消防・警察関係者は被曝に注意 幕張メッセ・築地・海鮮丼: ずくなしの冷や水

2018年01月01日

消防・警察関係者は被曝に注意 幕張メッセ・築地・海鮮丼

毎日新聞2017年12月29日 09時47分(最終更新 12月29日 09時47分) 君津市消防本部
出張先抜けだして築地で海鮮丼 減給処分
 千葉県君津市消防本部は28日、出張先の幕張メッセ(千葉市美浜区)を抜け出して築地場外市場(東京都中央区)で海鮮丼を食べたとして、消防署の男性分署長(55)を減給10分の1(10日)の懲戒処分にした。メッセを離れていたのは約2時間半で、同本部は昼食休憩1時間を除いても1時間半は勤務実態がないことから、地方公務員法の職務専念義務違反にあたると判断した。
 同本部によると、分署長は先月21日、幕張メッセであった消防関連のシンポジウムに消防長代理として出席。昼食をとるため午前11時15分ごろにメッセを離れ、随行の男性職員(27)に車を運転させて築地場外市場に向かった。海鮮丼を食べて戻ったのは午後1時45分ごろだった。分署長は「気が緩んでしまった。反省している」と話しているという。

・・・引用終わり・・・

「消防関連のシンポジウム」とは「第26回全国救急隊員シンポジウム」だろう。

第26回全国救急隊員シンポジウム開催プログラム

千葉市からお礼の言葉

「第26回全国救急隊員シンポジウム」は、延べ8,603名の皆様にご参加をいただき、盛会のうちに終了いたしました。開催に向けご協力いただいた各関係機関の皆様、また全国各地からご来場いただいた参加者の皆様に心より感謝申し上げます。

・・・・・

シンポジウムやディスカッションは最大9会場で並行して開催される。参加者はシンポジウムのテーマなどを見て、関心あるところに出るのだろう。

参加者延べ8,603名、時間帯では8コマ。9会場として1会場1コマで約120人。すべての時間帯に会議に参加する人は少ないのではないか。

だから、参加しない時間帯は外出する人もいるだろう。
会場を抜けても、職務規律違反とは直ちには言えないのではないか。

ただ、海鮮丼目当てでわざわざ築地まで行ったというのは、なかなかの固執だと思う。


この程度の話がなぜ懲戒処分まで行ったのか。ちょっと解せない面もある。

地方公務員の全国大会参加のための出張。無駄な面もありそうだ。シンポジウムなどは、録画して地方で居ながらにして視聴できるようにすべきではないか。

・・・・・・

2018/1/1に寄せられたコメント

消防関係者の不祥事、検索するとびっくりの事件が色々出てきます。消火活動で相当の被曝があることも関係があるのではないでしょうか。911を連想します。震災以来、自衛隊や警察、消防など多くの方がリスクの高い現場で頑張っておられる事を思うと胸が苦しくなります。

思い至りませんでしたが、その通りですね。田舎を歩いていて農業廃棄物を燃やしている煙が流れてくると、放射能測定器の値がピンと上がります。家がボウボウ燃えるような火災では放射性物質の飛散も格段に多いでしょう。自衛隊や警察、消防にお勤めの方は被曝に注意されたほうが良いですね。

海鮮丼は、お勧めできないです。
posted by ZUKUNASHI at 08:27| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様
消防関係者の不祥事、検索するとびっくりの事件が色々出てきます。消火活動で相当の被曝があることも関係があるのではないでしょうか。911を連想します。震災以来、自衛隊や警察、消防など多くの方がリスクの高い現場で頑張っておられる事を思うと胸が苦しくなります。

本年もどうぞよろしくお願いします。
ずくなし様と読者の皆様の健康を祈ります。
Posted by S at 2018年01月01日 02:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。