2018/2/6 関東に長野からの風: ずくなしの冷や水

2018年02月07日

2018/2/6 関東に長野からの風

2018/2/6、午後になって管理人の自宅で空間線量率が少し上がっています。他の地域でも上がり気味でしょうか。

長野から群馬、栃木、茨城へ風が吹き込んでいます。能登半島で放出が増えると関東でも影響が出るでしょう。


北陸と関東内陸には個人の設置した測定器のリアルタイム表示がないので様子がつかめません。

青森県は、太平洋側に雨がなく日本海側で雨です。下北から放出されたものが西の津軽で降下しているわけです。弘前の子供の障害(?)あってもおかしくないかもしれません。

最新の状況はホワイトフードのマップでご覧になれます。

下北半島は、やはり以前とは異なる何かが起きていますね。


2018/2/6 23:45、由利本荘、湯沢市まで上がっています。青森は三沢が高く南に流れています。モニタリングポストの値の上昇は小幅ですが、六ヶ所村が起源ですとアルファ、ベータに要警戒です。


最新の状況はホワイトフードのマップでご覧になれます。



最近、もんじゅのある地域の周りで空間線量率が上がることが多くなっています。廃炉の技術がないそうですから、このまま半永久的に漏らし続けるのでしょう。

posted by ZUKUNASHI at 17:37| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。