2018年の予感 今年も気を引き締めていきましょう!: ずくなしの冷や水

2018年01月02日

2018年の予感 今年も気を引き締めていきましょう!

コナラも  
虫を養うのでなく
人の害で散るのは本望ではないはずです。



・・・・・

今年はいろいろな変化が一層はっきりと見えてくる年だと思います。

昨年は、東京都の人口動態の悪化が統計上の変化として顕著になりました。数年で若い人の多くが入れ替わる東京でも出生数が減り続け、死亡数がじりじりと増えています。

これは、東京に住み続けている人にそのような変化をもたらす要因があるということのほかに、地方に住んでいる人にもそのような好ましくない要因を抱えた人、そのような要因が強まっていることを示します。

神奈川県や千葉県で先行した人口動態の悪化指標が、日本の首都にまで及びました。

管理人の今年の注目点は
@ 当面する1月、2月の寒さを乗り切れない人がどれだけ出るか。

A すでにはっきりしてきた若い男女の不妊傾向がどこまで進むか。経済問題もあって身体面での不妊だけ見ることは困難ですが、経済的な要因と身体的な要因を合わせれば、かなり激しいものになると予想しています。

B 年寄りをはじめとする精神的変調、痴ほう化が強まると予想しています。老人のドライバーには特に注意が必要です。

C 街では杖を突く人、車いすを利用する人がさらに増えるでしょう。人々の避けられない外出時の急な体調不良は続くとみています。電車内での急病人発生、街での転倒者などです。これは注意深く観察すれば気づきます。

D 若い方の身体症状の深刻化は続くでしょう。2017/12/31、紅白歌合戦で体調不良の芸人が出たことは何よりも象徴的です。

E 2020年のオリンピックに向けて外国人観光客誘致の動きが活発化します。多数のホテルが新築され民間投資も続いています。その中で放射能汚染問題は隠蔽傾向が強まるでしょう。

放射能汚染問題についての個人の情報発信はますます難しくなると予想しています。

F 宮城県で放射性廃棄物の焼却が始まります。原発の再稼働が続きそうです。被曝が増えれば、身体症状の悪化は促進されます。良い条件はほとんどありません。

今年の3月で福島第一原発事故から丸7年経過です。被曝による身体症状は5、6年後に顕著になると言われていますが、その通りになっています。
posted by ZUKUNASHI at 11:33| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。

ずくなし様いつも貴重な最新の情報発信の数々、本当に感謝致しております。ありがとうございます。

我が家も、何とか新年迎える事がかないました。今年も最善尽くして何とか頑張ります。
Posted by 閻魔の弟子 at 2018年01月01日 23:39
閻魔の弟子さん
明けましておめでとうございます。
今年はいろいろな変化が一層はっきりと見えてくる年だと思います。当面は1月、2月の寒さの乗り切りです。
2月以降は若い人については不妊の強まり、年寄りについては痴ほう化に注目しています。各種の事故にも警戒です。紅白歌合戦で体調不良の芸人が出たことは何よりも象徴的と受け止めています。事故や怪我のないよう最善を尽くしましょう。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年01月01日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。