2017/11分人口動態速報 東葛地方の悪化が急 インフルエンザに注意 この冬は死亡数の増加が早い: ずくなしの冷や水

2017年12月15日

2017/11分人口動態速報 東葛地方の悪化が急 インフルエンザに注意 この冬は死亡数の増加が早い





守谷市 前年同月比 出生数増死亡数増 出生死亡比率わずかに悪化
筑西市 前年同月比 出生数増死亡数減 出生死亡比率改善
神栖市 前年同月比 出生数増死亡数増 出生死亡比率改善
浦安市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
大和市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
仙台市 前年同月比 出生数減死亡数微増 出生死亡比率大幅悪化
いわき市 出生死亡比率変わらず
柏市 前年同月比 出生数増死亡数増 出生死亡比率変わらず
常陸太田市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
横浜市 前年同月比 出生数減死亡数微減 出生死亡比率悪化

日立市 前年同月比 出生数増死亡数増 出生死亡比率改善
厚木市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
松戸市 前年同月比 出生数微減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
死亡数がすでに昨年12月分の水準を上回っています。どうぞご注意を。厚木市も同様です。

福島市 前年同月比 出生数減死亡数減 出生死亡比率改善
郡山市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
我孫子市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
横須賀市 前年同月比 出生数減死亡数減 出生死亡比率改善
流山市 前年同月比 出生数減死亡数微減 出生死亡比率悪化
市原市 前年同月比 出生数大幅減死亡数減 出生死亡比率大幅悪化
2017/11の出生数は2009/1以降で最低。
川崎市 前年同月比 出生数減死亡数減 出生死亡比率悪化

市川市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率悪化

ひたちなか市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率悪化
水戸市 前年同月比 出生数増死亡数減 出生死亡比率大幅改善
船橋市 前年同月比 出生数大幅減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
11月の死亡数は1月に次ぐ高い水準になっています。

高萩市 前年同月比 出生数増死亡数減 出生死亡比率改善
小田原市 前年同月比 出生数減死亡数減 出生死亡比率悪化
小田原市は人口減が続いています。自然減の要因が大きく、何か深刻な事態が起きているのではないかと懸念されます。新幹線の駅がある都市です。死亡数が大きく変動しています。

神奈川県主要都市計の2017/11の出生死亡比率は鎌倉市不算入で0.898と前年同期から0.03低下です。
千葉市 前年同月比 出生数同死亡数大幅増 出生死亡比率大幅悪化
常総市 前年同月比 出生数減死亡数増 出生死亡比率大幅悪化
11月届出数
日本人:出生:25人、死亡:70人
外国人:出生:5人、死亡:0人
外国人の動向が市全体の人口動態を左右するようになっています。
茨城県8都市計では、出生死亡比率は前年同月比改善。
posted by ZUKUNASHI at 15:39| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
とは言え、インフルエンザワクチンを接種するのは個人的に奨められません。随分前ですが、そのとき仕事をしていた事業所の社長から(友人)今回は受けてくれと頼まれ、いやいや受けたものの、ひどく体調をくずしました。戻るのに10日くらいかかったと思います。接種否定を批判する向き(医療関係者、薬品業界からの攻撃)が多いですが、母里啓子(もりひろこ)さんの「インフルエンザワクチンは打たないで」という本を読み、私自身はもう二度とインフルエンザワクチンその他の予防接種などを受けないと決めました。

接種した知人友人の多くがかえってインフルエンザに罹患している、多くの人が接種後、体調を壊している、などの現象を多数見てきました。むしろ一度もワクチン接種していない、という家族が全員罹患したことがない、ということも。

インフルエンザ脳症という病名も日本だけです。無理に高熱を下げることで脳がダメージを受けると言われています。また、ギランバレー症候群(大原麗子さんが罹患、彼女はお気の毒な孤独死でしたね)に罹患するリスクがあることも分かっています。こういったマイナス情報を政府も医療も薬品業界も決して伝えません。水銀や有害な添加物、化学物質がテンコモリということからも、とても接種する気持ちになれません。

効果が全くない、かえって有害ということを母里啓子さんが書いておられます。これを否定する側が今は恐らく多いと思いますが、自分の判断で決めた方がよいように思います。

別の視点からの感覚ですが、インフルエンザワクチンにせよ子宮頸がんワクチンにせよ、どうもあまりにも人体への害が強く、効果を必要以上に喧伝する傾向から、むしろ人口抑制の一環とするグループの誘導か、という印象もあります。ここまでいうと怪しく思われますが、今の世の中、メチャクチャ怪しいということを自覚する必要は大いにあると感じています。大体あのアベがまだ総理大臣だという社会なので・・・

ちなみに、被曝で免疫力が非常に下がっているという問題があります。そのためには移住、食品の選択などの方法がありますが、移住がハードル高いという状況の人は、せめて免疫力を上げる食べ物、飲み物を摂るようにするのがいいかと思います。少量のニンニク、ショウガなどは非常に良いようです。食べられない人はニンニクサプリとか。むろん産地に気をつけて。余談でしたが。

補足:日本でのインフルエンザでの死亡が多いのは、ワクチン接種による罹患の多発、治療薬タミフルのあまりにも多すぎる利用(世界消費量の8割)による強烈な副作用などの素因がある可能性を疑っています。
Posted by よんた at 2017年12月16日 08:47
私もインフルエンザワクチンは打っていません。費用が掛かりませんけど、打ちたくない。
毎月通っている開業医は、インフルエンザワクチンを勧めないんです。一本打てばいくらか入るはずなのに。
一昨年でしょうか別の開業医にかかった時は、しつこくインフルエンザワクチンを勧められました。無料の券捨ててしまったと言って逃れましたが。
私の場合、風邪は疲労か冷えです。一回はウォーキング際に汗をかいてそのままにしていたら悪化して嘔吐が続き、激しいめまいで歩けなくなりました。この時は病院に行って検査をしてもらい三半規管の障害だと分かりました。治って正常に歩けるまで1週間ほどかかったでしょうか。それ以来、汗ばんだと思ったら寒風吹く中でも下着を取り換えることにしています。
見苦しい裸体をさらすのは公衆の迷惑と非難する人もいますが、枯れ木の陰で着替えますから、これまでまったく人の視線を感じたことはありません。少しは見る人がいてもいいのに。
Posted by ずくなし at 2017年12月16日 12:19
お晩です。

だいぶ前にもコメントしましたが、インフルエンザワクチンは毒物なのでやってはいけません!!!

今年も会社から強要されましたが、アナフィラキシーショックで死んじゃうと言って、断りました(爆)
しかも今年は、「量が少ないから早めの接種を」と、まるでテレビショッピングの謳い文句を言って促していました(爆)

まあ、インフルに罹患したら、漢方薬の銀翹散を白湯で飲んで、大根湯(白湯+生姜下ろし+梅干しすりつぶし+醤油・・・いずれも放射能汚染されていないもの!)をぐい飲みして暖かくして爆睡すれば、一発で治ります(^o^)

製薬会社にとって、日本はとても美味しい市場であり、サプリを含め、あらゆる薬に日本人は何の警戒心もなく信じて摂取しています。

医者同様製薬会社も、営業ですからね!
儲かれば、どうでもいいんですよ!!

「今だけ金だけ自分だけ」「最後は金目でしょ」

「薬は病気を作るため(体を壊す為)に存在する」という考え方も、持っておいた方がいいと思います(^-^)
Posted by デスラー at 2017年12月16日 22:44
デスラーさんはまだお若いから元気が良い。
でもこの前の風邪の時は、ホントーに心配しましたよ。
次に風邪をひいたら、まずこちらに住所と電話番号を登録し、改善の状況をお知らせいただきたいです。
そうそう、今リアルタイム測定のセットを作っていますが、ノートパソコンに部屋の様子を映しておいて、スクリーンショットをサーバーに送ることができるソフトを使いましょう。
いくら私が物好きでもそういうスクリーンショットは公開ブログには載せないで見守るだけです。
Posted by ずくなし at 2017年12月16日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。