パルス音で線量率をグラフ化してくれるこのソフトは使える: ずくなしの冷や水

2018年02月06日

パルス音で線量率をグラフ化してくれるこのソフトは使える

GMCLogger : ガイガーカウンタ・データロガー
サイトにあるソフト詳細説明
GMCLogger はガイガーカウンタから出力されるパルスまたは「ピッ」や「カリッ」というパルス音を、マイクなどパソコン入力端子から取込み、このパルスをカウントして放射線量を計算し、データを集計し表示するソフトです。
・1分間のカウント数(CPM)から放射線量を計算し表示します。
・定確度計測法により、一定のカウント数に達するまでの時間から放射線量を計算し表示します。
・測定結果ログを、このプログラムのあるフォルダー内にテキストファイルとして出力します。
・測定値をリアルタイムでグラフ表示します。
・ガイガーカウンタのカウント音をマイクを介してPCに入力することもできます。
使用方法、ガイガーカウンタとの接続方法などはソフトに同梱のreadme.txt、および弊ホームページを参照ください。

・・・引用終わり・・・

管理人は、Windows10、64ビットマシン、SOEKS01M、BHHSM03BKマイクロフォンを使い、このソフトで線量率のグラフ化に挑みました。



その結果です。雑音が大きいところでは遮音が課題ですが静かな場所なら安定して動作します。


SOEKSだけでなく他の個人用放射能測定器でも使えます。追加費用はマイク340円だけ。

これはいい!!

データは1日分ごとにtext Fileに記録されます。何日でも記録できます。グラフも右側の部分を表示できて15時間とかも可能です。無呼吸症候群の方は睡眠中の音を記録するのに使えますね。

それと遠隔地老親見見守り装置にも使えます。姿が映るのは嫌だが物音だけなら受け入れてくれる老人も多いでしょう。本命はこのソフトを使ったシステムですね。

スティックパソコンでやれるか検討します。その前にXPパソコンでやってみました。パソコンは、ネットを見るのにも遅くてイライラするWindowsXPノートパソコン。

SOEKS01Mとマイクロフォンをジップ袋のようなものに入れ、口を閉めケーブルの通り道はガムテープでふさぎます。SOEKS01Mは電源アダプターから直流を供給。マイクの端子はパソコンのピンクの端子につなぎます。これで物陰の振動や音の少ないところに置きます。(雑音が多ければ、さらにもう一つの袋に多めの空気とともに入れてください。放射線は通しますが音は遮断します)



インストールは簡単です。こちらからダウンロードしてインストール。
http://www.vector.co.jp/download/file/win95/util/fh586335.html

gmclog という実行ファイルができますからそれをクリック。次のような画面が始まります。


SOEKSの音の強さを最大にする。XPパソコンのマイク入力の感度、強さを最大にしようと思いましたが分かりませんでした。Windows10と管理画面が全く違います。

このソフトの設定例
パルス形状  Tone
振幅表示倍率 1
トリガー閾値 20,000
不感領域 30mSec
トリガー遅延時間 5mSec
Dc offset 0/32767

上のグラフで最初の1時間は設定調整中です。特に閾値の調整が重要です。感度が良すぎて16.63μSv/hなどという数字が出ています。

1時間経過して安定したのでグラフの縦軸を100cpmから20cpmに変更しました。

cpm平均値は5分間で17cpm、管理人のデスク脇の測定値としてはまず妥当なところです。150cpm=1μSv/hで換算して0.113μSv/h。これも妥当です。

このシステムで表示される値は、設定のいかんにより変わります。そのため絶対水準としては信頼性に欠けます。あくまでも経時的変化を見ることが目的です。その目的では十分使えます。

あなたも試してみませんか? 340円のマイクロホンを買えば実現できます。

管理人はシンチレーション式の測定器は持っていないのでシンチレーション式のものでもパルス音がするかは知りません。エステーエアカウンターはパルス音を出せるように書いてありましたが、管理人が買ったものは音が出ませんでした。パルス音がなければ、このシステムでは使えません。

パルス音が出力できる測定器ならこのソフトを使って容易にグラフ化できます。MAZURも高いソフトを買う必要はないようです。ただソフトの作者が注意喚起しているようにGM管を使った測定器は、高電圧部分がありますので、それがパソコンに障害を引き起こす恐れはあります。



このソフトは、なかなかの傑物のような気がしています。

MAZURとノートパソコンの組み合わせでやってみました。MAZURの電池が消耗していますので、パルスが弱いようです。電池交換が少し厄介です。ソフトはパーフェクトです。MAZURやInspector用に海外の高いソフトを買う必要はまったくありません。
posted by ZUKUNASHI at 13:44| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。