屋外で仕事をする人は必ずマスク: ずくなしの冷や水

2018年02月05日

屋外で仕事をする人は必ずマスク

ここ数日、下北半島、能登半島、柏崎刈羽、若狭湾、島根などで空間線量率の上昇が相次いでいます。

屋外で仕事をする方は必ずマスクを着用しましょう。

安価なマスクでは放射性物質の吸入を防ぎきれませんが、勢いよく外気を吸わないだけでも効果があります。

インフルエンザも流行。数百円の出費でも医療費の支出に比べたら安上がりです。

マスクをする人が増えれば、他の方もマスクをしやすくなります。

管理人がウォーキングの途中、駅のエレベーターで運動クラブの活動帰りの高校生に会いました。ポケットから何かを取り出したとき、マスクらしきものが見えましたので、持っているならやったほうが良いよと声を掛けました。

その高校生は、「流行っていますか?」と問い、そしてマスクをかけました。私は、「流行っている、放射性物質も飛んでいるよ」と答えました。親が持たせても若い人はかけないこともあります。

宅配便のお兄さんに勧めたら車の中にありますとの返事でした。車の中は外の空気と変わらないし、この時期風邪をひいている人も多いからと勧めました。

周りが一声かければ動きます。
管理人はマスクの予備を持って歩いています。

日本海側は西風の強い冬季の間次のような状況が続きます。白血病や乳がんが増えている原発周辺地域もあります。
posted by ZUKUNASHI at 11:53| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。