降りかかることは想定していません。たとえそうなっても因果関係には気づきません。ただ運悪く不幸で可哀想な私になったという認識です。

実際、無意識下に入ってさえいないレベルだと思います。普通とか常識という認識の範囲に(大きめに?)括られているのです。統計の数字もたいした意味をなさないでしょう。人口が半減しても、何も起こらない、普段どおりの生活認識が続くのです、たぶん。(ふと新井素子の「大きな壁の中と外」を思い出した。結末は真逆だが)

それは昔も今も変らないと思います。矛盾に何となくでも気がついて苦しくなり、フロイトやユングが治療対象とした人たちがいったどれだけいたのか、全体から見れば極僅かだと思います。α+βの世界は元々とても狭いのです。

日本の知性を担っているはずの人たちが、職業上いないいないバーの世界の住人であることは明らかです。プライベートなところは分かりません。たぶん使い分けて、神経症レベルの苦痛を日々味わっていると思いますが、一応それで飯を食っているのですから、表には出しにくいでしょうね。

横浜にてさん:
ぷうさんやSYさんのおっしゃること、本当にごもっともです。

放射能の怖さを訴えたら、「お前は精神病か新興宗教!」と言った家族がいよいよ深刻な腰痛と治療済だった歯が何本かだめになることが続いても食べ物に気をつけようという気がサラサラ無いのは、私には理解できない世界です。

原爆で生き残った人たちが、ケガなどせずに元気だった人が突然死んでいくことが続いたら「次は自分かもしれない・・」といつも不安に思いながら生きてきたのに、今の日本人は「自分は絶対大丈夫」と思って生きている。

いつの頃からか朝目が覚めたと思っているこの世界が夢の中なのではないか?思いながら暮らしています。

自分のまわりを見ると、放射能が他人事と思える人は、北朝鮮や韓国をバカにしたり・・という層とも重なるのではないかと思われます。

あともう少し、何とか生きる努力をしていけば、放射能他人事の人や、ヘイトスピーチ礼賛の人が随分淘汰されてすこ〜し良い世の中になってくれればと思います。

家族が全員無事なんていう人は、初期に海外に移住された方々くらいしかいなくなるのでしょうね。

一人ひとり、気をたしかに持って生き残っていきましょう。
それが、残された時間で少しずつマシな世の中を作る第一歩かと。
posted by ZUKUNASHI at 15:17| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。