Tokyoが壊れ始めたらインパクトは大きい: ずくなしの冷や水

2018年01月01日

Tokyoが壊れ始めたらインパクトは大きい

2017年12月25日 2017/11人口動態から

単月出生数死亡数の推移。2010/12から2017/11。2016/1の死亡数が異例な低さを示した。単位:人


12か月移動平均による出生率死亡率の推移、人口10万人月当たり。


12か月移動平均による出生死亡比率の推移


次は全国人口動態概数による。


東京都のMPの観測値の推移。環境放射線データベースから取り出したデータによる。




過去の空間線量率測定データは、環境放射線データベースと放射線量測定データダウンロードから取り出せます。前者は収録期間が長くデータは日単位、後者は収録期間が比較最近で10分値です。

※ 毎日新聞2017年12月31日 23時21分(最終更新 12月31日 23時58分)
紅白歌合戦
欅坂46 倒れたのは平手さんら3人 過呼吸
 第68回紅白歌合戦で欅坂46が総合司会の内村光良さんと「不協和音」をダンスで共演した企画で、メンバーが歌唱後、ステージ上で後ろに倒れたり、震えたりしている姿が放送され、ネット上で心配する声があふれた。
 メンバーの鈴本美愉さんは、最後に三角形のフォーメーションを作るところで後ろに倒れ込んだ。センターの平手友梨奈さんもパフォーマンス中からふらつき、ダンス中に内村さんが「大丈夫?」と話しかけると、平手さんがうなずく一幕も。平手さんは最後のポーズで手が震え、しっかりとポーズを決められなかった。
 関係者によると、容体が悪くなったのは、志田愛佳さんも含む3人で、いずれも過呼吸という。待機していた看護師が対応し、すぐに落ち着き、楽屋で休んでいるという。【大村健一】
posted by ZUKUNASHI at 09:47| Comment(10) | 福島原発事故
この記事へのコメント
NHKのニュースで人口減少数40万人超と報道されましたね。以前はなかったような異変(杖をつく人、駅やお店などでの急病人怪我人、芸能人の死亡の多さなど)を目の当たりにしていても、放射能の影響を疑う人が今どれくらいいるのか…。それを考える時間的精神的余裕があるのかも怪しい、と最近思うようになりました。そういう風に仕向けられてるんじゃないかとも思います。
食材は主に宅配ですが、スーパーに水をもらいに行くと明らかに西日本産を強調した表記が目立ちます。放射能を意識する客が一定数存在する訳ですが、そういう人には残念ながらお目にかかりません。私と同じく言わ(え)ないだけ、かと思います。私は夫にしか言っていません。子育て中なので接する人が限られる、というのもアリ。
放射能の問題に気付いて日が浅いですが、こんな隠れキリシタンのような真似をするのにも疲れてきました。みんないつ気が付くんだろう。言ったところで頭のオカシイ人の扱いでしょう。放射能の影響は何百年も続くのに、まるでなかったかのようです。このままでは大多数が気づく頃には大量の死亡者、ということになってしまいます。そんなのは嫌です。
Posted by AP at 2017年12月27日 01:16
春に東横線の沿線に出かけたので駅前のスーパーを覗いたら西日本産の野菜が多かったです。味じゃありませんね。東横線沿線に住むような人は、知っています。放射能の害を。態度に出さないだけです。カネのある人は知識のある人とも付き合えますから別にネットを見なくても知識は得られます。「こんな隠れキリシタンのような真似をするのにも疲れて」しまった人から消えていくのです。東横線の沿線の人は生き残るのでしょうね。社会的な淘汰が進んでいるのです。
Posted by ZUKUNASHI at 2017年12月27日 01:31
確かに、疲れるくらいならと思ってしまいますね。やめる訳にはいきませんが。
地方にいても、例えば同じ系列のスーパーでも西日本産の野菜を扱う店舗と関東産の野菜を扱う店舗とでは客層が異なります。社会的淘汰…何ていう世の中なんだろう。でも淘汰は繰り返されてきたんでしょうね。
Posted by AP at 2017年12月27日 02:17
なるほど、そうでしょうね。
私は数年前に、東京から大阪に引っ越しました。

引っ越した当時は、結構西の野菜が多かったのですが、
今では近所のスーパーは、ほぼ関東、東北、北海道、愛知産などなどで埋め尽くされ、
以前の東京のスーパーに、いるようです。

本当に買い物に困ります。
多分、この1、2年で、密かに相当、知ってる人は知っていて、表立って言わないだけではないのでしょうか。
Posted by るる at 2017年12月27日 23:35
そうやって被害を日本各地に広げて、放射能の影響を悟らせないようにしているんでしょう。
そういえば、今年になってから近所のスーパーの冷凍食品売り場で、製品ごとに工場所在地や原料の産地が表記されるようになりました。ここの店舗周辺は開発が進んでいるので、放射能の影響を知ってる人が他地域より多いのかもしれません。確かにここ1、2年なんでしょうね。
Posted by AP at 2017年12月28日 01:23
こんばんは。
首都圏だけで2000万人でしたっけ
そりゃあ、倒れる率が高くても仕方ありませんよね。
うちの町の人口、2600人足らずですもん。

人口が多くても、繋がりの希薄さが、本当に切ない。
twitterを追っていると、
人が倒れても、知らんふり、写メだけ撮る……
かにちゃんじゃありませんが「明日はあなたの番」ですね。

一人でも多く、都会脱出して、生き延びてくれん事を願ってやみません。
いざとなれば、
何とかなるから!

Posted by julia214 at 2017年12月29日 17:20
恐らくTokyoは、ほぼ壊れています? アンテナ感度の良い人には。今日も横浜の不動産会社から名古屋のマンションを売らないかとの電話がありました。先週は渋谷にある不動産会社から同様の誘いが来ていましたし、自宅にいる時に固定電話を取れば頻繁に何故か関東地域からの話ばかりです。名古屋は日本でも元気の良い話題が豊富ですが、西日本地域からのお誘いは全くありません。
Posted by 山川 廉 at 2017年12月29日 18:29
山川さん こんにちは
お変わりありませんか。

おそらく東京からの脱出を企図する人たちの需要なのでしょうね。
「どうもよくわからないが、なにかおかしい。
お祓いをしてもだめ。
やはり転地してみようか」ということでないでしょうか。
名古屋なら新幹線で東京にも通えますし。会社役員クラスなら時間もあります。
管理人としては、名古屋については若干懸念がありますが、山川さんの物件が売れるまでその点について触れるのは控えます。
Posted by ZUKUNASHI at 2017年12月29日 18:46
西へ移住して3年になります。
甲状腺検査と血液検査を半年に一回うけていると回を追うごとに良い結果がでていることがわかり、あの時下した決断が正しかったのだと励まされます。
移住の効果は高い。
しかし移住者の中にもこのところ体調不良を訴える人が増えていると担当医から聞きました。原爆ぶらぶら病のような症状で。
初期被曝のある人は移住してからも経過観察が欠かせません。
この間やっと「はだしのゲン」を読み終えたのですが、その中で被爆から8年普通に過ごしてきた人が突然亡くなるという話がとても印象に残っています。
悲しいけれど2011年、あの時より前の暮らしには戻れないのですね。
Posted by おじょう at 2017年12月30日 08:30
おじょうさん こんにちは
検査結果が改善していて何よりです。
「あの時には戻れない」その認識がすべての出発点だと思います。
Posted by ZUKUNASHI at 2017年12月30日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。