福井県民は原発事故など恐れていないのでは?: ずくなしの冷や水

2018年02月08日

福井県民は原発事故など恐れていないのでは?

※ 昭和おやじ 【打倒安倍政権】 @syouwaoyaji氏の2018/2/7のツイート
豪雪で交通が麻痺している福井県!!
原発再稼働させ、こんな時に原発事故が起こったら、どうするつもりかね?
何処へも逃げられんぞ!!
稲田がなんとかしてくれると思っているのかな?

※ Yu_Luck @Yu_Luck氏の2018/2/8のツイート
福井・大雪立ち往生解消されず…いまだ680台、2夜続け車内― スポニチ Sponichi Annex 社会

・・・引用終わり・・・

国内のマスメディアでどれほど伝えられているのか分かりませんが、ツイッターの情報によると福井などの豪雪はすさまじいものがあるようです。

通常、積雪があると放射線が遮断されて空間線量率が下がります。そのため過去30日間の平均と最近時の空間線量率を比べれば最近の値が低下しています。高島市マキノの例を見ると、1月26日から空間線量率の水準がストンと落ちています。



ですが、時々水準低下前のレベルまで空間線量率が上昇しており、放射性物質がどこかから流れてきています。

雪国の方は、冬期間の備蓄の備えも怠りないでしょうから、原発事故が起きたら何よりも籠城です。そして、状況の変化を確かめましょう。

代議士がなんとかしてくれる? とんでもない。自衛隊が出動しても除雪、排雪には何日もかかります。しかも原発事故の最中にそういう作業はやらせたくないです。
posted by ZUKUNASHI at 12:14| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。