手製 遠隔地老親見守り機の作り方: ずくなしの冷や水

2018年01月08日

手製 遠隔地老親見守り機の作り方

苦心惨憺の末、ようやく遠隔地老親見守り機を作りました。

これがあれば、遠隔地からいつでも老親がどんな様子かが分かります。複数の親族で監視することも可能。監視カメラ機能に画像をネット上にアプロードする機能を付加したものはおそらく市販されているはずです。そちらを使う手ももちろんあります。

私の場合は、スティックパソコンとウェブカメラを組み合わせて作りました。1万円+5千円(カメラ少し高いもの)、それにネット接続のための機器、モニターに接続させない場合はダミーの端末が必要ですから総額1万7、8千円でしょうか。

ウェブカメラをまだつないでいませんが、そちらのソフトのインストールは容易で特に困ることはないはずです。モニターにカメラの画面を映し出し、それをキャプチャーソフトで捉えてサーバーに送り、見たい人はサーバーにつないだパソコンのブラウザーで見る仕組みです。

作成過程で一番時間を要し、苦労したのが一定の時間ごとのキャプチャーとそれのサーバーへのアプロードを自動化し、メンテナンスフリーにすることでした。

いろいろなフリーソフトを探して使いましたが、結局「AutoScreenCap」を使いました。当初このソフトのアプロード機能が安定して働かず、FTPについてはFlingの同期ソフトを使ったりしましたが、この組み合わせではしばらくはうまくいくもののFlingの有料ソフトへの切り替えを促す吹き出しが出たりするとアクティブ画面が変わって所期の画像が送られなくなったりしました。

ShareXも使いましたが、こちらはfile名を同じにしても履歴などがずらりと残り、長時間連続稼働ではShareXのメンテナンスが必要になりそうに考えて、最終的な採用は見送りました。

キャプチャーとアプロードのソフト AutoScreenCapの設定

「AutoScreenCap」を使う場合の留意点を下に記します。
@ このソフトは、隠密裏にモニター画面をキャプチャーしてサーバーに送るのが目的です。そのため、これを導入してもパソコンのプログラム一覧には出てきません。ダウンロードしたファイルを解凍するとすぐに実行できますが、プログラムの所在を見つけ出すのが困難です。

私の例ではプログラム本体は、デスクトップにZIPファイルを移してから解凍しましたのでプログラム本体はデスクトップにあります。

ですが画像ファイルのフォルダーは次の場所に設定されていました。


プログラムが立ち上がった際に必ずショートカットを作り、デスクトップに置いておきます。さもないとソフトの起動の際にいちいち探す手間がかかります。

A このソフトはとてもデリケートな面があり、解凍後の画像を保管する場所を変更したりすると、FTPが働かなくなったりします。解凍後は関係のフォルダーの場所やファイルの名前を変えたりしないようにします。

B 特にFTPのリモート(サーバー)のpathの設定で時間を取られました。ここはpathのいくつかの段階から書き込んで、どこから指定したらうまくいくか調べる必要があります。

以下は私の設定例です。

overwrite、上書きにしてあるのは、ブラウザーで最新時点の画像を見るためです。上書きにしなければ一定時間ごとの画像がすべてサーバーに送られて保管されますが、ファイルの名前が変わるためブラウザーで見るためにはいちいちファイル名を指定しなければなりません。


ファイルの保管場所が大変込み入った、わかりにくい場所に作られています。これは意図的にそのように設定されています。


専用機ですのでパソコンの電源を入れると同時にソフトが立ち上がるようにしています。


FTP folderの記載は、お使いになるサーバーによって異なります。その上の3か所の入力欄もそれぞれに異なります。画面の右下欄外に何かタスク処理の状況を示す表示が出ます。上にある表示は正常稼働を示すもののようです。これが出れはOKです。

上の画像は、アクティブなWindowを変えながら「AutoScreenCap」でとらえた画像をサーバーから取り出して作っています。

「AutoScreenCap」の存在を知ったのは、次のサイトを探り当てたからです。 2016年2月26日の記事で、このソフトはその後改訂版が出ており、FTP機能がついています。
今日のどーじょー主
一定間隔でスクリーンショットを自動保存

さて、ようやく準備が整いました。カメラを動かせば私の顔や姿が何分かおきに更新されて映ります。子供にいつ連絡しようかな?

えーっ、そんなの見るわけないって? ずいぶんと痛いところを突きますね。あなたもそうですよね。親のことなど心配している暇はない、自分のことだけで精一杯。こんな世の中に誰がした!!

・・・・・

順調に動いているかと思いきや、ときに送信が止まります。そしてファイアーウォールの警告が。Autoscreencapのファイアーウォール設定を直しました。サーバー側の問題でも、ソフト自体の問題でもなく、Windowsのファイアーウォールの問題だったようです。


パブリックでは使いませんからプライベートのほうの許可が必要です。


パブリック、プライベート双方でのファイアーウォール経由の通信を許可しました。

でも他のソフトではこんな問題はありませんでした。Autoscreencapでほかにもう一回あったかな。

キャプチャーとアプロードのソフト ShareXの設定

Autoscreencapの動作が安定しません。ShareXに戻ることにしました。ShareXの設定方法を説明します。

ShareXをインストールして起動させた最も基本的な画面です。この画面キャプチャーの時点ではすでに何枚かサーバに送っているのでその記録が表示されています。


何はともあれキャプチャーした画面の目的地、送付先を教えてやります。Destinations → Destination Settings


Destination Settings の画面です。Imgurの画面がトップに来て、その下には知らない名前がずらりと。ここで戸惑いますが、構わずFTP/FTPS/SFTPを選びます。


FTP/FTPS/SFTPを開けると次の画面になります。通常のFTPの設定と同じです。Remote directryはサーバーの画像ファイルを格納保存する場所を指定します。aaa/www/images などのように自分が借りたサーバースペースの中のフォルダーを書きますが、サーバーによって指定の仕方が異なる場合もありますので、自分のサーバーアドレスの次に www/imagesと置いたり、単に /imagesと置いたりして接続できるpathを探してください。

URL pathは、その項目欄に記載した内容からソフトが自動で作りますが、これが画像をネットで呼び出すときのアドレスになります。

次は画像ファイルの名前を決めます。何もいじらなければデフォルトの日付時刻のファイル名になります。これですと、ブラウザーで最新画像を読み込むことができなくなりますから、リアルタイムで画像確認の場合は、例えば screenshot.png と名前を指定します。同じ名前ですと、ファイル規模が異なってもサーバーには上書きされます。過去の画像を別途保管できますが、検索のためには日付時刻の名前が便利です。



最後にキャプチャーする範囲とインタバルの時間を指定します。Capture から入って Auto Captureへ。画面の一部を指定するときは、Custom regionを選択して範囲を描くと、座標が読み取られて範囲が設定されます。

キャプチャーの時間間隔を指定します。数秒おきのキャプチャーからできるようです。そしてStartを押します。上の画像ではすでに動いているのでStopが表示されています。

次の二つの画面は、設定が終わった後の確認のようなものです。意図したところにチェックがついているか、アクティブになっているか確認します。セットがうまくいかないと、これらのチェックがきちんとつきません。





仕組みが分かるとそれほど難しくありません。普段自分が使っているパソコンで画面キャプチャーのテストをするときは、お気に入りや開いているサイトがうっかり知られてしまうことのないよう気を付けましょう。

BDSM.JP とか JK_Club.com などのサイトやブックマークが覗いていたら、赤面ものです。
posted by ZUKUNASHI at 23:47| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。