伊方から沖縄へ いや沖縄は別の放出源: ずくなしの冷や水

2018年02月01日

伊方から沖縄へ いや沖縄は別の放出源











石垣市の1/31昼過ぎのピークは放出源が異なると見られます。












伊方原発近傍のMPの上昇幅はそれほど大きくはありませんが、広範囲に影響を与えているらしいところを見ると放出量は大きいと見られます。








2018/2/1 午前10時現在、伊方は北北東の風







空間線量率の上昇は名護市と那覇市では22:20過ぎに始まり、うるま市では23:10ころになっています。発生源は沖縄県内ではなく、沖縄県外の可能性が強いです。伊方が主因と考えるのも少々難しく、昨日来の強雨の影響も大きそうです。
posted by ZUKUNASHI at 12:12| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。