ルテニウム106の放出源はロシアではないようだ ロシアが放出源に関する国際委員会設置を提唱: ずくなしの冷や水

2017年12月09日

ルテニウム106の放出源はロシアではないようだ ロシアが放出源に関する国際委員会設置を提唱

2017/9月末から欧州で観察されたというルテニウム106の線量率上昇は、ウラル南部の核施設から放出されたと欧州の機関が発表しています。ただ、この説の根拠は次のような濃度分布図のようです。このような分布図がどうやって作られたのかは、不明です。(どこかに説明があるのかもしれませんが引用されていません)このようなメッシュによる濃度観測は行われていません。

ロシア当局は、当初知らない、核関連施設の事故はないとだけ述べてきましたが、最近になって2、3の気象観測所でルテニウム106の高い濃度を観測していたことを認めました。しかし、今回もロシア国内の核を取り扱う施設からの漏洩、放出を否定しています。



フランスの機関が発表した上の図は、周辺国で観測された濃度をもとに気流の流れを勘案してどこで高濃度があったかを推定したものでしょう。それしか、手法はありません。

しかし、福島第一原発事故後の拡散シミュレーションでわかりますが、このような手法は精度が極めて低いのです。

末尾にあるスプートニクの11/21の記事は、"the head of Rosgidromet(Росгидромет、ロシア水文気象環境監視局) said that the automatic monitoring system detected an increase in the concentration of Ru-106 not only in Russia, but also in neighboring countries such as Poland, Romania, Bulgaria and Ukraine. According to him, the concentration in Romania was 1.5-2 times higher than the concentration in Russia." と伝えており、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、ウクライナでも濃度上昇が見られたとしており、観測データはあるようです。

そして、ルーマニアの濃度はロシアより1.5〜2倍高いとしており、こちらに放出源があることを強く示唆しています。IRSNはロシアを追い詰めたつもりが、データ収集の不備を指摘され、推定の信ぴょう性が失われることになりました。

ソ連は、チェルノブイリ事故の際に事実を周辺国に伝えなかったために徹底的に批判され、叩かれました。その経験から原発事故が起きた際には徹底した隠蔽策は取れないだろうと管理人は考えます。

一定規模以上の事故ならいずれは分かるわけですし、CTBTOの観測網もあります。

今回のルテニウム106検出騒ぎは、人の健康面への害はないと言いつつ、欧州は騒ぎ立てました。欧州でヨウ素が検出され、それが北欧の研究所における操作ミスによるものであることが判明したことがありましたが、事実が明らかにされるまで時間がかかりました。

2017/12/8、ロシアの核研究所がルテニウム106の放出に関する国際委員会設置を提唱しました。

・・・以下各種情報の引用・・・

※  Fonzy‏ @kazparis氏の2017/11/18のツイート
今年9月末にヨーロッパで検出されたルテニウム106は、1956年から稼働しているディミトロフグラード原子炉研究所からでた可能性が高いとのこと

NPR November 17, 201711:34 AM ET
Clues In That Mysterious Radioactive Cloud Point Toward Russia
The tiny nation of Denmark has just three stations for monitoring atmospheric radiation. Each week, scientists change out air filters in the detectors and take the used ones to a technical university near Copenhagen.

There, Sven Poul Nielsen and other researchers analyze the filters. They often snag small amounts of naturally occurring radioactivity, radon for example.

Then about a month ago, Nielsen was startled to find something far stranger: a radioactive isotope known as ruthenium-106.

一般社団法人 日本原子力産業協会
ATOMEXPO2017参加および原子炉科学技術研究所(RIAR)視察報告から一部転載

2.RIAR視察
 モスクワの南東約1000kmのディミトロフグラード市にある原子炉科学技術研究所(RIAR:Research Institute of Atomic Reactors)を視察しました。
 RIARの設立は1956年、以下に示す6基の様々な型式の研究炉が広い敷地内に点在しています。入域時の人物確認のセキュリティチェックは極めて厳重でした。
 ・MIR.M1:チャンネル型、ベリリウム減速、高中性子束。VVER等種々の燃料の開発
(定常運転、過渡状態、LOCA、RIA、ランプ試験)を実施、異なる冷却材(加圧水、沸騰水、水蒸気、混合ガス)ループを有する。
 ・SM−3:圧力容器型水冷却炉 出力100Mwt 世界最高レベルの高中性子束。
燃料は高濃縮ウラン(90%)超ウラン元素(Am-241、Cm-243、Bk-249、Cf-252等)その他放射線源(Se-75、Co-60、Sr-89、Sn-113等)の製造
 ・VK−50:ロシアで唯一のパイロットBWR 出力200Mwt/50Mwe 1965~50年以上の運転実績、物理試験、熱水力試験、等を実施
 ・BOR‐60:ナトリウム冷却高速炉 出力60Mwt/12Mwe 1969年~ ナトリウム冷却の高速炉技術の開発、様々な材料の照射試験、新型燃料
(MOX、窒化燃料、酸化ウラン)の開発試験等を実施。原子炉で発生した熱は発電用と地域熱併給に利用。
 ・RBT‐6およびRBT−10/2:プール型原子炉 SM3の使用済み燃料を炉心に装荷、材料の照射試験、RI(I-131、Mo-99)の製造、シリコン・インゴットのドーピング

 RIARの研究者/職員数は約3000名、上記原子炉とホットセルを使って、原子炉の特性試験研究、金属材料の照射および照射後試験(PIE)、ウラン、MOX(振動充填)窒化燃料等様々な燃料の開発、ラジオアイソトープ(RI)製造等を行っています。

・・・・・

sputniknews.com 11:39 21.11.2017(updated 13:09 21.11.2017)
Rosatom: No Incidents on Russian Nuclear Sites Which Could Lead to Ru-106 Spike
Rosatom has spoken out after the Russian Meteorology Agency report confirmed that a high level of ruthenium in athmosphere had been detected; it was reported earlier in October by the European monitoring agencies.

The Rosatom represtative has stated that there were "no incidents or accidents at nuclear facilities in Russia". The statement appeared just hours after the Russia's meteorological service (Rosgidromet) reported that it has detected the record levels of radiation in Russia's Ural regions and a radioactive cloud that drifted over Europe in early October.

The Mayak nuclear processing plant, located in the Urals, has also come out with a statement saying that "atmospheric pollution with ruthenium-106 that was found by Rosgidromet is not connected to the work of Mayak," since the work on the separation of ruthenium-106 from spent nuclear fuel (and the production of ionizing radiation sources on its basis) has not been carried out for many years at the facility.

Earlier, Rosgidromet confirmed that the the monitoring systems have detected an increase in the concentration of ruthenium over several parts of Russia. However, according to the press release, the concetration does not exceed the maximum permissible concetrations.

At the same time, the head of Rosgidromet said that the automatic monitoring system detected an increase in the concentration of Ru-106 not only in Russia, but also in neighboring countries such as Poland, Romania, Bulgaria and Ukraine. According to him, the concentration in Romania was 1.5-2 times higher than the concentration in Russia.

The exact source of the spike, however, remains unknown, though IRSN suggested that the cause might be an accident.

Earlier, the French nuclear watchdog IRSN announced that several European monitoring networks have detected radioactive isotope ruthenium 106 in the atmosphere in France and several other European countries in September.

According to IRSN, "the most plausible zone of release" of this radioactive material "lies between the Volga and the Urals." The agency noted, however, that it is impossible to determine the exact point of release given the available data.

Also, the levels of ruthenium detected in European airspace posed no threat to human health or to the environment, IRSN added.

RT2017/12/8
Russian nuclear institute proposes intl commission over ruthenium-106 'emission'
The Nuclear Safety Institute of the Russian Academy of Sciences has initiated the establishment of an international commission to inquire into the reported emission of ruthenium-106, TASS reported Friday. The Russian government had already ordered the formation of a new inter-departmental group on ruthenium-106, according to Rosatom representative, Andrey Ivanov. The inter-departmental inquiry panel has found no traces of ruthenium-106 in test samples taken at the Mayak plant in the Chelyabinsk Region.
posted by ZUKUNASHI at 01:14| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。