台湾東部でM6.4の地震 台湾の原子力発電所: ずくなしの冷や水

2018年02月07日

台湾東部でM6.4の地震 台湾の原子力発電所

共同2018/2/7 17:37
台湾地震、85人と連絡取れず
余震相次ぎ、救出活動難航
 【花蓮共同】台湾東部花蓮県を6日夜に襲ったマグニチュード(M)6.4の地震で、震源に近い花蓮市では損壊して大きく傾いたビルの入居者ら85人と連絡が取れておらず、7日午後も取り残された人たちの救出活動が続いた。ただビルが傾いていることに加え、余震が相次いでおり、救出活動は難航しているもようだ。
 台湾当局によると、4人が死亡し、負傷者は243人に増えた。

毎日新聞2018年2月7日 01時48分(最終更新 2月7日 02時34分)
台湾
東部でM6.4の地震 花蓮市内のホテル倒壊か
 台湾東部で6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、地震が発生した。米地質調査所によると、地震の規模はマグニチュード(M)6.4と推定されている。現地からの映像では、花蓮市内のホテルなどが倒壊し、閉じ込められた人々の救出作業が行われているようだ。



台湾の原子力発電所 Wikipediaから


第一

第二

第三

第四 建設中止
posted by ZUKUNASHI at 19:39| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
こんにちは。。
こういう書き方はまずいかもしれませんが、原発立地地位から離れているので、不幸中の幸いだったかもしれません。

北部だったらと思うとぞっとします。
被害が軽くすむよう祈っています。
Posted by くららん at 2018年02月08日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。