イランが中国に対テロ作戦の訓練で2チームを派遣 中国はテロと麻薬密輸での侵略の怖さを分かっていないのではないか: ずくなしの冷や水

2017年12月31日

イランが中国に対テロ作戦の訓練で2チームを派遣 中国はテロと麻薬密輸での侵略の怖さを分かっていないのではないか

FARSNEWS2017/12/30
Iran Sends 2 Teams to China for Anti-Terrorism Training
TEHRAN (FNA)- Iranian Deputy Interior Minister Hossein Zolfaqari announced that the country has dispatched two teams to China to be trained to confront terrorism and counterfeit identification documents.

Zolfaqari said that the teams left Iran for China last week in line with implementation of a cooperation agreement between Iran's interior ministry and China's ministry of public security.

He added that Iran has also sent three other teams to China over the past six months to become familiar with the structure of the country's police and the ministry of public security, as well as ways to fight cyber crimes and drug trafficking.

Pakistan and Afghanistan are two origins of producing and trafficking of various types of narcotic in the region.

The anti-drug squads of the Iranian Law Enforcement Police have intensified their countrywide campaign against drug-trafficking through staging long-term systematic operations since 2010.

The Iranian anti-narcotic police have always staged periodic, but short-term, operations against drug traffickers and dealers, but the latest reports - which among others indicate an improved and systematic dissemination of information - reveal that the world's most forefront and dedicated anti-narcotic force (as UN drug-campaign assessments put it) has embarked on a long-term countrywide plan to crack down on the drug trade since 7 years ago.

イラク、シリアのテロリストの中には中国語をしゃべるトルキスタン人が多数いるとされています。中国は、事態を甘く見ていたのか、これまでISISの掃討に理解を示しながらも、資本を投下したアフリカへの兵力派遣ほどには熱意をもって取り組んできませんでした。中国軍兵士がシリアに派遣されたという情報は比較的新しいものです。ISISの中では暗号代わりに中国語が使われる例もあったとされます。ISISに加わっていた中国人テロリストもイラク、シリア政府軍に押しまくられて帰国するしかなくなった者もいるでしょう。帰国した後におとなしくするか? そんなことは期待できません。



Wikipediaから


イラク、シリアの政府軍にロシア、イランが加勢して勝利を収めましたが、これでISIS、アルカイダ系のテロリストが絶滅したわけではなく、その勢力を温存しながら次のチャンスを狙っている国もあります。

アフガニスタンとパキスタンがケシの栽培と麻薬製造では世界の多くを占めます。地続きの隣の国、中国にはいつでも侵入できます。米国等の仕掛けに中国は対抗できるのか、間に合うかが注目点です。
posted by ZUKUNASHI at 17:50| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
中国より先にイランが狙われたみたいですね!

パイプライン爆破・反政府デモ。

いつものように、モサドやCIA・ソロス等の仕業でしょう!

隣国のアフガニスタンに米軍人とその傭兵部隊(アルカイダ・ISIS 等)が大量にいるのが不気味です。。。
Posted by デスラー at 2018年01月01日 03:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。